動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 動物学

1: 2020/09/24(木) 18:47:52.77 _USER
マウスもくすぐられると「楽しくなって笑い声」をあげる。動物の”感情を測定する”実験により判明

image

 動物とのコミュニケーションがまた一歩前進しました。

 9月21日付けで『Current Biology』に掲載された論文によると、優しく「くすぐられた」ときにあげるマウスの鳴き声が、ただの反射ではなく楽しんでいる時の「笑い声」であると確認されたのです。

 しかし研究者たちはいったいどうやってマウスの声と感情を結びつけたのでしょうか?

■動物の感情に対する理解は飛躍的に進歩した


 近年の行動学の進歩により、動物の感情に対する理解が急速に高まっています。

 特に実験動物であるマウスに対しては研究がの進歩が顕著です。
 遊んでいるとき、エサや薬物を受け取っているとき、交配しているとき、うつ状態のときなど、様々な感情を誘発させ、その鳴き声や行動パターンが分析されてきました。

image

 また過去に記事にした研究では、上の図のように、機械学習によってマウスの表情を読み取ることに成功。
 さらに生きたまま脳に差し込んだ電極で神経活動を測定することで、痛み・苦しみ・恐怖・嫌悪といった各感情のコードを読み取ることもできています。

image

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/69694
関連記事


続きを読む

1: 2020/09/23(水) 13:05:36.04 _USER
「自分の脳」を食べることで成長する生物とは?

image

 日本では東北地方などで食材として用いられるホヤは、発生学のモデル生物としても古くから研究されています。
 そんなホヤは「成長の過程で自分自身の脳を食べてしまう」ことがわかっています。

image

 Meet the creature that eats its own brain! | Goodheart's Extreme Science
 https://goodheartextremescience.wordpress.com/2010/01/27/meet-the-creature-that-eats-its-own-brain/

 ホヤは、被嚢(ひのう)と呼ばれる組織で覆われた海産動物で、海水に含まれるプランクトンを餌として生きています。
 生物学上では魚類、鳥類、爬虫類、哺乳類といった動物と同じ脊索動物に分類されてます。

image

 ホヤは記事作成時点で2000種以上が存在するとされており、多様な形や色のホヤが世界中の海に生息しています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine
https://news.livedoor.com/article/detail/18939036/

関連記事


続きを読む

1: 2020/09/18(金) 11:01:22.03 _USER
動物の“処女懐胎”、なぜできる? ヒトではなぜ無理なのか

image

■交配せずメスだけで子が生まれる仕組みとは

 大半の動物は、オスとメスが交配して繁殖する。
 だが、一部の動物はその有性生殖に際し、メスだけでも子を残せる。
 いわば処女懐胎だ。
 これは「単為生殖」と呼ばれ、ミツバチからガラガラヘビまで様々な生物で例がある。

 例えば2016年、オーストラリアのリーフHQ水族館で飼われているトラフザメの「レオニー」が飼育員を驚かせた。
 数年間オスとの接触がなく、他のメスと一緒に飼われていたにもかかわらず、産んだ卵から3匹の子サメが誕生したからだ。

 2012年には、米ルイビル動物園でアミメニシキヘビの「セルマ」が6つの卵を産み、健康な子が生まれた。
 セルマはオスを見たことさえなかった。
 2006年には英チェスター動物園でコモドオオトカゲの「フローラ」が同様の離れ業をやってのけ、飼育員を当惑させた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ad22c800101fc8af900f8fb6768b4ea89b2858c

関連記事





当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】はこちらからご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/08/26(水) 12:37:52.53 _USER
すべての貝の形は、同じ「法則」で作られているのをご存知か?

FullSizeRender

 博物館や科学館で目を引く展示の1つが、いろいろな貝殻のコレクションだ。
 見た目に美しいし、大きさ、形、色など、バラエティに富んでいて、生物の多様性というものが実感できる。

■物理的必然=貝の形は円錐縛り

 そもそも貝殻とは、貝の体を外敵から防御するためのものであるが、その特徴は「めちゃくちゃ固い」ことだ。 おそらく、生物が作る構造の中では最強だろう。
 人間の皮膚や、ワニの鱗、亀の甲羅、カニの外骨格などと比べても、はるかに硬度が高い。
 ダントツで最強である。だが、もちろん「固すぎる」ゆえの困った性質もある。
 体が成長するときに困るのである。

 哺乳動物の皮膚は、しなやかで弾力性があり、しかも、伸びる。 だから、成長して体が大きくなっても問題ない。
 しかし、貝殻は変形しないし、膨らませることもできない。
 貝にできるのは、一部を溶かすか、継ぎ足すか、だけである。

 仮に、球状の貝殻があったとしよう。
 中にこもっていれば、安全そうだ。
 なんといっても、最強の防御素材である。
 だが、球状の貝殻では、体積を大きくすることができない。

 本体が成長して大きくなったら、貝殻を放棄して、新たに作成する必要がある。
 無駄だし、危険だ。
 だから、球形の貝殻は現実的ではない。
 では、円筒形の貝殻ならどうだろう(図の下)。 
 上下が空いているが、なかなかの防御力がありそうだ。 FullSizeRender
 だが、これも、成長時に困ってしまう。 

(以下略、続きはソースをご覧下さい)

現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/95e6c77dddb888d56aceca5c455b30ceb8cc4e41

関連記事





当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/08/12(水) 10:29:10.54 _USER
■北米での発信器をつけた調査で判明、カナダオオヤマネコ

IMG_3492

自然豊かな米アラスカ州では、ヘラジカやクマなどの野生動物に遭遇することは珍しくない。だが、カナダオオヤマネコ(Lynx canadensis)となると話は違う。耳の上に房毛があり、足はミトンのようにふっくらとした美しいその姿を目にするのは、特別な体験だった。

 それが、最近では様子が変わってきている。アラスカ州で最も人口が多いアンカレッジで、今カナダオオヤマネコが頻繁に目撃されているという。

「ソーシャルメディアに多くの写真が投稿されているのを見ると、いたるところに姿を現しているようです」と、アラスカ州漁業狩猟局の野生生物学者デビッド・サールフェルド氏は話す。また多くの人は、体重9~14キロほどのカナダオオヤマネコが獲物に襲い掛かるときの様子や、子ネコ同士で遊んでいる姿など、ペットのイエネコとよく似ていることに驚くという。

「普通のネコのように、ポーチに上がって窓から家の中を覗き込んでいたという情報がとても多く寄せられています」

 目撃情報が増えている理由は、おそらく好物の獲物であるカンジキウサギ(Lepus americanus)の数がピークに達しているためと考えられる。カンジキウサギの個体数は8~11年ごとに増えたり減ったりを繰り返す。そして、今のようにカンジキウサギが増える時期は、カナダオオヤマネコの数も増える。

 アンカレッジだけにとどまらず、カナダオオヤマネコはアラスカ州全土からカナダの北部にまで広がり、時にはカナダとの国境を越えてやってくることもある。1匹のオオヤマネコがいったいどこまで移動できるのか、少し前まではほとんど知られていなかったが、5年前に始まった「ノースウエスト・ボレアル・リンクス・プロジェクト」による追跡調査のおかげで、オオヤマネコたちはこれまで考えられていたよりもはるかに多くの困難を乗り越え、遠くまで足を延ばしていたことが明らかにされた。

 ホボと名付けられた個体は、2017年3月にカナダとの国境に近いアラスカ州テトリン国立野生生物保護区で発信器付きの首輪を装着された後、同年6月に生まれ故郷を離れ、険しい山を登り、急な川を渡り、2018年7月には何と3500キロを移動していた。

IMG_3493

なぜそれほど長い距離を移動するのだろうか。カンジキウサギを探して、群れがいるところを見つけるとそこに縄張りを作るのではないだろうかとも言われているが、はっきりしたことはわからない。いずれこの調査から十分な情報を集めて、その謎を解明したいと科学者たちは願っている。これまでに、同プロジェクトは170匹以上のオスとメスに発信器付きの首輪を装着している。

 また、調査で集められたデータは、アラスカ州やカナダ北部でカナダオオヤマネコを保護するために役立てることができる。例えば、どのような環境を通って移動しているのかがわかれば、人間が土地を利用したり開発する際に、オオヤマネコが自由に移動できるルートを確保することも可能だ。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/080500460/

関連記事




※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

↑このページのトップヘ