動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 珍獣

1: しじみ ★ 2019/11/12(火) 13:24:46.27 ID:MwU+l8B19
人間によって刈り尽くされ、既に絶滅してしまった可能性もあったマメジカの一種がベトナムの森林地区で撮影されたと報告されています。研究チームによれば、およそ30年ぶりに生息が確認されたとのことです。

Camera-trap evidence that the silver-backed chevrotain Tragulus versicolor remains in the wild in Vietnam | Nature Ecology & Evolution
https://www.nature.com/articles/s41559-019-1027-7

Elusive deer-like animal ‘rediscovered’ in Vietnam
https://www.nature.com/articles/d41586-019-03467-7

Silver-backed Chevrotain(学名:Tragulus versicolor)はウサギほどの大きさでシカのような見た目をしたマメジカの一種で、銀色の毛が背に生えていることが特徴です。1910年までに4種類の標本が存在し、1990年代初期に皮の標本が作られています。

しかし、その5つの標本以外にはっきりした観察結果や研究が残っていないため、Silver-backed Chevrotainは国際自然保護連合のレッドリストには「DATA DEFICIENT(データ不足)」と分類されています。
IMG_5986


最後に標本が作られてから30年近くもの間、Silver-backed Chevrotainの生きている姿が確認されなかったため、Silver-backed Chevrotainは「もはや既に絶滅してしまった」と認識されていました。しかし、ベトナム南部のニャチャン市郊外の森に住む人は、Silver-backed Chevrotainが生息していることを知っていたとのこと。

そこで、野生動物保護団体のGlobal Wildlife Conservationやベトナムの研究者で編成された研究チームは、地元の人に聞き込み調査を行い、Silver-backed Chevrotainが出現する可能性の高い場所にカメラを仕掛け、生きているSilver-backed Chevrotainの撮影を試みました。そして、撮影できた写真が以下。
IMG_5985

Global Wildlife Conservationに所属するアンドリュー・ティルカー氏は「Silver-backed Chevrotainがベトナムに生息していることを示す今回の写真は、地元の人にとっては新発見ではありません。しかし、より広い科学コミュニティにとっては、私たちの調査は種の再発見を達成したといえます」と述べています。

しかし、人間による狩猟や森林伐採、車やバイクが猛スピードで走る都市部への侵入などによって、Silver-backed Chevrotainの生息数が脅かされていると、研究チームは指摘。「直ちに行動を起こさなければ、Silver-backed Chevrotainは再び絶滅してしまうでしょう」とティルカー氏は警告しました。

IMG_5987


https://gigazine.net/news/20191112-silver-backed-chevrotain/



【関連記事】
【フランス】コルシカ島で「キツネネコ」のようなものを捕獲:当局は新種と主張
IMG_5988



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/11/10(日) 11:42:08.92 ID:N/M6z1C49
八戸沖で釣り上げられた体長38センチの「右ヒラメ」(下)
FullSizeRender

 「左ヒラメに右カレイ」。姿が似ているヒラメとカレイを見分ける方法として、腹部を下にして、目が左側ならヒラメ、右側ならカレイを意味する言葉だ。八戸市小中野6丁目の佐藤文彦さん(60)が、八戸沖で体長38センチの「右ヒラメ」=写真下=を釣り上げた。カレイは種類によって目が左を向いているものもあるが、右側を向いているヒラメは珍しいという。

 佐藤さんは8日、自身の遊漁船「EDIVA―sea」に乗って1人で出船。ヒラメを18匹釣り上げて帰宅した。小ぶりな魚は自身の食用にしようと選別していた時、「右ヒラメ」に気付いて驚いた。

 右ヒラメは、佐藤さんが刺身にして友人にプレゼントした。ちょうどこの日、友人の父親が米寿(88歳)の誕生日を迎えたとか。「とても縁起が良い」と喜ばれたそうだ。

11/10(日) 10:40
デーリー東北新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00010001-dtohoku-l02



【関連記事】
【寄生虫】韓国産ヒラメなど検査強化 政府、輸入規制への対抗措置
IMG_5956



続きを読む

1: 77.ハチ君(茸) [MX] 2019/10/29(火) 17:20:58.87 ID:nDDi+UHa0 BE:582792952-PLT(12000)

https://buzzap.jp/news/20191029-serval-cat-melanism/

エジプト神話にでも出てきそうなオーラです。詳細は以下から。

タンザニアのAsilia Namiri Plains Campでイギリス人写真家のGeorge Turnerさんが全身が漆黒の毛に覆われたサーバルキャットを発見、激写しました。

FullSizeRender

某アニメ番組のおかげで日本では非常にメジャーになったサーバルキャット、通常は黄色や黄褐色の体毛にヒョウのような小さな黒い斑点模様をしています。

この個体は先天的にメラニン色素が過剰に形成される「メラニズム」によってこのように全身を漆黒の体毛に覆われていると考えられるとのこと。

しなやかな毛並みと闇のような美しい黒い体毛に神々しさすら漂わせるこのサーバルキャットはManjaと名付けられました。

基本的には用心深く人前に滅多に姿を現さないサーバルキャットですが、再び人類と見えることはあるのでしょうか。



【関連記事】
水玉模様のシマウマが見つかる
IMG_5794



続きを読む

1: みつを ★ 2019/10/20(日) 06:10:47.95 ID:/VVtqRqZ9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35144106.html

100万羽に1羽?、黄色いショウジョウコウカンチョウが庭先に 米

IMG_5086

(CNN) 米フロリダ州ポートセントルーシーでこのほど、非常に珍しい黄色のショウジョウコウカンチョウが目撃された。オーバーン大学の教授で鳥類に詳しいジェフ・ヒル氏の推計によれば、黄色いショウジョウコウカンチョウを目撃する確率は「100万にひとつ」だという。

黄色いショウジョウコウカンチョウは、美術教師で写真家のトレーシー・ワークマンさんが自宅の裏庭で発見。飛び立つ前に数枚の写真を撮影した。

ワークマンさんはCNNの取材に対し、最初に黄色い物体が飛んでいるのを見たときには「黄色のショウジョウコウカンチョウを見た? ありえない!」と思ったと振り返った。

写真をフェイスブックに投稿すると、今回の発見がどれほど珍しいことだったのか分かった。バードウォッチングをする人たちが近所に押し寄せないようにするため、どこに住んでいるのかについては共有しないよう注意したという。

ヒル氏によれば、赤いショウジョウコウカンチョウは米国の南東ではよく見られる鳥だ。基本的には、雄は赤く、雌は黄色がかった赤色をしているという。ただ、今回みつかった黄色のものはとても珍しいという。

ヒル氏は、黄色くなった原因について遺伝子の突然変異の可能性が高いとみている。人生を鳥の研究にささげてきた同氏だが、自分の目で野生の黄色いショウジョウコウカンチョウを見たことは一度もないという。



【関連記事】
右半身がオス、左半身がメスの鳥が見つかる  珍しい鳥の雌雄モザイク「ハーフサイダー」
IMG_5087



続きを読む

1: しじみ ★ 2019/09/30(月) 11:56:53.74 ID:j3ZKWSYk9
 体の左半分は雄、右半分は雌という「雌雄嵌合(かんごう)体」の珍しいクワガタが、高知県四万十市のトンボ自然公園で展示されている。

インドネシアやマレーシアに生息する「モセリオウゴンオニクワガタ」。展示されているものは、体長約4センチ。中央部で雌雄がはっきりと分かれており、左のアゴが長く、右側のアゴが短い。同公園によると「自然界で発生する確率は4万分の1」という。

IMG_4596

 大阪府守口市の横田裕さん(70)が卵から育て、6月に羽化した。横田さんは「最初は気づかなかった。1カ月後になんだか左右のアゴのバランスがおかしいと思いました」。横田さんは同公園を運営する「トンボと自然を考える会」の会員だったことから、「もっと多くの人に見てもらいたい」とこのクワガタを贈ることにした。

 クワガタは、飼育ケースの中で昆虫ゼリーを吸ったり、木片の上をゆっくりと動いたり。

 休日には家族連れや観光客が飼育ケースをのぞき込んだり、写真を撮ったりしている。四万十市に住む幼稚園児の矢部心陽(こはる)ちゃん(5)は「ふつうのクワガタと形が違う。すごい」。

 同会の杉村光俊常務理事は「非常に珍しい。自然界の神秘を感じて欲しいですね」と話している。展示は当初9月29日までの予定だったが、好評のため10月いっぱいまで延長する。

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM9X45BXM9XPLPB002.html



【関連記事】
雌雄の特徴混在 希少カブトムシ 太田の小学生姉弟が育てて発見
IMG_4597



続きを読む

↑このページのトップヘ