動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 珍獣

1: しじみ ★ 2019/02/04(月) 21:09:40.86 ID:CAP_USER
■なぜ起きる? 珍しい鳥の雌雄モザイク「ハーフサイダー」

 米国ペンシルベニア州エリー在住のコールドウェル夫妻は、25年前から裏庭に鳥の餌台を置いている。しかし、数週間前の夜明けにアメリカスギの木に止まっていたようなショウジョウコウカンチョウ(猩々紅冠鳥)は、これまで一度も見たことがなかった。その鳥は体の右半分が真紅で、左半分が灰褐色だった。

 とはいえ、家から木までは10メートルほど離れていたため、鳥が近くにくるまで自分が見たものに確信がもてなかった。妻のシャーリーさんは、「長年、鳥に餌をやってきましたが、こんな鳥を見たことはなかったと思います」と言う。

 ショウジョウコウカンチョウは、オスが赤い色をしていて、メスは褐色だ。だからこの鳥は、右半身がオスで左半身がメスということになる。このように、オスとメスの特徴を両方あわせもつことを、専門的には雌雄モザイクという。コーネル大学鳥類学研究所の博士研究員であるダニエル・フーパー氏は、メールでの問い合わせに対し、「本物の雌雄キメラです」と答えた(キメラは2種類の異なる遺伝情報の細胞をあわせもつ生物)。

 雌雄モザイクは鳥類学者の間では「ハーフサイダー」として知られ、珍しいが、ほとんどいないというほどでもない。おそらく雌雄モザイクはあらゆる種の鳥で起こるが、成鳥のオスとメスの外見が大きく異なる「性的二形」の種でしか気づかれないのだろう、とフーパー氏は説明する。「性的二形の鳥のなかでも、ショウジョウコウカンチョウは北米の人々に広く親しまれています。特に深紅のオスはよく目立つので、変わった個体は一般の人に気づかれやすいのです」

■哺乳類と異なる性決定のしくみ

 フーパー氏によると、鳥の性決定のしくみは哺乳類とは少し違っているという。哺乳類の性染色体にはXとYの2種類があり、オスはX染色体とY染色体を細胞核にそれぞれ1つずつもち(XY)、メスはX染色体を2つもっている(XX)。

 一方、鳥の性染色体はZとWの2種類で、オスはZ染色体を2つもち(ZZ)、メスはZ染色体とW染色体を1つずつもっている(ZW)。そして、精子や卵子などの生殖細胞は、通常はどちらかの性染色体を1つしかもたないため、オスの精子はZ染色体だけだが、メスの卵子にはZ染色体をもつものとW染色体をもつものがある。

 ところが、今回目撃されたショウジョウコウカンチョウのような鳥の雌雄モザイクは、何らかの理由により、ZとWという2つの染色体をもった卵子が、2個の精子によって同時に受精したときに生じると考えられている。

 これによってできたキメラ個体は、体の半分がZZの染色体をもつオス、もう半分がZWのメスになる。今回の鳥の染色体も、赤い右半身(オスの側)がZZで、褐色の左半身(メスの側)がZWだろう。こうした現象は、鳥類、多くの昆虫、甲殻類で見られる。

続きはソースで

■コールドウェル夫妻の自宅の裏庭に餌を食べにくる、オスメス両方の特徴をあわせもつショウジョウコウカンチョウ
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/020400080/ph_thumb.jpg
IMG_0463

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/020400080/

関連記事
体半分がオス、半分がメスのガ 虫愛する女子高生が発見

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/01/31(木) 13:18:28.24 ID:CAP_USER
長崎県五島市三井楽町の白良ケ浜(しららがはま)海水浴場の砂浜で、体長3・95メートルの魚1匹が打ち上げられているのが見つかった。すでに死んでいたが、尾びれが体長の半分ほどの1・82メートルもある魚に、市民が見物に訪れた。

 魚類分類学が専門の「神奈川県立生命の星・地球博物館」の瀬能宏学芸員によると、魚はオナガザメ科の「ハチワレ」。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅の危険が増大している種」に指定されている。 

※ハチワレ
IMG_0381

 ハチワレは今月18日、同海水浴場で地元の人が見つけた。県生物学会の上田浩一会員(49)=五島市=は「五島でオナガザメの仲間を見たのは初めてで驚いた」と話した。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggU.ZOg48KWfyScBsWfG7.EA---x266-y400-q90-exp3h-pril/amd/20190130-00010004-nishinpc-000-12-view.jpg
IMG_0380

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/483002/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/01/13(日) 10:32:00.73 ID:CAP_USER
北海道八雲町にある山林で、日本大学の井上公基教授(森林利用学)らのグループが白い体毛のヒグマの動画撮影に成功した。瞳や毛の一部が黒いことから、突然変異で色素が欠ける「アルビノ」ではないとみられ、ヒグマに詳しい専門家は「遺伝による作用ではないか」と話している。

 現場は日大の演習林で、約2400ヘクタールにトドマツや広葉樹の森が広がる。井上教授らは動植物の生態を調べるため昨年まで3年間、カメラ数十台を設置したところ、うち数台に計6回、カメラの前を横切ったりレンズに鼻を近づけたりする白いヒグマが映っていた。いずれも同じヒグマで、ほぼ全身が白い毛に覆われていたという。井上教授は「今後、研究を進めていく」と話している。

 北海道大の坪田敏男教授(野生動物学)は「4歳ほどの雌だと思われる。遺伝で白い毛になった可能性がある」と話している。

https://www.yomiuri.co.jp/photo/20190112/20190112-OYT1I50021-N.jpg
IMG_9965

https://www.yomiuri.co.jp/science/20190112-OYT1T50065.html


【動画】



49:
続きを読む

1: 自治郎 ★ 2018/12/22(土) 19:59:54.46 ID:CAP_USER9
 人のような形をした根が生え、「引き抜くと叫び声を上げる」という伝説で知られる植物・マンドラゴラが、兵庫県南あわじ市八木養宜上の観光施設「淡路ファームパーク・イングランドの丘」で昨年に続いて開花した。今年は奇妙な外観の植物を併せて展示し、見学者をファンタジーの世界にいざなう。

 マンドレイクとも呼ばれる地中海沿岸などが原産のナス科の植物。魔術や呪術、錬金術などを行う薬の材料とされ、「叫び声を聞いた者は死ぬ」との言い伝えがある。旧約聖書やギリシャ神話にも記述があり、小説や映画、アニメなどに数多く登場する。

 開花の事例は全国でも少なく、イングランドの丘では昨年12月に初めて咲いた。今年は同じ株が19日、直径約2センチの紫色の花を付けた。3~4日で新たな花に入れ替わり、来年1月中旬頃まで見られそうだという。

 前回の開花時は、報じたインターネットのニュースサイトの閲覧ランキングが一時、全国トップを記録。イングランドの丘のホームページに接続しにくくなるなど反響を呼んだ。2年連続で咲くのは予想外といい、展示ケース内の温度管理に注意を払っている。

 マンドラゴラには「大切に育てると幸福が訪れる」との伝承もあるといい、以前に根を引き抜いて植え替えた経験がある栽培担当の後藤敦さんは「叫び声は聞こえなかったので、おかげ様で健康に過ごしています」と笑顔を見せ、「小さな植物から大きな想像を膨らませてもらえたら」と語った。

 イングランドの丘では他に、変わった形や不思議な雰囲気を漂わせる植物を集め、「マンドラゴラと幻想植物」と題してコアラ館で展示している。

 「植物に姿を変えられた亀」として紹介されたのは、南アフリカ原産のディオスコレア・エレファンティぺス。数十年かけて根元が亀の甲羅のような形に成長する。「悪魔の爪」と呼ばれるイビセラ・ルテアの実は、熟すと皮がはがれて鋭い2本の突起が現れる。竜の硬いうろこを連想させるセロペギア・ボッセリ、ウサギの顔のような形の葉が増えていくモニラリア・オブコニカも並ぶ。

 入園料は中学生以上800円、4歳~小学生400円。問い合わせはイングランドの丘(電話番号はソースでご確認下さい)。(高田寛)

マンドラゴラ
IMG_9786
IMG_9787


続きを読む

1: しじみ ★ 2018/12/30(日) 20:07:35.43 ID:CAP_USER
 巻き貝のような殻の中から、目玉と8本の足がニョロリ――。珍しいタコの一種「タコブネ」が、神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園で展示されている。詳しい生態はわかっておらず、水温や水流、光の具合などを調整しながら、手探りでの飼育が続く。

 高知県大月町の漁村に住む水族園のスタッフが12月中旬、地元漁師の定置網にかかったタコブネを見つけ、買い取った。生きて見つかるのは珍しく、水族園での展示は6年ぶり。

 水族園によると、メスの個体で体長10センチほど。うち殻が約7センチある。ヤドカリのように貝殻に入るのではなく、体から分泌した炭酸カルシウムで自ら殻をつくる。そこにすみ続け、内側に卵を産む。オスは殻を持たず、体長はメスの20分の1程度しかない。

 全国的に飼育例が少なく、飼育員の加茂耕太朗さん(27)も「生きた個体を見るのは初めて。わからないことが多く、最初は展示できるのか不安だった」と言う。

 エビを与えたところ、もぐもぐと食べた。いろいろ試しながら、どう飼育すればよいかを探っている。「常設展示をしている水族館はおそらく国内にないと思う。珍しい姿を少しでも長くお見せしたい」と話している。

■展示中のタコブネ。巻き貝のような殻(左側)から目玉と足の一部がのぞく
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181224001330_commL.jpg 

続きを読む

↑このページのトップヘ