動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 昆虫

1: 記憶たどり。 ★ 2019/06/19(水) 14:04:05.38 ID:JJfD8eWh9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00010002-sanyo-sctch

「セミは地上に出てから1週間程度しか生きられない」というのは俗説で、実は1カ月くらい生きていることを、
岡山県立笠岡高サイエンス部の3年植松蒼さんが独自の野外調査で“証明”した。調査の手法と結果を、
5月に広島大で開かれた「中四国地区生物系三学会合同大会」で報告。高校生の部(動物分野)で最優秀賞を受賞した。

IMG_2806

調査手法は、捕まえたセミの羽に油性ペンで番号をマーキングして放し、後日、再捕獲を試みるというもの。
植松さんは2016年の7月中旬から9月中旬にかけて、笠岡市内の住宅地や雑木林など4カ所でほぼ毎日、この調査を繰り返し、
アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミなど計863匹にマーキング。15匹を再捕獲し、4匹を再再捕獲した。

植松さんは「なかなか再捕獲できず、調査の効率は非常に悪かった」と笑うが、調査の結果、アブラゼミ、ツクツクボウシ、
クマゼミの3種で10日以上の生存を確認。最長生存確認記録はアブラゼミが32日間、ツクツクボウシが26日間、クマゼミが15日間だった。

植松さんは小学1年生のころから虫に興味を持ち、セミの鳴く時間帯や、雄と雌の羽化の時期の違いなどについて調べてきたという。
セミの成虫の寿命の調査は「そもそもセミの死骸を夏の間に見かけることが少ないのはなぜか」と“短命説”に疑問を持ったことがきっかけだったという。

合同大会の報告で、日本動物学会の研究者らから高い評価を受け、植松さんは「疑問を解決するために、自ら考えて取り組んだ点が認められたのでは」
と喜んでいた。現在、調査の精度を上げるため、セミの鳴き声の波形を専用ソフトで解析して、個体をそれぞれ把握する手法の確立を目指している。

植松さんは昨年8月、クマバチに寄生する南方系の昆虫「ヒラズゲンセイ」を広島県内で初めて発見。生息域が西に拡大していることを証明している。


広島大で開かれた「生物系三学会合同大会」でセミの寿命に関する研究報告を行い、最優秀賞を受賞した植松さん
IMG_2805


続きを読む

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/06/09(日) 12:18:32.82 ID:TX2keYDp9
テングチョウが原因不明の大発生、秩父地域で話題
多くの成虫が越冬、個体増えたか

 埼玉県秩父地域の国道沿いや山間部などでテングチョウが大発生し、
話題を集めている。

 テングチョウはチョウ目タテハチョウ科テングチョウ亜科に属する
日本唯一のチョウで、成虫の頭部がてんぐの鼻のように前方に突出している
ことが和名の由来。全国に分布しており、チョウ自体は珍しくない。
大発生は西日本を中心に時折確認されている。

 テングチョウは4月ごろに交尾して食樹であるエノキに産卵する。
新成虫は5月末から6月に羽化して活動し、6月末ごろから盛夏にかけて
夏眠に入るため活動が停滞。秋に再び活動が活発化して成虫で越冬する。

 県立自然の博物館外部研究者の野沢雅美さん(68)は「はっきりとした原因は
分からないが、多くの成虫が越冬し、個体が増えたのではないか」と話していた。


株式会社埼玉新聞社(2019/6/9 11:19)
https://this.kiji.is/510255226342327393?c=39546741839462401

秩父地域で大発生しているテングチョウ=6日午前10時15分ごろ、秩父市内
IMG_2699


続きを読む

1: シャチ ★ 2019/06/07(金) 16:12:33.45 ID:7n6bbS4o9
[ロサンゼルス 6日 ロイター] - 米カリフォルニア州南部で今週、何百万ものテントウムシが餌のアリマキを求めて上空を飛んでいるところが、レーダーに巨大な影として捉えられた。当局者らが6日明らかにした。

IMG_2656

米国立気象局(NWS)の専門家アダム・ローザー氏によると、この大群は、ロサンゼルスの東110キロ超にあるヘスペリア市を中心に、130キロ四方に広がっていた。

ライトウッド市の気象観測士が、この影をテントウムシと確認。NWSのサンディエゴ事務所が4日、うねうねと動く巨大な影が写ったレーダー画像をツイッターに投稿すると、1000回以上リツイートされ、「イナゴよりはまし」「アリマキを食べてくれ」といった投稿が寄せられた。

テントウムシは、アリマキやクモダニ、コナカイガラムシなどを捕食するため、園芸関係者にとって益虫。

ローザー氏は「さまざまな人に科学への興味をもってもらえた。とても良いことだ」と述べた。

大群が飛来した原因として、カリフォルニア大学リバーサイド校のリング・カード昆虫学教授は、山岳地帯に大量に広がっていたテントウムシが気温上昇をきっかけに一斉に移動したのではないかとの見方を示した。

6/7(金) 15:59配信 ロイター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000085-reut-n_ame
画像  米カリフォルニア州南部で今週、何百万ものテントウムシが餌のアリマキを求めて上空を飛んでいるところが、レーダーに巨大な影として捉えられた。当局者らが6日明らかにした。米国立気象局(NWS)提供写真(2019年 ロイター)
IMG_2654


続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/06/04(火) 23:14:09.32 ID:JMVvbeKy9
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/060400327/
■感染症が拡大する懸念も、コスタリカの農園で確認、研究
 殺虫剤は蚊を減らすのに失敗しているどころか、天敵を殺してしまうことによって、むしろ蚊を繁栄させているかもしれない。
少なくとも、ある1つの地域についてはそのようだ。
5月16日付けで学術誌「Oecologia」に掲載された論文は、殺虫剤が生態系に与える影響について、新たな問題点を明らかにしている。

FullSizeRender

 調査はコスタリカで実施された。そこに生息する蚊は、害虫駆除を目的とする一般的な薬剤に対して耐性を進化させていた。
一方、蚊の天敵はそうした進化を遂げておらず、結果的に蚊の個体数を急増させてしまった。

 米国ユタ州立大学の生態学者で論文の著者であるエド・ハミル氏は、コスタリカ北部のオレンジ農園で調査をしていたとき、
殺虫剤が必ずしも狙い通りの効果を発揮していないのではないかと感じたという。
「人間の手が入っていないエリアよりも、農園にいるときのほうが蚊に刺されることが多い気がして、なぜなんだろうと疑問に思ったのです」とハミル氏は話す。

 そこで、ハミル氏らの調査チームは、まずブロメリアと呼ばれるグループの植物を調べた。
ブロメリアは米大陸の温暖な地域に見られる植物で、樹木や岩壁などに着生するものがある。
バラの花のようにぎっちりと重なり合った葉の中心に水がたまり、そこにはWyeomyia abebelaという種の蚊を含む、たくさんの昆虫の幼虫がすんでいる。
つまり、蚊の発生場所だ。

 チームは、殺虫剤が使用されていない森の中のブロメリアと、中には20年以上にわたって殺虫剤が散布されているという農園内のブロメリアを調べた。
コスタリカのオレンジ農園では、アブラムシを駆除するためにジメトエートという殺虫剤を使用しているが、この薬剤は他にも多くの種の昆虫を殺す。
米国では、柑橘類やトウモロコシなどの農作物に広く使用されている。

 調査によってわかったのは、殺虫剤が使用されているにもかかわらず、オレンジ農園には手つかずの森に比べて2倍もの蚊がいるということだった。
しかし、蚊の幼虫の天敵であるMecistogaster modestaという種のイトトンボの幼虫は、農園内では著しく少なかった。
調査チームはこれらの蚊とイトトンボの幼虫を実験室に持ち帰り、様々な濃度のジメトエートにさらしてみた。
すると、農園の蚊は、森の蚊に比べて10倍の濃度のジメトエートに耐えられることがわかった。
一方で、農園のイトトンボの幼虫にはそうした耐性はなかった。

耐性を進化させた蚊は、小さな楽園を見つけたと言える。天敵であるイトトンボがいない環境で、幼虫がのびのびと育つことができるのだ。

■蚊の抑制は世界的に難しくなっている
 米国サザンミシシッピ大学の昆虫生態学者ドン・イー氏に言わせれば、この研究結果はさらに大きな図式の一部だということになる。
それは、蚊の抑制が世界的に困難になっているという現実だ。
すでに世界各地で、多くの一般的な殺虫剤に対して蚊が耐性を持つようになっている。特に、危険な病気を媒介する種については懸念が大きい。
なお、氏は今回の研究に関わっていない。

 耐性の進化は殺虫剤がもたらした不都合な結果の1つに過ぎない、とイー氏は言う。
他にも「競合解放」と呼ばれる現象がある。これは、殺虫剤を耐え抜いた数少ない生き残りが、たった1世代で個体数を回復させるというものだ。
「(蚊の)幼虫の密度が下がるので、(残った)幼虫たちは資源をたっぷり利用でき、より大きく成長するのです」とイー氏は説明する。
大きな幼虫は、その後より多くの卵を産み、次の世代を繁栄させることになる。

 耐性を進化させた蚊が、耐性を進化させられなかった天敵を逃れるという、今回ハミル氏らによって明らかにされた現象は、
蚊が媒介する病気の阻止をより困難にする。
ハミル氏によれば、Wyeomyia属の蚊が、近年中南米で蔓延したデング熱のような致死性の病気のウイルスを媒介するかどうかは不明だ。

 しかし、イー氏が指摘するように、そうした病気を媒介する他の種類の蚊にもやはり、イトトンボのような天敵がいる。
殺虫剤がそれらの蚊に逆説的な繁栄をもたらしているのかについては、今後の研究が待たれる。

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/05/28(火) 02:48:16.69 ID:PomUBKTd9
https://www.jacom.or.jp/nouyaku/news/2019/05/190527-38110.php
 森林総合研究所は、菌床シイタケの害虫であるナガマドキノコバエ類の天敵となる寄生バチが、キノコバエの増殖を抑制する
高い効果をもつことを実験的に証明した。

 キノコバエは、シイタケの菌床栽培で大発生し深刻な被害をもたらす害虫。
森林総研は、キノコバエを殺す天敵を探すため、関東地域の生産者の栽培ハウスからキノコバエの幼虫を採集し飼育したところ、
キノコバエではなくハチの成虫が出てくることに気が付いた。

IMG_2490

 これを観察すると、ハチはキノコバエの幼虫をみつけると急いで近寄り、尾端の針を突き刺してキノコバエの幼虫の体内に卵を産みつけた。
さらに、卵からかえったハチの幼虫は、キノコバエの幼虫の体を食べて発育し、ついにはキノコバエの幼虫を殺して成虫となったという。
また、このハチを調べると、ハエヒメバチ亜科に属する新種の寄生バチであることがわかった。

 これを受けて実際に、森林総研の実験用栽培ハウスでキノコバエの幼虫と寄生バチを放してみると、キノコバエの幼虫数が激減。
寄生バチがキノコバエの増殖を抑制する高い効果を持つことが明らかになった。

 森林総研では今後、この寄生バチを実用化する新しいキノコバエ防除法の開発を目指すという。
この研究成果は、今年3月末にBiological Control誌にオンライン公開された。

続きを読む

↑このページのトップヘ