動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 珍獣

1: しじみ ★ 2019/09/30(月) 11:56:53.74 ID:j3ZKWSYk9
 体の左半分は雄、右半分は雌という「雌雄嵌合(かんごう)体」の珍しいクワガタが、高知県四万十市のトンボ自然公園で展示されている。

インドネシアやマレーシアに生息する「モセリオウゴンオニクワガタ」。展示されているものは、体長約4センチ。中央部で雌雄がはっきりと分かれており、左のアゴが長く、右側のアゴが短い。同公園によると「自然界で発生する確率は4万分の1」という。

IMG_4596

 大阪府守口市の横田裕さん(70)が卵から育て、6月に羽化した。横田さんは「最初は気づかなかった。1カ月後になんだか左右のアゴのバランスがおかしいと思いました」。横田さんは同公園を運営する「トンボと自然を考える会」の会員だったことから、「もっと多くの人に見てもらいたい」とこのクワガタを贈ることにした。

 クワガタは、飼育ケースの中で昆虫ゼリーを吸ったり、木片の上をゆっくりと動いたり。

 休日には家族連れや観光客が飼育ケースをのぞき込んだり、写真を撮ったりしている。四万十市に住む幼稚園児の矢部心陽(こはる)ちゃん(5)は「ふつうのクワガタと形が違う。すごい」。

 同会の杉村光俊常務理事は「非常に珍しい。自然界の神秘を感じて欲しいですね」と話している。展示は当初9月29日までの予定だったが、好評のため10月いっぱいまで延長する。

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM9X45BXM9XPLPB002.html



【関連記事】
雌雄の特徴混在 希少カブトムシ 太田の小学生姉弟が育てて発見
IMG_4597



続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2019/09/14(土) 15:32:42.28 ID:zlwtg9fZ9
昭和天皇も見た!謎の「テヅルモヅル」生きたまま釣り上げられ大パニック(動画)
ハザードラボ 2019年09月14日 06時00分
https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/1/31062.html

IMG_4280

こんがらがった植物の根っこのような不思議な生物の正体は?(Sarah Vasser-Alford)

 まずはこの動画を見てほしい。こんがらがった褐色の植物の根のような生き物がてんでバラバラに動いている。この動画を撮影したのは、アラスカ州に住むサラ・ヴァサー=アルフォードさん(Sarah Vasser-Alford)。

https://www.facebook.com/sarah.vasseralford/videos/10217164023366467/

●漁師泣かせの厄介者

 サラさんは先月15日、プリンス・オブ・ウェールズ島沖に船を出し、カレイの仲間で大型魚のオヒョウ釣りに挑む最中、この奇妙な生物を釣り上げた。英語で「バスケットスター(Basket star)」と言われるこの生物は、クモヒトデの仲間のテヅルモヅルだ。

 深さ1000メートルほどの深海に生息していて、ほかのクモヒトデと同じように腕は5本あるが、その先が枝分かれしていて触手になっている。海中で触手を広げて、ほかの生物の死骸や微生物を捕まえて食べているが、底引き網に捕まると、ちぎれて取り除くのに手間がかかるので漁師泣かせの深海生物だ。(動画はテヅルモヅルがエサを取るようす)

Basket Star Eating and Catching Prey [ Creepy ]
https://youtu.be/QbzfG-0Tum8



テヅルモヅルは世界で約2100種類見つかっている(Wikimedia Commons)
IMG_4281

●昭和天皇が新種を発見

 このテヅルモヅル、生物学者の顔も持つ昭和天皇が、生前に日本近海で採取した11個体が、近年になって新種と判明したことで注目された生物だ。

 昭和天皇は太平洋戦争前と終戦後に相模湾や東北沖で採取し、長い間、国立科学博物館などに所蔵されていたが、2018年に新種だとわかった。日本国内で新種が見つかったのは実に106年ぶりだという。



【関連記事】
【珍生物】無数の腕持つ巨大生物 すさみ町でテヅルモヅル展示
IMG_4283



続きを読む

1: しじみ ★ 2019/07/23(火) 06:31:03.91 ID:ZJM4dkte9
このほど新種として発表された小さな恐竜が、鳥が空を飛ぶようになった起源に一石を投じている。

 7月10日付けで学術誌「PeerJ」に発表された論文によると、この新種恐竜は「ヘスペロルニトイデス・ミエススレリ(Hesperornithoides miessleri)」。体長1メートルほどの羽毛恐竜。ヴェロキラプトルの仲間や鳥類を含む、原鳥類(Paraves)に属するという。

 この化石は、米国ワイオミング州とコロラド州を中心とする米国西部に広がるモリソン層という約1億5000万年前の地層から発掘された。ここはブラキオサウルス、ディプロドクス、ステゴサウルスなどの巨大恐竜の化石の産地として知られるが、そのなかで今回の恐竜は最も小さい。

「モリソン層では、大きな化石が出るのが普通です。ヘスペロルニトイデスと命名された今回の恐竜は、骨格全体でもディプロドクスの椎骨1個ほどしかありません」と英マンチェスター大学の古生物学者で、論文の共著者であるディーン・ローマックス氏は話す。この化石は「モリソン層の恐竜がこれまで知られていた以上に多様で、小さな恐竜も生息していたことを示しています」と彼は付け加えた。

 今回の論文は、古生物学者たちをざわつかせている。というのも、論文の著者らはヘスペロルニトイデスについて、現生鳥類が、樹上から滑空する恐竜の直接の子孫でなく、地上で暮らす恐竜から進化したことを示す手がかりであると論じているからだ。
no title


■羽毛をまとった小さな殺し屋

 今回の化石が見つかったのは2001年、ワイオミング州で最大の竜脚類「スーパーサウルス」の化石を発掘している最中のことだった。全長約35メートルのスーパーサウルスの骨を掘り出そうとしていたシャベルが、偶然ヘスペロルニトイデスの化石の鼻の部分を貫いたのだ。

 当初、この化石は骨の小ささから翼竜(恐竜と同じ時代に生きていた空飛ぶ爬虫類)だと思われた。ところが、慎重に標本を作成すると、考えていた以上の発見だとわかった。

 標本は現在、ワイオミング恐竜センターに収蔵されていて、古生物学者の間では、2001年の発掘にボランティアとして参加したローリ・ホッケメイヤー氏にちなんで「ローリ」と呼ばれている。
no title


続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071200408/


【関連記事】
始祖鳥、キジやクジャク並みに飛べたかも? フランスの研究チームが論文を発表
FullSizeRender



続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/07/21(日) 12:01:40.85 ID:CAP_USER
双頭のカメの赤ちゃん見つかる、マレーシア
https://www.afpbb.com/articles/-/3235806
2019/7/18 21:56
AFPBB News
(記事全文)

【科学(学問)ニュース+】

(写真)マレーシア・ボルネオ島で撮影された双頭のカメの赤ちゃん。スキューバジャンキーS.E.A.S提供(2019年7月15日撮影、同19日公開)。(c)AFP PHOTO / SCUBA JUNKIE S.E.A.S
IMG_3343

IMG_3344

IMG_3345

【7月18日 AFP】マレーシアで15日、双頭のカメが生まれているのが発見され、保護活動家らの目を引いた。しかしこのカメは、生後2日で死んでしまったという。

 カメは15日、ボルネオ(Borneo)島のマレーシア領沖に浮かぶマブール(Mabul)島にある巣の中で見つかった。他にもふ化したばかりのアオウミガメが90匹以上いたという。

 動物保護団体「スキューバジャンキーS.E.A.S(Scuba Junkie S.E.A.S)」 の海洋生物学者は、「右の頭が右の前ひれを、左の頭が左の前ひれをコントロールしているようだ。それでも動きを合わせて、歩いたり泳いだりすることができる」と報告していた。

 また同団体代表は、「われわれはこれまで、ふ化したばかりのカメ約1万3000匹を施設から放流してきたが、このような(双頭の)カメはこれまで見たことがなかった」とコメントした。

 しかし野生動物保護当局の獣医師がAFPに語ったところによると、カメは17日に死んでしまったという。

 同医師は、死因はまだ分かっていないとしている。ただ「うまく泳げなかったため、いずれワシに捕まってしまっただろう」として、このカメが野生で生き続ける可能性はほぼ皆無だったと述べた。(c)AFP

AFPBB News
https://www.afpbb.com/?cx_part=nav


【関連記事】
「三つ目」のニシキヘビ発見、オーストラリア北部の路上で
IMG_3348




続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/07/21(日) 06:06:02.73 ID:CAP_USER
雌雄の特徴混在 希少カブトムシ 太田の小学生姉弟が育てて発見
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/146853
2019/07/19
上毛新聞
(記事全文)

【科学(学問)ニュース+】

(写真)カブトムシを育てて雌雄モザイクを見つけた万智さん(左)と理人君
IMG_3339


(写真)角が小さく、体表に雌雄両方の特徴が現れたカブトム
IMG_3340


◎ぐんま昆虫の森に寄贈

 群馬県太田韮川西小3年の楠本万智さん、同1年の理人君のきょうだいが太田市の自宅で卵から育てていたカブトムシの中に、雌と雄の身体的特徴がまだらに現れた珍しい「雌雄モザイク」の個体が見つかり、家族や専門家を驚かせている。研究に役立ててもらおうと、2人は県立ぐんま昆虫の森(桐生市)に寄贈。同施設は「甲虫では特に希少」と評価し、標本にして今月内にも解説付きで展示する方針だ。

 同施設の昆虫専門員、茶珍護さんによると、雄の最大の特徴である頭部から反り上がった角と、胸部の小さい角は共にあるが、左に曲がっていて小さい。一般的な雌と同サイズで、角の先からの体長は約5センチ。背中側の体表は、雄のようにつやがある部分と、雌のようにざらざらした部分が混在している。生殖器は雄のものとみられる。

 茶珍さんは「甲虫の雌雄モザイクは容易には見つからない。昆虫の森では標本でも所蔵しておらず、生体はなおさら貴重」と語る。同施設では夏休みに合わせたカブト・クワガタ展を開催中で、雌雄モザイクの個体を標本にして、早ければ今月末にも解説付きで展示する。

 きょうだいは昨年、埼玉県寄居町でカブトムシを捕まえた。自宅ベランダで飼い始めると、周囲の野山からも飛来して次第に数が増え、生んだ卵は200個に上った。各所に配りつつ今年も70匹を育てた。6月下旬には成虫が土から顔を出し始め、7月14日朝にこの個体を見つけた。

 「最初は雄かと思ったけど、触った感じが雌でびっくりした」と万智さん。2人はかつてニュースで見た雌雄モザイクに思い至り、15日に同施設へ行って茶珍さんに確認してもらった。

 普段から一匹一匹に名前を付けてかわいがり、毎朝起きたら真っ先にケージに向かうという2人。理人君は「羽を広げたところがきれい」、万智さんは「幼虫がかわいい」とカブトムシの魅力を話す。父の圭さん(38)は「生き物の不思議を生きた状態で観察できた貴重な体験。こうした“気付き”を大切にして成長していってほしい」とわが子を見守っている。

 雌雄モザイク 虫などが一つの個体に雄と雌の身体的特徴を併せ持つこと。性染色体の変異によって生じる。茶珍さんによると、正確な発生確率は分かっていないが、チョウでは左右の羽で色や大きさが異なるなど見た目の特徴から比較的見つかりやすいとされる。


【関連記事】
右半身がオス、左半身がメスの鳥が見つかる  珍しい鳥の雌雄モザイク「ハーフサイダー」
IMG_3342


続きを読む

↑このページのトップヘ