動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 動物学

1: しじみ ★ 2018/11/26(月) 13:57:24.50 ID:CAP_USER
■「将来の見返り」を計算した行動の証明についに成功

新たな研究により、チスイコウモリのメスは将来において自分の生存に有利になるように仲間に血を分け与えていることが明らかになった。チスイコウモリは我々が考える以上に洗練された社会生活を送っているようだ。この結果は11月18日付の科学誌「英国王立協会紀要B」で発表された。

 今回の発見は、南北アメリカ大陸の熱帯地方原産で、しばしば嫌われ者とされるコウモリに新たな光を投げかけることになった。ナミチスイコウモリ(Desmodus rotundus)は動物の血液だけを餌にしているが、吸う量は少なく、獲物を殺すことはない。彼らの体には驚異的な武器が備わっていて、マムシのように獲物の体温を感知でき、驚くほど上手に走ったりジャンプし、そして、食事から30分以内に獲物から摂取した血液の水分の半分を尿として排泄できる。(参考記事:「コウモリはなぜ空中で反転して止まれるのか」)

 チスイコウモリは固く団結した社会に暮らし、血縁関係のない複数のメスたちが群れを作る。おそらく、子ども(と自分たち)の体を温め、捕食者から身を守るためだ。ふつうのコウモリが生後1カ月ほどで独り立ちするのに対し、チスイコウモリの子育て期間は9カ月と長い。

 それだけではない。チスイコウモリのメスは、不運にも獲物にありつけなかった仲間のために吐き戻した血を分け与える。これは緊急事態に対処する保険契約のようなものだ。チスイコウモリは2晩続けて食事ができないと餓死してしまうからである。

 この現象は、自分があとで助けてもらうために相手を助けておく「相互利他」行動の古典的な例である。1980年代に米メリーランド大学の生物学者ジェラルド・ウィルキンソン氏によって最初に報告されて以来、科学者たちの興味を引いてきた。

 残念ながら、ウィルキンソン氏が報告した当時に、今日のような高性能モニターはなかった。そこで数年前、ウィルキンソン氏の学生だったジェラルド・カーター氏が新しい装置を使ってもう一度この行動を調べることにした。

■3年計画

 現在はパナマのスミソニアン熱帯研究所に所属しているカーター氏は、動物園と協力して、コウモリ保護機関(米国ミシガン州)で、血縁関係がある個体とない個体とを混ぜた数十匹のナミチスイコウモリの飼育集団を作った。そして、赤外線ビデオカメラを持ってコウモリの檻の下の方にうずくまり、その行動を3年にわたり観察した。

 カーター氏は、どのコウモリがほかのコウモリに血を分け与えることが多いかを記録した。

 この行動を誘発するため、カーター氏は個々のコウモリ(オスもメスも)に24時間エサを与えずにおいて群れに戻し、どのコウモリがお腹をすかせた仲間に吐き戻した血を分け与えるかを観察した。

 実験を何百回も繰り返したカーター氏は、ほかのメスに血を分け与えたことのあるメスは、血を与えたことのない自己中心的なメスに比べて、自分が腹を空かせているときに多くの血を分けてもらえることに気がついた。また、一部のコウモリは、以前自分に血を分けてくれなかったコウモリに血を分け与えることを拒んだ。この行動は、ウィルキンソン氏のかつての「しっぺ返し」の分析と一致している。

 けれどもカーター氏は、多くのコウモリでは、ふだんは血を分けてくれる相手がたまたま空腹で吐き戻しをくれなくても、関係に悪影響が出ないことにも気がついた。

 実際、空腹のため仲間に吐き戻しをしてやれなかったコウモリは、食事ができるようになると、ふだん以上に仲間に血を与えるようになった。「自分自身も困っていて助けてあげられなかった友人に対して、特別気前よくなるようなものです」とカーター氏。

 つまり、チスイコウモリのメスは、困ったときに誰を頼ればよいかを常に意識していて、関係が悪くなりそうになると積極的に修復しようとするのだ。

 今回の論文の共同執筆者となったウィルキンソン氏は、「血を分け与える行動は1回かぎりのものではなく、長期にわたる社会的相互作用なのです」と説明する。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/112000331/ph_thumb.jpg
恐怖! 吸血コウモリの食事 https://youtu.be/Y02hG2ChYWQ



ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/112000331/

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/11/14(水) 12:48:54.02 ID:CAP_USER
■動画
ゴキブリバチを蹴るゴキブリ(スロー) https://youtu.be/I9lliRoCpBs



米国は今、アメフトシーズンの真っ最中だ。ファンの皆さんはきっと、プレースキックやパント、フィールドゴールなど、力強いキックの場面を堪能していることだろう。

 ここで紹介するのはアメフト選手ではなく、敵を一蹴するスゴ技を持つ動物たちだ。まずは、その脚力に命がかかっていると言っても過言ではないゴキブリである。彼らは強烈なキックで身を守っていることが、最近になって明らかになった。

■生き残りを賭けた攻防
 ゴキブリは嫌われがちな生き物だが、彼らがエメラルドゴキブリバチにさらわれるところを目にしたら、誰もが同情するに違いない。

 ゴキブリバチは、2度ゴキブリを刺し、毒を注入する。1度目は胸の下のほうを刺し、前脚を一時的に麻痺させる。2度目は脳を刺し、ゴキブリを従順な「ゾンビ」に仕立て、触角を引っ張りながら誘導する。

ゴキブリバチの「毒針にはセンサーがあって、脳を見つけられるようになっています」と、米バンダービルト大学の神経生物学者、ケネス・カタニア氏がメールで語ってくれた。(参考記事:「ゴキブリをゾンビ化する寄生バチの毒を特定」)

 ゴキブリバチは真新しい「ゴキブリゾンビ」を穴へと導き、卵を1つ産み付けていく。その後、墓場に閉じ込められたゴキブリは、生きたまま幼虫に食べられ死を迎える。

 しかし、ゴキブリは決して闘いを放棄しているわけではないことを、学術誌「Brain, Behavior and Evolution」上でカタニア氏が明らかにした。論文は10月31日付けでオンラインに発表された。

 ゴキブリの最初の一手は「高立ち」だ。体の片側を高くし、ゴキブリバチから身を離すように角度を付けて、次に繰り出す技に備える。その技とは、とげのついた後ろ脚でゴキブリバチの頭に食らわせる、素早いキックだ。時に、連打することもある。

 ゴキブリバチは飛んで逃げればよいのでは、と思うかもしれない。だが、「ゴキブリのキックは、めちゃくちゃ速いんです」とカタニア氏は話す。「一度キックが始まったら、逃れるのはおそらく無理だと思います」

ゴキブリが次にとるのは、逃避行動だ。なるべくゴキブリバチから体を遠ざけ、とげのついた脚でかくようにしてゴキブリバチを体から離す。脚をまっすぐに伸ばしてそれ以上ゴキブリバチが近づけないよう防御し、腹に噛みつく。(参考記事:「魚を食べるカマキリを発見、科学者も驚く視覚」)

 カタニア氏の調査チームが観察した55の「闘い」のうち、護身をしたゴキブリの成虫がゴキブリバチから逃げることができた比率は63%だった。これは、ゴキブリバチと同じ空間に3分間入れられて、一度も刺されなかったということだ。一方、身を守らなかったゴキブリの生存率は、わずか14%だった。

 教訓。敵を蹴り飛ばすことを躊躇してはならない。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/111300492/

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/11/11(日) 20:46:04.66 ID:7RfwCJMm01111
https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201610_post_11160/

キリンの交尾、9割はオス同士!? 獣医が明かした動物たちの同性愛事情

人はなぜ同性愛者になるのだろうか? そのメカニズムはまだ解明されていない。だが自然界に目を向ければ、動物の同性愛行動は広く確認されている。今回は、
オス同士による恋が70パーセントを超えるというデータもある「キリン」をメインに、動物界の同性愛事情について見てみよう。

獣医の北澤先生によると、「キリンのオス同士は、メスをめぐって激しいケンカをします。
長い首をムチのようにしならせながら激しく振り、相手にガンガンぶつけます。ですが、
その戦いに決着がつかないと、そのオス同士がイチャイチャしはじめるのです。
その同性愛行為は口づけを交わしたり、お互いに首をやさしく舐め合ったりとなかなか濃厚。最終的には、メスと行うような交尾体制になることもあるのです!」とのこと。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2018/11/10(土) 13:17:35.93 ID:f3sg0v2A0● BE:538181134-PLT(16931)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
アルパカ同士が首を叩き付けあうという非常に激しい喧嘩をしている動画がTwitterに投稿され話題になっている。

Twitterは11月3日に投稿され既に2万7000リツイートされ拡散中。喧嘩の原因はわからないが、
餌の取り合い、機嫌が悪かった、ただのじゃれ合いなどなど考えられる理由はいくつもある。

周りのアルパカはぼーぜんと立っておりその喧嘩を見守っている。

喧嘩が終わると飼育員が喧嘩した2頭のアルパカを叱っているシーンも撮影されそちらの写真も絶賛拡散中。

喧嘩を再開したいんだけど飼育員に怒られてしまうため、再開することが出来ない2頭。
もしかしたらこれって喧嘩ではなく、遊んでいただけなのかもしれない。

https://livernet.jp/a/168
https://livernet.jp/wp-content/uploads/2018/11/01-3.jpg
https://livernet.jp/wp-content/uploads/2018/11/02-2.jpg

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/11/07(水) 14:08:40.39 ID:CAP_USER9
「感動」の声、「野生守れ」批判も

■動画
Fallen Bear Cub Climbs Back to Mama|| ViralHog https://youtu.be/DjYH7D3sWFg



 ロシア極東マガダン州で6月19日、雪で覆われた山の斜面を1頭の子グマが懸命に這い上がろうとする姿が撮影され、SNSで公開されたところ2千万回以上視聴され「感動した」「勇気をもらった」などとする世界中のユーザーの反響が相次いだ。一方で、撮影がドローンを使って行われたことから「野生動物の撮影のルールを守るべき」などとする批判の意見も寄せられた。英大衆紙デーリー・メール(電子版)などが6日までに伝えた。

 映像では斜面に母グマと小グマが現れ、最初に母親が這い上がり山頂に到達。小グマは母親についていこうとするが何度も斜面を滑り落ち、そのたびに再び這い上がろうとする姿が写されている。母親が心配そうに見守る中、一度は山頂近くまで達し、母親が前足を差し出すが失敗。子グマははるか下方の岩肌が現れている場所まで落ちてしまう。

 しかし、子グマは諦めずに再びチャレンジ。最終的に山頂に到達し母グマとともに走り去るところでビデオは終わっている。映像は11月2日に「Viral Hog」というユーチューブのチャンネルにアップされ、3日にはカナダ王立地理協会のメンバーでもあるテレビ司会者が「子グマから学んだこと。上を見て、諦めないこと」とのコメントともにツイッターに投稿したところ反響が殺到。50万以上の「いいね」がつき、18万回近くリツイートされた。

「この子グマは諦めなかった。私もこの心意気で1週間を始めたい」など、大部分が好意的なコメントだったものの中には「ドローンを猛きん類と間違え、必死で逃げ出しただけでは」「かわいそうな子グマ。クマを驚かせるような行為はやめるべきだ」と非難する意見も。映像をアップしたテレビ司会者も「これは不適切なドローン使用の一例でもある」と、映像から野生動物保護の教訓もくんでほしいと訴えた

https://nordot-res.cloudinary.com/t_size_l/ch/images/432355254484337761/origin_1.jpg

47NEWS
https://this.kiji.is/432356422325748833

続きを読む

↑このページのトップヘ