動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 動物学

1: ごまカンパチ ★ 2019/08/13(火) 13:24:16.57 ID:2FNcbS+S9
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071900420/
 数年前、肝臓のないホホジロザメの死骸が南アフリカの海岸に打ち上げられたと聞いて、米ロサンゼルス郡立自然史博物館で研究員として働く 生物学者アリサ・シュルマン・ジャニガー氏はショックを受けた。
「デジャブだ。また同じことが起きたと思いました」と同氏は振り返る。
1997年10月、サンフランシスコ沖に浮かぶファラロン諸島の周辺でホエールウォッチングをしていた人々が、2頭のシャチがホホジロザメに襲い掛かり、
肝臓を取り出して食べるのを目撃したのだ。

FullSizeRender

シャチがホホジロザメを食べる姿が記録されたのは初めてのことだった。
この出来事をきっかけに新たな研究が始まったが、シュルマン・ジャニガー氏を含めて研究者が抱いた疑問はシンプルなものだった。
いったいシャチがいくら凶暴な動物といっても、海のハンターとして知られるホホジロザメをどうやって襲うのだろうか?
米モントレー湾水族館の研究者スコット・アンダーソン氏は、ナショナル ジオグラフィックのTV番組「SharkFest」の「Whale That Ate Jaws: Eyewitness Report」
というエピソードで、「あの瞬間から、シャチとホホジロザメに対する見方が変わったように思います」と述べている。

■ゾウアザラシの数にも影響
 その後、1997年の出来事が決して偶然でないことが判明する。
2017年、南アフリカ西ケープ州で、5頭のホホジロザメが海岸に打ち上げられたのだ。
シャチがホホジロザメを殺す姿が目撃されたわけではないが、過去の事例と類似点があり、シャチが有力な容疑者として浮上した。
アンダーソン氏によれば、これらの出来事は、シャチ、ホホジロザメという2つの捕食者の相互作用が食物連鎖に大きな影響を及ぼし得ることを示唆しているという。
例えば、アンダーソン氏は最新の研究で、シャチの存在によって、ファラロン諸島の周辺からホホジロザメが追い払われ、その結果、ホホジロザメの主食である
ゾウアザラシのコロニーが恩恵を受けていると指摘している。

 1997年の一件が起きた後、ホホジロザメの個体群は通常より早くファラロン諸島を離れ、毎年恒例となっていたゾウアザラシの襲撃をあきらめたと、
アンダーソン氏は述べている。
2006年から2013年にかけて、アンダーソン氏のチームは165頭のホホジロザメに音響タグを装着し、仮説の裏付けを取った。
ホホジロザメがシャチと遭遇した年は、ホホジロザメがゾウアザラシを食べる数が減少していた。

■狙いはおいしい肝臓
 南アフリカ、ケープタウンにあるケープ研究センターの海洋生物学者アリソン・コック氏はすでに、複数のエビスザメを襲い、肝臓を食べていた
2頭のシャチを研究していた。エビスザメはフォールス湾の藻場に生息する種だ。
2頭のシャチはそれぞれ「ポート」「スターボード」と名付けられた。左舷と右舷を意味する言葉で、背びれがそれぞれ左と右に傾いていたことに由来する。
2017年、ホホジロザメの死骸が打ち上げられたとき、コック氏らはポートとスターボードを疑った。
死骸を解剖したところ、左右の胸びれの間に驚くほどきれいな裂け目があったことを除き、ほぼ無傷だった。
おそらく2頭のシャチは肝臓の位置を正確に知っていて、傷口から吸い取ったのだろう。

 エビスザメの死骸とホホジロザメの死骸の間に類似点があったことから、ポートとスターボードに違いないとコック氏らは確信した。
1997年、ホエールウォッチングに参加していた人が撮影した映像も、ポートとスターボードが力を合わせ、ホホジロザメを仕留めた可能性を示唆している。
シュルマン・ジャニガー氏は次のように述べている。
「まるで2頭のシャチが技術を磨き上げ、科学的な手法で肝臓を摘出したように見えます。メスを使った手術に近いレベルです」
シュルマン・ジャニガー氏はさらに、
「詳細な研究を行う素晴らしい機会に恵まれました。特に、死骸を調べることができたのは貴重な体験です。(1997年には)できていませんでしたから」と喜んでいる。

 シャチたちが肝臓を狙ったのはおそらく、高脂肪でおいしいためだろう。
アンダーソン氏はTV番組で、「人がバターやベーコンを食べるのと同じです。私たちは脂ぎった食べ物が好きなのです」と解説している。
しかも、浮力の維持に使われているホホジロザメの肝臓はかなりのボリュームがある。最大なら270キロもある塊だ。

※続きはソースで



【関連記事】
最大級のホホジロザメ、クジラを食べる 間近で撮影された貴重な光景、大きなお腹は妊娠? 米ハワイ沖
http://doubutsunet.com/archives/18500011.html
IMG_3731



続きを読む

1: 猪木いっぱい ★ 2019/08/09(金) 13:58:15.93 ID:M8UlF2h+9
猫は多くの奇妙なことをします。 大事なことの1つは、草を食べることです。
多くの場合、数分後にそれを投げ捨てます。 今、おそらく数世紀の謎の後、科学者は彼らがその理由を知っていると思います。

IMG_3668

研究者は、インターネットで1000人以上の猫の飼い主を調査しました。猫の飼い主は、1日3時間以上、ペットと一緒に見たり遊んだりしています。

多くの猫のオーナーが疑ったように、植物を食べることは非常に一般的な行動です:オーナーの71%は生涯で少なくとも6回この行為に巻き込まれましたが、草を吐き戻したのを観察したのは11%だけでした。

草を食べることについての多くの説明では、この行動は猫が体調を崩したときに役立つとしています。
しかし、その後、草を食べる猫の約4分の1しか嘔吐が観察されず、91%の回答者は、植物物質を吸収する前に猫が病気になったとは言わなかった。

代わりに、嘔吐は草を食べることの副産物であり、嘔吐が目的ではないと研究者たちは言う。

植物を食べることは本能的であり、ネコ科動物に進化的利益をもたらします。少なくとも以前は、ノルウェーのベルゲンで開催された国際応用動物学会の年次大会で報告されています。

チンパンジーや他の野生動物の研究に基づいた彼らの理論は、草むしゃむしゃが動物が消化管の筋肉活動を増加させることで動物が腸内寄生虫を追い出すのを助けるというものです。

今日の猫はおそらくこれらの寄生虫をもう持っていません。この戦略はおそらく遠い祖先で最初に進化したと主張しています。
(科学者たちは、草を食べると猫が毛玉を投げるのに役立つという別の一般的な仮定をテストしませんでした。)

猫の飼い主へのチームのアドバイス:ペットが噛むために屋内芝生を購入または栽培します。
これにより、彼らはこの生得的な行動を、無毒の植物生活の安全な源で実行する機会を与えられます。

google翻訳一部割愛
https://www.sciencemag.org/news/2019/08/mystery-solved-why-cats-eat-grass  



【関連記事】
猫が「ニャー」と鳴く意外な理由
IMG_3669



続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/08/07(水) 15:23:33.49 ID:CAP_USER
犬同士が出会ったときに回り込むような動きをする理由とは?
https://gigazine.net/news/20190805-dog-body-language-curving/
2019/8/5 09時00分

ソースに動画、画像多数あり

■■画像略
犬を飼っている人の中には、犬が散歩中にほかの犬に出くわした時に、お互いに弧を描くように歩きながらすれ違う場合があることに気づいた人もいるはず。犬のコミュニケーションやボディランゲージについて研究しているマーサ・ノウルズ氏は、こうした特徴的な動きを、その軌道がバナナのような曲線になることから「バナナ歩き」と呼んでいます。ノウルズ氏によると、犬は単に距離が取りたくて「バナナ歩き」をしているのではなく、そこには特別な意味があるとのことです。

IMG_3600

>Curving - Dog Body Language - Silent Conversations
https://www.silentconversations.com/dog-body-language-curving-silent-conversations/

駅などの人混みでぶつかりそうなほど真っすぐに歩いてくる人がいると話題になったことがありますが、ノウルズ氏によるとこうした行動は犬にも見られるもので、犬にとっては「敵対している」というメッセージだとのこと。これとは逆に、体をしならせてカーブしながら接近するバナナ歩きは犬にとっては「丁寧なあいさつ」を意味しています。

犬同士が出会ってバナナ歩きをした後、そのまますれ違うこともあれば、お互いのにおいを嗅いでさらに親密な関係を築くこともあります。また、バナナ歩きは犬と人間との間にも有効だとのことで、犬を怖がらせずに近づきたい場合は緩やかでもいいのでカーブしつつ接近するといいとのこと。

以下のムービーを見ると、犬が「バナナ歩き」をどう思っているかが一発でわかります。
■■動画略

ムービーは4分割されていて、左上は犬の頭上から見た映像、右上は犬の様子、左下は犬の正面から見た映像、右下は犬の心拍数です。 
IMG_3606

■■画像略
ムービーがスタートし、犬の正面から黒い服を着た男性が登場。心拍数は79になりました。成犬の1分間の」心拍数は小型犬で60~80回、大型犬で40~50回が正常だとのことで、ムービーの犬は中型犬にもかかわらず小型犬並の心拍数になっており、かなりドキドキしていることがうかがえます。
■■画像略
男性がおもむろに移動を開始すると、犬はその様子をじっと見つめますが、男性が大きくカーブしつつ移動しているためか、心拍数は74に低下しました。
■■画像略
その後、犬と男性がすれ違った瞬間に心拍数は最低値をマーク。犬からするとホッとした瞬間ということかもしれません。
■■画像略
ノウルズ氏はバナナ歩きのほかにも、犬のさまざまなしぐさや表情からうかがえるメッセージを紹介しています。

◆鯨の目
■■画像略
上目遣いをしたり、横目で見たりして白目が大きく見えるような目つきは特に「鯨の目」と呼ばれており、「不安や恐怖感」を表しているのだそうです。
IMG_3601

◆目を細める
■■画像略
犬にとって、真っすぐに見つめることは明確な敵意の表明にあたります。これとは逆に目を細めたり、目をそらしたりする行為は「敵意がない」ことや「安心している」ことを意味しています。また、ゆっくりとまばたきをする場合もあるとのこと。いずれにせよ、なんらかの方法で直視を避けることは好意やリラックスの表れだといえます。
IMG_3602

◆凝視
■■画像略
上記のとおり、まっすぐ見ることは敵意を表していますが、さらに一歩踏み込んで凝視している場合は、警告や脅しの意味合いを含んでいます。さらに、唇をめくり上がらせて牙を見せたり、体を硬直させたりしている時は、状況次第ではかみつくなどの攻撃に発展することもあり得ます。
IMG_3603

◆前足を上げる
■■画像略
前足を上げているか、または踏み出しあぐねているようなポーズは迷いや不安を表しています。
IMG_3604

◆口元をなめる
■■画像略
犬が無意識に口元をなめるのには自分を落ち着かせるはたらきがあるとのことで、これにより居心地の悪さや若干の不快感をおぼえていることが分かります。
IMG_3605

GIGAZINE
https://gigazine.net/




【関連記事】
「犬の性格は飼い主に似る」は本当だった 1681匹のイヌとその飼い主を調査、最新研究
IMG_3612



続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/01(木) 02:59:07.60 ID:b4JUbPEk9
https://www.bbc.com/japanese/49174356

クジラがトドを丸飲みに… 米カリフォルニアで撮影
2019年07月31日

米カリフォルニア州のモントレー湾で、クジラがトドを「丸飲み」にした瞬間を、地元の野生動物カメラマンがとらえた。

IMG_3515

海洋学者でもあるチェイス・デッカーさん(27)は7月22日、ホエール・ウォッチングのために船で沖に出ていた。

デッカーさんはBBCのラジオ番組の取材で、「3頭のザトウクジラと、200頭くらいのトドしかいなく、そんなに大きな群れではありませんでした」と語った。

クジラとトドは海面でイワシの群れを食べていたが、1頭のクジラは予想よりも少し大きなものを口に入れてしまったようだ。
「食事の様子を眺めていたら、この一生に一度の出来事が起きた。まだ自分の目が信じられません」とデッカーさんは話した。

デッカーさんは、トドがこの後、クジラの口の中から泳いで出て行ったと「100%の確信がある」と言う。

ザトウクジラには歯がなく、「ひげ」と呼ばれる板状の器官で食べ物をこして食べている。トドのような生物は食べ物にはならない。

デッカーさんによると、クジラが食べ物を取り込む時間は通常、5秒未満だが、この時クジラは15秒以上かけて口を開けたままゆっくりと海中に潜っていったため、トドが泳いで逃げ出す余裕は十分にあったという。

「クジラはトドを口に入れたまま口を閉じなかったから、トドもけがはしていないはず。とても怖かっただろうけど、傷は負っていないことは確かです」

クジラやトド、イルカ、サメといった海の捕食動物は、同じ魚の群れを一緒に狩るように進化してきたとデッカーさんは説明する。ふつうクジラの口の中に入るのは小魚ばかりで、捕食動物が飲まれるのはとてもまれな事例ではないかと指摘した。
(リンク先に続きあり)



【関連記事】
クジラに呑み込まれた男性、口の中から逃げ出して助かる
http://doubutsunet.com/archives/15944558.html
IMG_3520

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/08/02(金) 01:23:53.78 ID:FMozajXj9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00010002-nknatiogeo-sctch
※リンク先に動画あり

 ハンドウイルカの母親は子煩悩だ。授乳し、守り、一緒に遊びながら、長いときは6年もかけて育てる。
このほど、野生のイルカがクジラの子どもを育てるという、知られている限り初の例が、最新の研究で明らかになった。
観察結果は6月25日付けで学術誌「Ethology」オンライン版に報告された。

FullSizeRender

 2014年、仏領ポリネシア沿岸海域で、ハンドウイルカの母親が、見慣れない姿をした幼いオスを世話しているのを研究者たちが発見。
母親自身の子と思われるイルカも一緒だった。
ハンドウイルカなら口吻がほっそりしているが、生後1カ月とみられる謎の子どもは口吻が短く、鋭くもなかった。
やがて、みなしごの正体はゴンドウクジラの仲間、カズハゴンドウだと科学者たちが特定。
種も属も別の動物だった。

「こんなまれな現象を目撃できて、本当に興奮しました」。
研究結果をまとめた論文の筆頭著者、パメラ・カーゾン氏はそう話す。
カーゾン氏は仏領ポリネシア、ティピュタに本部を置くポリネシア海洋哺乳類研究会(GEMM)に所属している。

 野生動物が血のつながらない子どもを育てることは珍しく、あってもたいていは同じ種で、血縁的に近い関係で起こる。
ほかに、属も種も違う孤児の世話をするのが学術的に記録されたのは、オマキザルの集団がマーモセットの赤ちゃんを世話していた2006年の例しかない。
この事例を観察したブラジル、サンパウロ大学の霊長類学者、パトリシア・イザー氏は、「絶句するほど驚きました」と振り返る。
イザー氏は今回の研究に関わっていないが、
「動物の世界での『養子』を世話する行為に、科学者たちは関心を寄せています。かつては人間独自の行動だと考えられていたからです」と話している。

■先にいた「姉」を押しのける行動も
 カーゾン氏らのチームは、2種から成るイルカの一家を陸上や船上、水中で写真や映像に収めた。
調査は、約30頭のハンドウイルカの群れを対象に2009年から行われた長期研究の一環だった。

 当初、この母親にはすでに赤ちゃんがいた。
だが、そこへ現れた独りきりの幼いカズハゴンドウは、新しい母親のもとをほとんど離れずについてまわり、3頭が一緒に泳ぐ姿が
頻繁に目撃されるようになった。普通、イルカの母親は1度に1頭だけを子育てするため、異例の光景だった。
一家の様子は、微笑ましいときばかりではなかった。
カズハゴンドウは、「姉」を母親のお腹の下の定位置から押しのける行動を何度も見せた。

 カズハゴンドウは、ハンドウイルカの親子に加わる努力をしただけでなく、この親子が属している群れになじむ方法も見出した。
「カズハゴンドウは、ハンドウイルカたちとまったく同じように振る舞っていました」と、カーゾン氏は話す。
例えば、ハンドウイルカの子どもたちと決まって行動を共にし、彼らの大好きな遊びにまで加わって、波の中で泳いだり、波に飛び込んだりしていた。

■献身的な母親
 ハンドウイルカのメスは、争いの際に別種の子どもを短期間「さらう」ことがある。
だが今回、養子となったカズハゴンドウの積極性と、母親の献身ぶりを見ると、決してさらってきたのではないことがわかる。
今回の場合、母親はずいぶん長い期間をこの孤児とともに過ごした。
2頭が一緒にいる様子は3年近くにわたって目撃され、カズハゴンドウが離乳したと思われる2018年4月ごろに姿が見られなくなった。
母親の実の子が1歳半で姿を消したあとも、2頭の関係はずっと続いた。

 ハンドウイルカのメスは、カズハゴンドウに授乳しているのも2回確認されている。
これは、母イルカがかなり労力をつぎ込んでカズハゴンドウを育てていたことを示すと、スウェーデン、ルンド大学の行動生態学者で、
今回の研究には関わっていないカースティ・マクラウド氏は話す。
「哺乳類にとって、母乳を作り出すのはかなりのコストがかかります。とても貴重な資源なのです」

※続きはソースで




【関連記事】
1500頭のイルカがザトウクジラにつきまとう
IMG_3513

続きを読む

↑このページのトップヘ