動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 古生物

1: 2020/07/11(土) 00:53:53.61 _USER
■毒を吐かず首のフリルもなかったディロフォサウルス、包括的な論文が発表される

IMG_2184

 1993年の映画『ジュラシック・パーク』のなかに、悪役のひとりが運悪くディロフォサウルス(Dilophosaurus wetherilli)に出くわし、殺される場面がある。人間よりも小さく、好奇心旺盛なディロフォサウルスは本性をむき出しにすると、エリマキトカゲのような首のフリル(えり飾り)を広げ、鋭い鳴き声を立て、悪役の目に毒入りの唾を吐きかける。

 このシーンによって、ポップカルチャーにおけるディロフォサウルスのイメージはすっかり固定されてしまったが、実際のディロフォサウルスは、映画で描かれている外見とは大きく異なっていた。

「私は、『最も有名な“知られざる”恐竜』と呼んでいます」と話すのは、米アリゾナ州化石の森国立公園の古生物学者アダム・マーシュ氏だ。同氏は、ディロフォサウルスについて包括的にとらえなおした論文を7月7日付で学術誌「Journal of Paleontology」に発表した。

 化石が80年も前に発見されたにも関わらず、この恐竜のことはあまりよく知られていなかった。

 最新の研究では、アリゾナ州で発掘されたまま、これまで分析されたことのなかった2つの標本を加え、生きていた時のディロフォサウルスの姿について、初めて明確なイメージを描いてみせた。約2億100万~1億7400万年前のジュラ紀前期に生きていたディロフォサウルスは、毒やフリルといった小道具に頼る小さな恐竜ではなく、当時としては北米最大級の陸生動物で、強力な捕食者だった。

「『ジュラシック・パーク』を見た人々が想像するよりは、はるかに大きな恐竜です」と、マーシュ氏は言う。

IMG_2185

■一部は化石で、一部は石膏

 誤解が広まった経緯はこうだ。

 ディロフォサウルスの化石は、1940年にアリゾナ州チューバシティにほど近い米国先住民ナバホ族の自治区で初めて発見された。発見者は、ジェシー・ウィリアムズさんというナバホ族の男性だった。1942年に、ウィリアムズさんは化石をカリフォルニア大学バークレー校の古生物学者に見せた。そこにいたサミュエル・ウェルズ氏が、1954年にそれを新種として記載した。

 ディロフォサウルスの復元を担当したチームは、完全な骨格を展示したかったので、足りない部分は石膏で作った骨で補完した。その際に、アロサウルスという別の肉食恐竜に似せて骨格を形作ったため、完成した恐竜は本物のディロフォサウルスとはまるで違う外見になってしまった。しかも、ウェルズ氏は1954年の論文でも、1984年に発表したもう一本の論文でも、どれが本物の化石でどれが石膏なのかを明らかにしなかった。

 この2本の論文を基にその後の研究が進められたことから、混乱が生じた。はたしてディロフォサウルスとは、三畳紀の肉食恐竜で七面鳥サイズのコエロフィシスに近いのか、それともジュラ紀後期のより大きなケラトサウルスやアロサウルスに近いのか、様々な憶測が飛び交った。

「1984年の論文以降の議論は、本物の骨格の話をしているのか、それとも石膏の骨のことを話しているのか、はっきりわかりませんでした」と、マーシュ氏は言う。その後、時間と資金を費やして詳しい研究をする者もいなかったため、ディロフォサウルスの解剖学的構造についての混乱は、数十年もそのままになっていた。

「誰もがそれぞれの研究のために何らかの形で頼っていた論文が、実はまとめられた時点で問題があったことがわかったのです」と、ミネソタ大学古生物学者のピーター・マコビッキー氏は言う。同氏は、今回の新しい研究には関わっていない。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/070900409/
【関連記事】
恐竜に流れる血は温かかった?、爬虫類説に異論 米研究
IMG_8155



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/07/08(水) 15:16:22.05 _USER
    7000万年前に恐竜と共存していた巨大魚の化石が、アルゼンチン南部パタゴニア(Patagonia)地方で発見された。同国の古生物学者らの研究チームが6日、発表した。

IMG_1999

 今回の発見は学術誌「Alcheringa: An Australasian Journal of Palaeontology(アルチェリンガ:オーストラレーシアの古生物学誌)」で発表された。研究チームは、全長6メートルを超える捕食性魚類の化石を、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの約1400キロ南方に位置するコルウエ・ウアピ(Colhue Huapial)湖の近くで発見。この巨大魚は「白亜紀末期に現在のパタゴニア海域を泳いでいた。そのあたりは当時、気温が今よりはるかに温暖だった」という。

 今回の化石は、地球史に存在した中で最も大型の捕食性魚類のグループ、シファクティヌス属に分類された。研究チームは巨大魚の外見について、「胴体は顕著に細く、その先に巨大な頭部がある。顎は大きく、針のように鋭い、長さ数センチの歯が生えている」と説明している。

 論文執筆者の一人、ジュリエッタ・デ・パスカ(Julieta de Pasqua)氏は、この種の化石は世界の他の地域でも発見されており、「中には胃の内容物まで保存されている化石もある」と指摘した。

 これまでシファクティヌスの化石は北半球でしか見つかっていなかったが、最近になってベネズエラで1例が発見されていた。

 パタゴニアは恐竜や有史以前の動物種の化石の宝庫として最も重要な地域の一つ。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3292652
【関連記事】
【南極】海に生息する大型爬虫類か 6800万年前の卵の殻
5005



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/07/02(木) 08:21:30.47 _USER
南半球に広く生息するペンギンの歴史は古く、最古のペンギン(ワイマヌ・マネリンギ)は6200万年前まで遡ります。

IMG_1775

それから現代にいたるまでペンギンは、南半球を中心に進化を遂げてきました。北半球に最も近い場所にいるのは、ガラパゴスペンギンのみです。

ところが最新研究で、3700万年前の北半球に、太古のペンギンと瓜ふたつの生物が存在したことが明らかになりました。

その生物は「Plotopterid」という飛べない鳥類で、日本、アメリカ、カナダで化石が見つかっています。

■種が違うのに瓜ふたつ

北半球に存在したPlotopteridの生息年代は、最古のペンギンよりずっと遅く、約3700〜3400万年前と言われています。また、現代まで生きるペンギンとは異なり、少なくとも2500万年前には絶滅しました。

研究では、Plotopteridの化石を、カンタベリー博物館(ニュージーランド)所蔵のワイマヌ・ムリワイマヌ・セキワイマヌといった太古の巨大ペンギンの化石と比較しています。

ワイマヌ種は、約6000万年前のニュージーランド付近に生息したペンギンで、全長1.6メートルを超えるものもいました。本調査では、ニュージーランド・カンタベリー北部の町ワイパラで出土した9種の古代ペンギンの化石を用いています。

IMG_1776

調査の結果、Plotopteridとワイマヌペンギンは、異なる時代・場所に生きたにもかかわらず、骨格や身体的特徴が非常に酷似していることが判明しました。

Plotopteridも全長1.5メートルを超える巨体で、長いくちばしに切れ目のような鼻孔、胸や肩、骨、翼の構造までペンギンの骨に近似していました。こうした特徴から、ともに泳ぎを得意とし、深い水域まで潜って狩りをしていたようです。

また、両者ともエサを求めて空中から水中に飛び込む習性を持っていた飛翔生物が祖先であった可能性が高く、時間の経過とともに、この祖先は泳ぎが得意になり、逆に空を飛べなくなっていったと思われます。

5005

カンタベリー博物館のポール・スコフィールド博士は「両者は時代も場所も大きく違うのに、はた目からパッと見ただけではまったく区別がつかなかったでしょう。しかし、Plotopteridは、ペンギンのような見た目ですが、決してペンギンではないのです」と話します。

実際、Plotopteridは、鵜やカツオドリと近縁であることが分かっています。つまり、Plotopteridとペンギンは、お互いの酷似した特徴をそれぞれ独自に進化させたのです。

これは「収束進化(convergent evolution)」と呼ばれるもので、遠縁にある生物が同じ環境下に置かれたとき、似たような形態的進化をすることです。例えば、モグラと昆虫のケラはまったく違う種類なのに、同じ前足を発達させています。

5005
5005

当時の地球は現在と環境が大きく違っていたので、それが収束進化を生む原因となったのかもしれません。

研究の詳細は、6月29日付けで「Zoological Systematics and Evolutionary Research」に掲載されました。

Comparative osteology of the penguin‐like mid‐Cenozoic Plotopteridae and the earliest true fossil penguins, with comments on the origins of wing‐propelled diving
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/jzs.12400

https://nazology.net/archives/63555
【関連記事】
身長160センチ、体重80キロ 巨大ペンギンの化石、NZで発見
IMG_1780



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/23(火) 19:53:07.91 _USER
 世界最小となる小型恐竜の卵の化石を、兵庫県丹波市にある1億1千万年前(白亜紀前期)の地層から発見したと、筑波大や兵庫県立人と自然の博物館の研究チームが23日発表した。殻の構造などからティラノサウルスなどと同じ獣脚類に属する恐竜が産んだ新種の卵と確認された。

IMG_1396

 長さ約4.5センチ、幅約2センチで人の親指ほどの大きさ。重さは約10グラムでウズラの卵ほどと推定される。小さなサイズの恐竜は化石として残りにくく、姿や生態などに謎が多い。チームの田中康平・筑波大助教は「小型種がどのように繁殖や巣作りしていたか解明するのにつながる」と期待する。

https://this.kiji.is/648072847169340513
【関連記事】
世界最小、頭部とくちばし 琥珀の中に恐竜発見 原始的な鳥か
5005



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/06/20(土) 20:37:45.09 _USER9
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062000372

海に生息する大型爬虫(はちゅう)類「モササウルス」の母親と卵からかえった子の想像図。南極で発見された約6800万年前の化石が大型爬虫類の卵の殻である可能性が判明した。

5005

 南極の約6800万年前(白亜紀末期)の地層から大きな卵の殻の化石が見つかり、海に生息する大型爬虫(はちゅう)類の赤ちゃんがかえった可能性があると、米テキサス大やチリ国立自然史博物館などの研究チームが20日までに英科学誌ネイチャーに発表した。卵を産んだ母親は体長が7メートル以上あったと考えられるという。


 発見場所は南米大陸に近い南極半島付近のシーモア島。化石は長さ29センチ、幅20センチで、殻の層状構造や成分を分析した結果、恐竜や鳥類などの硬い卵ではなく、トカゲやヘビなどの爬虫類の軟らかい卵に近かった。浅い海で堆積した地層から発掘され、近くで大型爬虫類「モササウルス」の骨格化石が見つかっていることから、モササウルスなどの大型爬虫類の卵かもしれないと結論付けた。
【関連記事】
スピノサウルスの尾の化石発見 モロッコで、泳ぎ得意か
5005



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

↑このページのトップヘ