動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 研究

1: 2021/04/20(火) 20:45:13.65
──女王アリとして生殖能力を高めるために脳の一部を犠牲にする、ユニークなアリの生態が判明した......
 脳の大きさを変化させるめずらしい生態が今回明らかになったのは、インドクワガタアリと呼ばれる体長2.5センチほどの大型のアリだ。
大きな眼とまるでクワガタのような大アゴが特徴的で、インドの湿潤な平野部に多く生息している。
体長の4倍ほどの距離をジャンプして獲物を狩ることから、ジャンプアリの別名でも呼ばれる。

FullSizeRender
脳の衰退の前提として、まずはそのユニークな繁殖システムを把握しておきたい。
多くのアリの種では、女王アリとなるべき個体は孵化直後から決まっている。ところがインドクワガタアリの場合、すべてのメスのアリにチャンスがある。
コロニーの大多数のメスが、女王昇格の機会を虎視眈々と狙っている状態だ。
これまで女王だったアリが死亡した時点で、次期女王の座を賭け、メスたちは激しい争奪戦を繰り広げる。
鋭いアゴを相手に突きつけて攻撃し合い、耐えた者だけが勝者となる。多い時でコロニーのメスの7割ほどが闘いに加わり、争いは最長で40日間ほど続く。

最終的に5体から10体ほどの個体が勝ち抜き、産卵能力を有する「ゲーマーゲート」と呼ばれる集団となる。
こうして働きアリから生殖能力を持つ新たな女王が誕生することで、巣の全滅を防ぐしくみとして機能しているのだろう。
アリの種類にもよるが、ナショナル・ジオグラフィック誌は一般的なアリのコロニーであれば、女王アリの死に伴って巣も滅びゆく運命にあると指摘している。

■ 脳を衰退させて卵巣に投資
このようなめずらしい女王制を敷くインドクワガタアリだが、女王に昇格した個体にユニークな変化が起きることがこのほど判明した。
脳の一部を失い、代わりに産卵能力を拡充するのだ。
この不可思議な実態は、ジョージア州立ケネソー大学のクリント・ペニック生物学博士らチームによる研究で明らかになり、
科学機関誌『英国王立協会紀要B:生物科学』上で4月14日に発表された。

働きアリからゲーマーゲートに昇格した個体は、その脳の容積を19%から25%ほど失う。
縮小に伴って働きアリとしての特性を失い、毒液の生成が停止するほか、狩りにも出ず、侵入者の撃退もせず、繁殖行動に専念するようになる。

研究を主導したペニック博士はニューヨーク・タイムズ紙に対し、レーザーを使った画像計測技術により、脳のどの領域が縮小しているのかを割り出したと説明している。
最も衰退していたのは視葉と呼ばれる領域で、これは主に視覚情報を処理する部分だ。
博士は理由について、光の届かない巣のなかで産卵に専念することになるため、視覚信号を処理する必要がなくなるためではないかと述べている。
視葉に加え、認知的タスクに関連する脳の中心部も大きく縮小する。
狩りを行う際には高度な認知能力が求められるが、女王アリの任務には必ずしも重要ではない。
脳はエネルギー的コストを多く要する器官の集まりであるため、不要となった領域を縮小させることは、生命維持にとって合理的な選択となり得る。

脳の一部を縮小させたゲーマーゲートは、代わりに卵巣を体積比で5倍ほどに発達させる。
かつて脳の維持に使われていたエネルギーを転用し、生殖関連の機能の拡充に充てているのではないかと見る専門家もいるようだ。

■ いざとなれば脳の回復も可能
さらに不思議なことに、この変化は可逆的なのだという。
研究チームはさらに分析を進め、ゲーマーゲートの個体が女王として立場を失った場合、脳の体積が回復することを突き止めた。

チーム実験のため、30体ほどのゲーマーゲートをそれぞれの巣から3~4週間ほど隔離した。
すると、すべての個体が3日以内に産卵を行わなくなり、女王役としての機能を停止したことが確認された。
コロニーの他の個体との社会的接触を断たれ、働きアリから餌を運ばれるなど女王役としてのケアも受けなくなったことで、ゲーマーゲートとしての特性を喪失したと見られる。

次に、これらの個体を巣に戻したところ、「取り締まり」と呼ばれるコロニーの自浄機能が確認された。
※略
取り締まりを受けた個体は脳のサイズが再び増加し、働きアリとほぼ同等の大きさまで回復した。
※続きはソースで
関連記事


続きを読む

1: 2021/04/12(月) 11:41:45.16
イギリスの研究チームは、多くのイヌが人間と同じようにいわゆる右利きであるとの調査結果を発表しました。

IMG_8895
リンカーン大学の研究チームは、約1万8000匹のイヌがおやつを取る時にどの脚を使うかを分析しました。

その結果、前脚を使うイヌの8割近くが右を使っていました。

英リンカーン大学、エリサ・フラスネリ博士:「脊椎(せきつい)動物は左脳が右半身を制御します。餌(えさ)を食べるなど
日常的動作の指示は左脳の担当なので、右前脚を使っていると考えるのが妥当です」

右利きの割合は雌の方が若干高いものの、雄は高齢になるほど割合が高くなっていて、どの脚を使えば効率的なのかを学習している可能性があるとしています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000212672.html
関連記事


続きを読む

1: 2021/04/11(日) 07:36:09.52
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041000426

【図解】牛由来の温室効果ガス削減の取り組み
IMG_8892

 農林水産省は牛のげっぷに含まれるメタンガスなど温室効果ガス排出削減の研究を加速させる。牛のげっぷと排せつ物は国内の農林水産分野の温室ガス排出量の3割近くを占める。同省は2021年度、排出削減につながる胃の中の微生物や餌の成分の分析を進める。

 日本の農林水産分野の温室効果ガス排出量は約5000万トン(18年度)。そのうち、牛などのげっぷと排せつ物から出るメタンと一酸化二窒素は約1370万トンと3割弱に上る。同省は3月、50年に農林水産業の二酸化炭素(CO2)排出ゼロを目指すなど、環境に配慮した農業を実現する新戦略を策定。その中で家畜由来の温室ガス削減を明記した。

 牛は胃で餌を消化する際、温室効果がCO2の25倍もあるメタンを発生させ、げっぷで放出する。メタン発生は、四つある胃のうち「第1胃」内の微生物の作用が関係しているとされる。同省はメタン排出が少ない個体と一般的な牛を比較研究し、発生のメカニズムを解析する方針。21年度中に本格的な実証研究の可否を探る。

 餌の成分研究では、乳牛用飼料に不飽和脂肪酸カルシウムを加えると、げっぷ中のメタンを最大約15%減らせることが判明している。21年度にカルシウム添加飼料の支援金を導入し、酪農家の温暖化対策を後押しする。

 排せつ物対策では温室ガス削減につながる栄養バランスを考慮した餌を研究。既に栃木県内の牧場で実証実験を行い、その牛肉を「地球環境に優しい肉」と銘打ち、出荷している。
関連記事


続きを読む

1: 2021/04/08(木) 11:04:01.40 _USER
ライオンでもあくびは伝染する、「集団の強化」がその理由 最新研究

FullSizeRender
■野生のライオンを対象に研究に見る、「うつるあくび」と動物の共同生活の関係

 あくびは、哺乳類をはじめとした脊椎(せきつい)動物で見られる行動だが、この一見単純な現象も分かっていないことが多く、今のところ科学的な説明は十分ではない。

 自然に発生するあくびもあれば、あくびを見たり、聞いたりしたときに出る伝染性のあくびもある。
 自発的なあくびには、頭部への血流を増やす、脳への酸素供給、脳の冷却といった生理機能があるとする研究が多い。
 その結果、あくびをした動物は、特に眠気のあるときに注意力を高められる。

 一方で未解明なのは、伝染性のあくび、つまり哺乳類はなぜ誰かのあくびに反応してあくびをするのか、という問題だ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f44574365c0bb826eb89be0b4985641a00d1b99
関連記事


続きを読む

1: 2021/04/07(水) 11:12:10.64 _USER
最も長寿な生き物はどれ?「不老不死」を手に入れてしまった生物とは

IMG_8733
 「人間50年」も遠い昔となり、現在は「人間80年」時代に入っています。

 それでも100歳まで生きる人は少なく、不老不死も夢のまた夢の話です。

 しかし、この広い地球を見渡してみれば、私たちより遥かに長く生きられる生物はたくさんいます。
 
 それでは、今この星で最も寿命の長い生物は一体何でしょうか。

 また、人類の夢である「不老不死」を叶えた生物はいるのでしょうか。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/86062
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ