動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 昆虫

1: 2021/04/20(火) 20:45:13.65
──女王アリとして生殖能力を高めるために脳の一部を犠牲にする、ユニークなアリの生態が判明した......
 脳の大きさを変化させるめずらしい生態が今回明らかになったのは、インドクワガタアリと呼ばれる体長2.5センチほどの大型のアリだ。
大きな眼とまるでクワガタのような大アゴが特徴的で、インドの湿潤な平野部に多く生息している。
体長の4倍ほどの距離をジャンプして獲物を狩ることから、ジャンプアリの別名でも呼ばれる。

FullSizeRender
脳の衰退の前提として、まずはそのユニークな繁殖システムを把握しておきたい。
多くのアリの種では、女王アリとなるべき個体は孵化直後から決まっている。ところがインドクワガタアリの場合、すべてのメスのアリにチャンスがある。
コロニーの大多数のメスが、女王昇格の機会を虎視眈々と狙っている状態だ。
これまで女王だったアリが死亡した時点で、次期女王の座を賭け、メスたちは激しい争奪戦を繰り広げる。
鋭いアゴを相手に突きつけて攻撃し合い、耐えた者だけが勝者となる。多い時でコロニーのメスの7割ほどが闘いに加わり、争いは最長で40日間ほど続く。

最終的に5体から10体ほどの個体が勝ち抜き、産卵能力を有する「ゲーマーゲート」と呼ばれる集団となる。
こうして働きアリから生殖能力を持つ新たな女王が誕生することで、巣の全滅を防ぐしくみとして機能しているのだろう。
アリの種類にもよるが、ナショナル・ジオグラフィック誌は一般的なアリのコロニーであれば、女王アリの死に伴って巣も滅びゆく運命にあると指摘している。

■ 脳を衰退させて卵巣に投資
このようなめずらしい女王制を敷くインドクワガタアリだが、女王に昇格した個体にユニークな変化が起きることがこのほど判明した。
脳の一部を失い、代わりに産卵能力を拡充するのだ。
この不可思議な実態は、ジョージア州立ケネソー大学のクリント・ペニック生物学博士らチームによる研究で明らかになり、
科学機関誌『英国王立協会紀要B:生物科学』上で4月14日に発表された。

働きアリからゲーマーゲートに昇格した個体は、その脳の容積を19%から25%ほど失う。
縮小に伴って働きアリとしての特性を失い、毒液の生成が停止するほか、狩りにも出ず、侵入者の撃退もせず、繁殖行動に専念するようになる。

研究を主導したペニック博士はニューヨーク・タイムズ紙に対し、レーザーを使った画像計測技術により、脳のどの領域が縮小しているのかを割り出したと説明している。
最も衰退していたのは視葉と呼ばれる領域で、これは主に視覚情報を処理する部分だ。
博士は理由について、光の届かない巣のなかで産卵に専念することになるため、視覚信号を処理する必要がなくなるためではないかと述べている。
視葉に加え、認知的タスクに関連する脳の中心部も大きく縮小する。
狩りを行う際には高度な認知能力が求められるが、女王アリの任務には必ずしも重要ではない。
脳はエネルギー的コストを多く要する器官の集まりであるため、不要となった領域を縮小させることは、生命維持にとって合理的な選択となり得る。

脳の一部を縮小させたゲーマーゲートは、代わりに卵巣を体積比で5倍ほどに発達させる。
かつて脳の維持に使われていたエネルギーを転用し、生殖関連の機能の拡充に充てているのではないかと見る専門家もいるようだ。

■ いざとなれば脳の回復も可能
さらに不思議なことに、この変化は可逆的なのだという。
研究チームはさらに分析を進め、ゲーマーゲートの個体が女王として立場を失った場合、脳の体積が回復することを突き止めた。

チーム実験のため、30体ほどのゲーマーゲートをそれぞれの巣から3~4週間ほど隔離した。
すると、すべての個体が3日以内に産卵を行わなくなり、女王役としての機能を停止したことが確認された。
コロニーの他の個体との社会的接触を断たれ、働きアリから餌を運ばれるなど女王役としてのケアも受けなくなったことで、ゲーマーゲートとしての特性を喪失したと見られる。

次に、これらの個体を巣に戻したところ、「取り締まり」と呼ばれるコロニーの自浄機能が確認された。
※略
取り締まりを受けた個体は脳のサイズが再び増加し、働きアリとほぼ同等の大きさまで回復した。
※続きはソースで
関連記事


続きを読む

1: 2021/03/23(火) 22:03:20.50
イースタン・ニュー・メキシコ大学の昆虫学の教授Darren Pollock博士と、オーストラリア国立大学の博士課程のYun Hsiao氏は、新種の昆虫3種類を発見した。2人はこれらの昆虫へ、伝説の鳥ポケモンの名前をつけることにした。学名はそれぞれ「Binburrum articuno」、「Binburrum moltres 」、「Binburrum zapdos 」。強力な力を持ち希少なポケモンであるフリーザー(articuno)、ファイヤー(moltres)、サンダー(zapdos)の英語名にちなんでいる。

IMG_8725
しかし、なぜ伝説ポケモンの名前をつけたのだろうか。見つけた新種の名前を選ぶことは簡単ではないとPollock氏は言う。ほかの種と、違ったものにしなければいけないのだ。確実な方法は、今まで誰も考え付いたことがない名前を付けることだ。そこでYun氏は3種の昆虫が希少であることから、伝説の鳥ポケモンの名前を提案したのだという。もちろん、Yun氏は『ポケットモンスター』シリーズのファンであり、昔はポケモントレーナーになりたかったというのも名付けた理由のひとつだ。

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20210322-155512/
関連記事


続きを読む

1: 2021/03/31(水) 11:25:12.85 ● BE:512899213-PLT(27000)
 2019年後半以降、サバクトビバッタの大群がアフリカ北東部の「アフリカの角」を覆い尽くし、農作物や牧草地を食い荒らしてきた。その対策として、バッタを追跡して退治するための驚くべき大規模な作戦が開始された。
 国連食糧農業機関(FAO)が主導する東アフリカ8カ国での殺虫剤の散布活動の結果、最悪の事態は今までのところ回避されている。FAOの推計では、この作戦のおかげで2020年にはアフリカの角およびアラビア半島南部のイエメンに住む2800万人分の食料と牧草地が守られた。

IMG_8677
 しかし作戦が進展する一方で、環境にもたらす影響はまだわかっていない。対策にあたる関係者たちは、植物や昆虫、野生動物、人間に害を及ぼすことなく害虫を駆除するという難しいバランスを模索してきた。ケニア北部は、花粉や蜜を集めるハナバチ類の多様性で世界に知られており、農業関係者や保護活動家たちはハナバチが被害を受けることを懸念している。

 これまでに230万リットルの化学殺虫剤が190万ヘクタールに散布され、FAOによれば費用は1億9500万ドル(約213億円)にのぼる。散布は2021年も継続される予定だ。

IMG_8678
 今回の作戦が環境にもたらす被害についてはまだ評価が不十分だが、殺虫剤の影響については数十年にわたるデータが積み重なっている。効果を発揮する害虫の種類が幅広い殺虫剤は、バッタだけでなくハナバチやその他の昆虫まで殺してしまう。また、水系にも浸出し、人体にも悪影響を及ぼす恐れがある。

以下ソースをご覧下さい
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/032600150/
関連記事


続きを読む

1: 2021/02/14(日) 17:04:49.07 _USER
生物初! オスとメスが「ハネを食べ合う」行動を日本の森林ゴキブリで発見

IMG_7888
 何かと嫌われがちなゴキブリに、生物界初の行動が発見されました。

 九州大学大学院の研究によると、東南アジアに分布する「クチキゴキブリ」は、交尾の際にオスとメスが互いの翅(はね)を食べ合うというのです。

 一方が他方を食べる「性的共食い」や、オスがメスに贈り物をする「婚姻贈呈」などの行動は知られていますが、両性が「互いに食べ合う」のは初めてのこと。
 
 本研究は、行動生態学に新たな分野をひらく貴重な発見となります。

 研究は、1月25日付けで『Ethology』に掲載されました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/82894
関連記事


続きを読む

1: 2021/02/13(土) 17:02:11.41 _USER
トンボは「死んだ状態でも」背面飛びから姿勢を安定化できると判明

IMG_7857
 あらゆる飛翔生物の中でもトンボは、優れて安定した飛行能力を持ちます。

 空中でのホバリングはもちろん、後退移動や宙返りもお手の物です。

 その一方で、バランスを崩した状態から姿勢を戻す方法についてはあまり知られていません。

 しかし、インペリアル・カレッジ・ロンドンの最新研究により、トンボは、意識がなくとも姿勢を修正できる飛行メカニズムを取り入れていることが判明しました。

 驚くことに、死んだ状態でも逆さまから姿勢を戻せるようです。

IMG_7859
 研究は、2月10日付けで『Proceedings of the Royal Society B』に掲載されています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/82822
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ