動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 動物学

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/06/15(土) 19:35:02.47 ID:l2Xaa19x9
【動物は知っている】オスはつらいよ、弱いオスザルほど「おしゃべり」

FullSizeRender

「男はつらいよ」と言いたくなるのは、人間だけではないようだ。

 たとえば、アフリカのマダガスカル島にすむワオキツネザル(Lemur catta)は、
弱いオスほど口が達者になるらしい。

 このサルは、20種強の鳴き声を使い分けている。なかでも、弱いオスにとって
特に重要なのは、ウーとうめくような長い鳴き声と、フンフンと鼻を鳴らす
ような短い声だ。

「彼らは群れとのつながりを保つために長い鳴き声を使い、仲良しのサルとの
関係を保つために短い鳴き声を使っています」

 ワオキツネザルの声と行動に関する論文を、2017年に学術誌「Ethology
(動物行動学)」に発表したカナダ、トロント大学の霊長類学者である
ローラ・ボルト氏はそう語る。


弱いオスには危険がいっぱい

 ワオキツネザルの群れで優位なのはメスで、発情期には複数のオスと交尾を
する。だが、この時期を除くと、ワオキツネザルの弱いオスには危険が
いっぱいだ。

 若いオスの多くは両親の群れから出ていくが、通常、ほかの群れからは
あまり歓迎されない。オスのトップにならないかぎり、群れの中で最も
低い地位になる。しかし、だからといって放置されるわけではない。

「弱いオスは、群れのメスたちに叩かれたり噛まれたりします」とボルト氏。

 メスたちに攻撃されたり、ライバルのオスに負けたりしたオスは、群れの中に
入らず周りで暮らすようになる。離れていれば、虐待されにくくなるからだ。
「それでも群れが移動するときには、彼らも後をついていきます」

 だが、群れの後をついていくオスは、捕食者に襲われる可能性がとても高い。

(以下、ソース元にてご確認ください)


ナショナル ジオグラフィック日本版(6/15(土) 15:02配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00010002-nknatiogeo-sctch

続きを読む

1: シャチ ★ 2019/06/07(金) 16:12:33.45 ID:7n6bbS4o9
[ロサンゼルス 6日 ロイター] - 米カリフォルニア州南部で今週、何百万ものテントウムシが餌のアリマキを求めて上空を飛んでいるところが、レーダーに巨大な影として捉えられた。当局者らが6日明らかにした。

IMG_2656

米国立気象局(NWS)の専門家アダム・ローザー氏によると、この大群は、ロサンゼルスの東110キロ超にあるヘスペリア市を中心に、130キロ四方に広がっていた。

ライトウッド市の気象観測士が、この影をテントウムシと確認。NWSのサンディエゴ事務所が4日、うねうねと動く巨大な影が写ったレーダー画像をツイッターに投稿すると、1000回以上リツイートされ、「イナゴよりはまし」「アリマキを食べてくれ」といった投稿が寄せられた。

テントウムシは、アリマキやクモダニ、コナカイガラムシなどを捕食するため、園芸関係者にとって益虫。

ローザー氏は「さまざまな人に科学への興味をもってもらえた。とても良いことだ」と述べた。

大群が飛来した原因として、カリフォルニア大学リバーサイド校のリング・カード昆虫学教授は、山岳地帯に大量に広がっていたテントウムシが気温上昇をきっかけに一斉に移動したのではないかとの見方を示した。

6/7(金) 15:59配信 ロイター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000085-reut-n_ame
画像  米カリフォルニア州南部で今週、何百万ものテントウムシが餌のアリマキを求めて上空を飛んでいるところが、レーダーに巨大な影として捉えられた。当局者らが6日明らかにした。米国立気象局(NWS)提供写真(2019年 ロイター)
IMG_2654


続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2019/06/05(水) 02:33:23.56 ID:c3FPIYKx9
◆ こいつ・・・泳ぐぞ!スイスイと海を泳ぐカンガルーが目撃される(もちろんオーストラリア)

長い尾を持ち、たくましい後ろ脚でピョンピョン跳ねるカンガルーといえば、オーストラリアでかなりの幅を利かせる動物としても有名だが、そのカンガルーの意外な一面が話題になっている。
今月初め、オーストラリア北東部の浜辺でドローンを飛ばしていた男性がとんでもない光景を目撃した。

静かな青い海をスイスイ泳ぐ奇妙な生物。
それはどう見ても魚の類ではなく、陸にいるはずのカンガルーだったのだ。

■ なんと!海を泳ぐカンガルー…だと!?

これは5月6日、オーストラリアのクイーンズランド州にあるブッカ・リゾートのオーナーがとらえた映像だ。
オフの日に近くのキンクナビーチでドローン撮影を楽しんでいた彼はふと、カメラにうつりこんだ妙な光景に目を疑った。

IMG_2627

IMG_2628

青く澄んだ海を泳ぐ生命体。角度によっては魚に見えなくもないが、シルエットが微妙に違う。
こ、これは…

透明な青い海を泳ぐ妙な生き物。
それは現地人にはなじみがありすぎる動物、カンガルーだった。

■ 実は水陸両用。泳ぎ上手なカンガルー

だがしかし。本来は陸でピョンピョン跳ねてるはずのカンガルーが海でザバザバ泳ぐなんてあり得るのだろうか?
にわかには信じがたいシュールな眺めだが、実はカンガルーはびっくりするほど泳ぎ上手で、強力な武器にもなる太く長い尾で水中を進むことができる。
その泳ぎは天敵に追われた時のためにあるが、彼らはただ海で逃げ惑うだけではなく、しつこく追ってくる敵を前足で溺死させることも可能だという。

■ 涼しい海でのんびり海水浴

だが男性によると今回のカンガルーは何かに追われるでもなく、一匹で優雅に泳ぎを楽しんでいたらしい。
この日は快晴で気温も高かったそうで、誰もいない静かな海でのんびり涼んでいたようだ。

「カンガルーは海から出たり入ったりを繰り返してました。まるで波と戯れながら古き良き時代を過ごしているように見えました」
 
まあ、こんな風に泳いでいる姿は現地でもめったに見られないそうだけど、ここにはるか昔からいるルー族だもの、海に慣れ親しむ個体もいそうだよね。

動画:https://youtu.be/Lj8kQycZvYw



カラパイア 2019/06/03
http://karapaia.com/archives/52274283.html

続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/05/14(火) 11:31:51.73 ID:Dd/F8ptD9
ふん害や鳴き声などが問題化しているカラスへの新たな対策として富山市は10日、カラスの侵入を禁止する看板を富山城址(じょうし)公園内に設置した。看板を見た人の視線で追い払う効果を狙う。市は捕獲や罰則規定の条例などで対策を進めているが、数千羽が生息する中心街の被害は今でも深刻。カラスとの闘いは心理戦に突入した。(柘原由紀)

IMG_2395

人の注目嫌がる習性に狙い
 看板は、樹木が多くカラスのねぐらとなっている公園内六カ所に設置。多くの観光客らが利用する松川の遊覧船乗り場近くの二カ所に、「カラス居座り禁止」の文字とカラスの絵が描かれた看板を立てた。このほか、富山城の城門前などには「御触書」と題して「城下ニオイテ烏(カラス)為ルモノニ餌ヲ与エル事ヲ禁ズ」と記した看板、公園内の芝生広場などには「告」と題して「烏(カラス)に告ぐ ココデ餌ヲ食ウベカラズ」と訴える看板が登場した。

 市によると、岩手県大槌町にある東大大気海洋研究所が数年前から「カラス侵入禁止」と書いた紙を掲示したところカラスが寄り付かなくなった。警告文を見た人が立ち止まって目を向けることで、人の視線を嫌がる習性のあるカラスは恐怖を感じるという。市はこの成功を手本にした。

 これまで市はおりでの捕獲と狩猟で生息数を着々と減らしてきた。環境保全課によると、中心街をねぐらにするカラスの数は捕獲開始以降、二〇〇八年の約一万二千羽をピークに今年は約三千羽まで減少。さらに、七月からは餌やりを禁止する罰則付きの「カラス被害防止条例」が施行される。

 三年間のカラス対策強化事業の最後の年となる本年度は、さらなる効果を目指して看板を設置。担当者は「(看板によって)人がカラスを気に掛けることに注目した。カラスを追い払う効果に期待したい」と話している。

https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019051102100006.html

IMG_2396


続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/04/30(火) 12:44:42.63 ID:qLCmbGTW9
2019年4月26日20:00
動物の中でも高い知能を持ち、コミュニケーション能力に優れるイルカ。動物愛護団体からは人間と同様の「人権」を与えるべきだという意見も出る程に、ある種の人間くささを持つ生き物でもあります。

IMG_2101

例えばイルカの中には同族のイルカや小型のイルカを集団で虐めて殺したり、捕食せずに魚類や海獣を遊びで殺害する種があることが知られています。

またBUZZAP!では以前、イルカがフグ毒を経口摂取してトランス状態になって遊んでいるという事例をお伝えしています。

そんなイルカの人間味をさらに感じさせてくれそうなのが今回紹介する研究結果です。

まず前提として、イルカは人間と同様に一年中常に発情している数少ない動物の一種で、メスに妊娠能力がない時期でもセックスを行います。

これは人類やボノボといった常時発情している種がそうであるように、メス側もセックスで快楽を得ている可能性が高いとのこと。

アメリカ合衆国のマウント・ホリオーク大学のDara Orbach博士らの研究チームは自然死した11頭のメスのバンドウイルカの性器を分析しました。

それによると、メスイルカのクリトリスは大きく発達しているのみならず、人類と似通った特徴を備えていることが分かりました。

その構造から、イルカのクリトリスは刺激を受けると肥大するということが分かり、またクリトリスの表皮の下には豊富な神経線維が密集していました。その神経線維は性的快感を得る他の動物のなんと10倍もの量だったとのこと。

またイルカのクリトリスは人間と同様に膣の入口すぐ近くにあり、これがセックスの際に刺激されやすい位置にあることは改めて人類に説明するまでもありません。

Orbach博士は「我々の解剖学的な観察で、バンドウイルカのクリトリスは快楽を得る機能を備えている事が分かりました。ですが実際にメスのイルカがセックスで快楽を覚えているかを知るには生理学、行動学におけるさらなる分析が必要です」と述べています。

ボノボなどと違って海洋ほ乳類であるイルカのセックスの際の血圧や呼吸、喘ぎ声などを測定することは極めて困難。機能は確認できましたが実態を知るにはまだ研究を重ねる必要がありそうです。

ということで、イルカはセックス、ドラッグ、バイオレンスという人間味溢れる快楽を片っ端から楽しんでいるということになりそうです。

これはもう「海の人類」扱いしてもいいレベルなのかも知れません。

https://buzzap.jp/news/20190426-dolphine-clitoris/

IMG_2100


続きを読む

↑このページのトップヘ