動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 珍獣

1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/06/17(月) 21:46:38.53 ID:CAP_USER
2019年6月17日 12:54 発信地:ダッカ/バングラデシュ [ バングラデシュ アジア・オセアニア ]

【6月17日 AFP】バングラデシュで家畜を襲い住民に撲殺されたオオカミが、国内で80年ぶりに確認された希少種インドオオカミだったことが分かった。国際自然保護連合(IUCN)が16日、明らかにした。

IMG_2783

 インドオオカミが殺されたのはバングラデシュとインドにまたがる世界最大のマングローブ林が広がる自然保護区シュンドルボン(Sundarbans)近郊の町。IUCNによると、バングラデシュで最後にインドオオカミが確認されたのは1949年だという。

 地元当局者もAFPに対し、「画像から殺されたのがインドオオカミであることを確認した」と認めた。同当局者によるとインドオオカミは飼育されているものも含めてインド国内に3000頭ほど生息しているが、バングラデシュ北部および北西部では1940年代に姿を消したという。

 バングラデシュではシマハイエナやバラシンガジカ、ブラックバックといった野生動物が過去数十年で姿を消している。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3230300?cx_amp=all&act=all

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/06/08(土) 06:49:10.95 ID:CAP_USER

おなかの吸盤で貝にしがみつくコンペイトウ=福井県坂井市三国町崎の越前松島水族館で、横見知佳撮影

IMG_2782

 国内20カ所の動物園・水族館で飼育展示されている風変わりな生き物20個体の中から人気ナンバーワンをインターネット投票で決める「へんないきもの大王タイトルマッチ」(サンシャイン水族館主催)に、福井県内から越前松島水族館の深海魚「コンペイトウ」が立候補している。決勝戦に進めるのは16日が投票締め切りの予選を勝ち抜いた5個体。予選結果は21日に発表される。

 「コンペイトウ」はおなかに吸盤がついたダンゴウオ科の深海魚。赤ちゃんは1センチほどで三角形の突起がついているため見た目は金平糖のよう。成長しても10センチほどで、魚類係の笹井清二さん(47)は「まん丸でかわいらしい深海魚。泳ぎが下手くそでふわふわと泳ぎます」と変な生き物としての魅力を話した。

 同水族館は全国で唯一「コンペイトウ」の繁殖に成功している。地元漁師が越前ガニの収穫の際、持ち込んできたことがきっかけで飼育を始めた。深海魚には珍しく目が発達しており、同水族館の展示場「こんぺいとうハウス」では水槽に近づくと動き出す様子が見られる。

https://mainichi.jp/articles/20190607/k00/00m/040/271000c

続きを読む

1: SQNY ★ 2019/06/14(金) 19:15:47.69 ID:CAP_USER
・仏コルシカ島で「キツネネコ」捕獲?当局は新種と主張

動画:https://youtu.be/CXu_HzY6e-M



【6月14日 AFP】フランス国立狩猟・野生動物事務局(ONCFS)の職員らが「キツネネコ」と呼ぶこのネコ。地中海の仏領コルシカ(Corsica)島で捕獲され、ONCFSは在来種やヨーロッパヤマネコとはDNAが異なるため新種であると主張している。(c)AFP

・Corse: Le «chat-renard», animal mythologique des bergers, existe vraiment (et il est «stupéfiant»)
https://www.20minutes.fr/planete/2539663-20190613-corse-chat-renard-animal-mythologique-bergers-existe-vraiment-stupefiant

(ねこ)
IMG_2742
IMG_2744
IMG_2745
IMG_2746

2019年6月14日 18:17 AFP
https://www.afpbb.com/articles/-/3230029?act=all

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/10(月) 15:05:05.86 ID:MwxgU3gX9

徳島県のお寺の提灯(ちょうちん)に、ある珍しい動物が巣を作っていた。

四国霊場第21番札所、太龍寺の本堂に吊(つ)られた提灯の上の方から出てきたのは、なんとムササビ。提灯の中に巣を作っていた。

IMG_2702

数日前、提灯の形がおかしいことに副住職が気づき、近づくとガサガサと音が聞こえたそうだ。ムササビは近くの木にある巣穴と提灯を行き来していたという。

https://news.livedoor.com/article/detail/16596222/
2019年6月10日 14時26分 日テレNEWS24

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [IN] 2019/06/05(水) 16:06:55.18 ID:tgbGTC260 BE:592048191-PLT(13345)
奄美群島に生息するトカゲと伊佐市に生息するラン科の植物が県の条例に基づく希少な野生動植物に新たに指定され、無許可での捕獲や採取などが禁じられることになりました。

今回新たに県の「指定希少野生動植物」に指定されたのは2種類のトカゲとラン科の植物です。

このうち、「バーバートカゲ」は奄美大島や徳之島に生息するトカゲで大きさが5センチから7センチ程度、青いしっぽが特徴です。

IMG_2637

また、「オキナワトカゲ」は十島村の中之島や沖永良部島で確認されている大きな頭をもつトカゲです。

いずれも環境省が絶滅危惧種に指定していますが、近年はイタチによる捕食やペット目的での取引が確認されていることなどから県は絶滅の危険性が高まり、保護の必要があると
しています。

IMG_2640

また、県内で伊佐市のみに生息するラン科の植物「トキソウ」も指定され、今後は条例による保護対象となり無許可での捕獲や採取などを行った場合、1年以下の懲役、または5
0万円以下の罰金が課されます。

IMG_2639

県自然保護課は「この指定を機に、地域の宝である希少な野生動植物を地域で守る意識を
高めたい。関係機関の協力を得ながら密猟や盗掘の防止に努める」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20190605/5050006601.html

続きを読む

↑このページのトップヘ