動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 昆虫

1: みつを ★ 2019/10/17(木) 18:00:45.20 ID:zCcZGcZk9
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/42095


クモの知られざる生態を紹介 「賢さと行動の複雑さが魅力」京都女子大教授が本出版

FullSizeRender

 クモは自分で張った網の糸を食べてリサイクルし、子どもは糸を使って空を飛ぶ。クモの知られざる生態を紹介する「クモのイト」を、京都女子大教授で動物行動学が専門の中田兼介さん(51)が出版した。「面白い生きものなのに嫌われがち。賢さと行動の複雑さが魅力のクモに興味を持ってもらえれば」と話す。

 京都大大学院で博士号を取得後、大学でアリの研究を続けていた中田さんがクモに魅了されたのは20代の終わり。大学の植物園を散歩中、美しい網の真ん中に座った小さなクモを目にしたのがきっかけだった。
 調べてみると、クモの世界は驚きに満ちていた。待ち伏せして獲物を得るため、入念に準備し、消耗を抑えながら備える。網はほこりや乾燥で劣化するため毎日張り替えるが、多くのクモがタンパク質の網の糸を自ら食べてリサイクルする。エサをたくさん捕まえた翌日は、前日よりも大きな網を張る。子育て中に母親の寿命が尽きかけると、自分の体を栄養として役立ててもらうため、子グモの前に身を投げ出す。子グモたちは競争を避けるため、腹から糸を出して、たこのように風に乗り、いろんな場所に散らばっていく。

FullSizeRender

 「驚くことばかりで、興味は尽きません」。クモは現在4万8千種類ほどが確認されているが、未発見を含めると12万種と推測する研究もあり、未知なる部分が圧倒的に多いという。

 本には、生殖前にメスに食べられないように求愛するオスの作戦、網の張る手順、クモの糸を使って服を作ろうとする人間の野望など、クモにまつわる盛りだくさんのエピソードが紹介されている。

FullSizeRender

 中田さんは、反響を呼んだ「図解 なんかへんな生きもの」の監修も務めた。「クモが生きていく上での論理を紹介していますが、どの生きものにもそれぞれの倫理がある。人間とは違う視点で世界を見るきっかけになればうれしい」と話す。1980円、ミシマ社刊。



【関連記事】
巣の糸の張力で自らを「発射」 クモの捕食行動を解明 米研究
IMG_4918



続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2019/10/17(木) 13:34:57.84 ID:27GJP+699
◆ 強毒のヒアリ、国内で初定着か 東京港青海ふ頭、拡散の恐れも

南米原産で強い毒を持つ特定外来生物のヒアリが東京港青海ふ頭で定着した可能性が極めて高いとの分析を、国の防除に携わる国立環境研究所がまとめたことが16日、分かった。
国内の他の発見例と異なり、巣の中で成長したとみられる繁殖可能な女王アリが50匹以上見つかり、既に別の場所に拡散した恐れがあるとしている。
定着が確定すれば初の事例となる。

同研究所生態リスク評価・対策研究室の五箇公一室長は、ヒアリは人間が刺されれば最悪の場合は死に至り、農作物などにも被害を及ぼすと指摘。
「既に拡散している最悪のケースを想定し、範囲を広げて早急に徹底調査すべきだ」と話した。

東京港青海ふ頭で見つかったヒアリ(自然環境研究センター提供)
IMG_4912
 

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019101601002446.html



【関連記事】
「強毒ヒアリ」まだ脅威 あれから2年…いまや1万匹
IMG_4913



続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/10/12(土) 08:01:58.62 ID:CAP_USER

ツバキの葉に生息しているチャドクガの幼虫(kagonma/stock.adobe.com)
IMG_4829

 今年は「チャドクガ」の当たり年のようです。「ガ」というよりその幼虫の「毛虫」が、タチが悪いのです。「茶の毒蛾」の言葉の通り、お茶の木だけでなく、同じツバキ科の植物に大発生します。体長が2センチほどの幼虫は集団生活し、ツバキやサザンカの葉に毛虫が群がっていたら、それは間違いなくチャドクガです。

 人を刺すのはおよそ50万本ある微細な「毒針毛」と呼ばれる細かいトゲです。毒針毛に触れると、しばらくして手のひらほどの範囲に赤い小さな発疹ができ、強い痒(かゆ)みがあります。発疹は数日でいったん消失するのですが、またしばらく経って、アレルギー反応がおこり、今度は体中にじんましんのような発疹が出ることもあります。

 発熱や目まいを生ずることもあり、1カ月以上症状が続くこともあるので、非常に厄介です。チャドクガは羽化して蛾になっても毒針毛を持っているため、毛虫に触れた覚えが無いのに、という患者さんが多いことも特徴です。

 さらに厄介なことに、この毛虫は年に2回、5~6月ごろと、9~10月ごろに大発生します。もし刺された場合は、決してこすったりかいたりせず、患部にセロテープを貼って剥がして、できるだけ毒針毛を取り除きます。そのあと流水でよく洗い流して、抗ヒスタミン剤かステロイド剤の軟膏を塗って下さい。もちろん、皮膚科の受診も忘れずに。

 私の家でも大量発生したことがあって園芸屋さんに来ていただいたのですが、数メートル離れたところから殺虫剤をふりかけて終わり。庭中に毒針毛が飛散しているため、雨が毛虫の死骸を洗い流してくれるまでは庭に出ないようにと、プロでさえ近付きたがらない毛虫。皆さんもよくよく注意して下さい。

https://maidonanews.jp/article/12786804



【関連記事】
危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ
IMG_4830

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/10/10(木) 06:44:09.14 ID:CAP_USER
ヒアリが日本で猛威を振るっているという報道があったことはもちろん、外来種が多い日本では度々「日本やばい」という話が聞こえてきます。

しかし、日本は外来種が根付きづらい昆虫王国。日本にいる昆虫は最強と謳われる種もいるなど、まさに昆虫にとっての修羅の国。そこで、ここでは最強と名高い日本の昆虫についてご紹介します!

ヒアリの侵入で流行ったハッシュタグ
日本で警戒されている外来種の中でも、特に話題になっているのがヒアリですよね。ヒアリは生命力と繁殖力が非常に強く、噛まれると激痛が走ることで知られています。海外でもヒアリの脅威は周知の事実となっており、ヒアリの被害に怯えている人も多いです。

2017年7月頃に流行
日本にもヒアリの猛威が広がり、2017年頃には一気にその脅威について知られるようになりました。テレビや新聞、ネットニュースなどによって知った人も多いですよね。そんな中、7月頃に急激に流行したSNSのハッシュタグがあります。

ヒアリなんかに負けない!#というかジャパニーズ昆虫どいつもこいつもやたらめったら強い

ヒアリ被害を懸念する日本に対して、ある意味皮肉を込められて付けられたこちらのハッシュタグ。

「ヒアリなんかに負けない!♯というかジャパニーズ昆虫どいつもこいつもやたらめったら強い」

この興味を引かれる一文は多くのSNSでシェアされ、瞬く間にトレンドのハッシュタグとなりました。事実、日本の昆虫の中にはヒアリとは比べ物にならないほど凶悪なモンスターがいるのです。

危険度MAXオオスズメバチ
IMG_4816

日本人でも毎年のように死者が出ている極悪モンスターと言えば、オオスズメバチです。大人も子供も関係なく、数か所刺されるだけで死に至ることもある怖ろしい昆虫。昆虫界のギャング。

キラービー退治の逸話
日本のハチの中で毒性も攻撃性も最強と言われ、刺されると意識を飛ばされる人もいます。針から注入される毒はアミン類に属する猛毒であり、マンダラトキシンという神経毒でもあります。刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こす可能性が高く、そのままショック状態で命を落とすということも珍しくありません。

また、顎の力が尋常ではなく、敵もバリバリと噛み砕いてしまいます。強靭な顎で噛みつかれれば、人間であっても我慢できるものではありません。

その強さを見込んで、アメリカで猛威を振るっているキラービー駆除のためにオオスズメバチを利用する話がありましたが、オオスズメバチの方が危険すぎるという判断がされ、その話はなくなってしまったのだそうです。

因みにキラービーは、非常に攻撃性の高いミツバチで、アメリカでは襲われた人間が死亡する例が何度も発生しており、その危険性が危惧されている危険生物なのです!そんなモンスターよりも危険と判断されたオオスズメバチは間違いなくハチ界では最強の昆虫でしょう!

オオスズメバチも捕食するオニヤンマ
FullSizeRender

日本の昆虫の中には、凶暴なオオスズメバチさえも捕食対象としている昆虫がいます。それが子供なら誰もが一度は捕まえてみたいと思うオニヤンマです。まさに昆虫界の鬼。

オオスズメバチを空中で捕食
オニヤンマはトンボの中では大きな体格をしているのですが、その瞬発力は昆虫界屈指。空中での高速移動はもちろん方向転換もお手の物。

その機動性を活かしてオオスズメバチさえも捕食するほどです。一度捕まったら強靭な手足と顎によって噛み砕かれ、スズメバチも餌食となってしまいます。 

オニヤンマは自分から人間を襲うことが少ないため、凶暴さで言えばオオスズメバチに軍配が上がります。ただ、そんなオオスズメバチと互角以上に立ち回る姿は、まさに最強と言っても過言ではありません。 

ジャパニーズNINJAシオヤアブ 
IMG_4818


あまり凶悪なモンスターという雰囲気のない昆虫、それがアブですよね。しかし、そんなアブの中でも暗殺者として知られるのがシオヤアブです。その姿は昆虫界のアサシン。 

隠密行動で確実に仕留めるアサシン 
他の昆虫が羽音を大きく鳴らしながら移動するのに対し、シオヤアブは隠密行動に優れています。ひっそりと行動しながら獲物に近づき、そのまま仕留めるというまさに忍者の如き素早さ。 

捕食対象も多岐に渡るため、実はシオヤアブを恐れている昆虫も数知れず。いつ襲ってくるかわからないというのは、昆虫たちにとっても脅威でしかありません。上記のオオスズメバチやオニヤンマも捕食することがあり昆虫界最強クラスの昆虫です。 

昆虫ハンターオオカマキリ 
FullSizeRender

強靭な腕で獲物を捕食する姿は、時に凛々しく時に恐ろしい。そんな昆虫として子供たちの間でも人気なのがオオカマキリです。昆虫界でもハンターとして恐れられ、時に派手な大立ち回りを仕掛けることも。 

攻撃性・瞬発性は最強クラス 
オオカマキリの武器と言えば、他の昆虫にはない鎌状の腕にあります。この腕は伸縮性に優れており、肉眼では見えないほどの早さで他の昆虫を捕食します。 

瞬間的な瞬発性だけで見れば、かなり凶悪ですね。しかも最悪なのはその凶暴性にあります。昆虫の中でも好戦的な性格をしていて、攻撃性もかなり高いです。違う種類の昆虫が近づいてくるだけで攻撃するなど、昆虫界でも有名な問題児。 

ただ、上記の3種とは違い、自ら獲物を捕らえに行くことはほぼなく、根気強く待ち伏せをします。数少ないチャンスをものにするため、目の前の獲物に対しての反応はピカイチ!迂闊に近づいた昆虫を確実に仕留める攻撃力は抜群! 

とにかく硬い!クロカタゾウムシ 
IMG_4821

日本の八重山諸島に生息するの固有種。黒光りしたボディを持つクロカタゾウムシです。世界で最も硬い虫と言われています。 

靴で踏んでもへっちゃら 
クロカタゾウムシはとにかく硬い!靴で踏まれても意に介さず、鳥類などに捕食された場合も硬すぎてそのままの状態でフンと一緒に排泄されるそうです。耐久性だけなら他のどんな虫にも負けない硬度を誇っています。 

あまりに硬いので天敵も皆無、昆虫標本にする際に一番太い針が貫通できないほど硬いので、最早動く小石です。攻撃性はあまりないですが、その強靭な肉体もあって他の昆虫に襲われることもそこまで多くありません。防御性だけなら間違いなく最強! 

世界最速昆虫ギンヤンマ
FullSizeRender

ギンヤンマも昆虫界では恐れられています。異名は昆虫界のスピード狂。世界最速の昆虫として知られ、通常のスピードでは時速15km~25mほどですが、最高速度では時速70km~100kmにもなる個体もいるのだとか……もう高速道路を走る車と同じ。 

言うなれば昆虫界の弾丸。そのスピードを超えて捕食できる昆虫も数えるほどしかいません。スピード性ならギンヤンマに敵う昆虫はいないと言っても良いです。 

まとめ 
日本には強い虫がたくさんいるため、外来種の昆虫が猛威を振るったとしても大繁殖することは少ないかもしれません。捕食対象にもよるので一概には言えませんが、まさに日本は昆虫にとっての群雄割拠。 

魚は外来種の脅威が騒がれることも多いですが、虫の話はあまり聞きません。それはある意味で日本に住む昆虫が外来種を食べてしまうからなのかもしれませんね。 

https://fundo.jp/272176



【関連記事】
昆虫種の「壊滅的崩壊」が地球規模で進行中
http://doubutsunet.com/archives/15219566.html
IMG_4827



続きを読む

1: しじみ ★ 2019/10/06(日) 23:01:04.85 ID:D4fzqkte9
■強くしなやかで抗菌、巧妙なわな、飛行、水中生活、そして求愛にも活躍

IMG_4719

クモの糸は、地球上で最も用途が広い素材の1つだ。タンパク質でできていて、移動の手段にも、隠れ場所にも、求愛の道具にも、獲物を捕らえる独創的なわなにもなる。

 数種類の糸を作り出せるクモもいる。例えば、よくある円形の巣には、少なくとも4種類の糸が使われているとみられ、それぞれ強度、柔軟性、粘着性などが異なる。

 これほど多目的な素材を手に入れたクモは、驚くほど多様な巣を発達させてきた。ただし、「クモの巣」とは言うものの、本質的には獲物をとるためのわなだ。英語でウェブというとおり、「網」と呼ぶほうがふさわしい。落ちてくる獲物を受け止める水平なシート状の網もあれば、飛んでくる獲物を待ち構える垂直な格子形の網もある。クロゴケグモは複雑で厄介な網を作るし、じょうご形やランプシェード形の網は、時に立体的な彫刻に似ている。カラカラグモ科のクモは、近くの獲物目がけて、投石器さながらに自分自身と円錐状の網を発射できる。一方、メダマグモは自分で作った網を投げて獲物を素早く捕まえる。

 オーストラリアのセアカゴケグモは、糸が複雑に絡まった網を作る。そして端がガムのようにねばつく糸を地面に向かって真っすぐ伸ばす。アリやコオロギがこの糸に触れると、即座に糸に絡めとられる。なすすべのない虫は空中に釣り上げられ、セアカゴケグモが食べる気になるまで放置される。

「クモの中には、紫外線反射が小さく、しかも半透明の糸を出すものがいます。そのため、昆虫の目には見えないのです」。進化生物学者で『クモはなぜ糸をつくるのか? 糸と進化し続けた四億年』の共著者であるキャサリン・クレイグ氏はこう話す。

 それとは対照的に、紫外線を反射し、一定の角度では青く見えるクモの糸もある。また熱帯のジョロウグモの仲間には、日光が当たると液体の金に浸したように光り輝く糸を出すものもいる。カロテノイドという黄色い色素が糸に混じっているせいだ


 網作りをすっかり放棄してしまったのはナゲナワグモだ。賢い彼らはフェロモンに似た物質で近くのガを誘うと、粘着質の重い糸をこん棒のように空中で振り回して一撃を加える。ワシグモ科は、獲物に向かってスパイダーマンのように糸を放つ。

 しかも、網を作らない種は決して例外ではない。

 科学界に知られている5万種近いクモのうち、全く網を張らない種は多数派だとクレイグ氏は言う。だが、網を張らないクモも糸は出す。クモの糸の使い方は多種多様で、思わずからめとられそうになるぐらい魅力的だ

IMG_4718

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/091700536/



【関連記事】
巣の糸の張力で自らを「発射」 クモの捕食行動を解明 米研究
IMG_4720



続きを読む

↑このページのトップヘ