動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 両生類

1: しじみ ★ 2018/12/10(月) 14:10:29.46 ID:CAP_USER
■「ヒョウウナギ」と呼ばれた未確認生物、米国の濁った水中に生息

米国フロリダ州やアラバマ州の沼にヒョウ柄のウナギのような生物がいるという噂は、何十年も前からあった。大きさは成人男性の腕ほどもあり、灰色の皮膚はキラキラしていて、顔の両横にひらひらしたエラがあるという。

 ただし、ネッシーのようなUMA(未確認動物)と違って、この生物は実在した。今回、科学者はこの生物をレティキュレイティッド・サイレン(学名:Siren reticulata、網目模様のあるサイレンの意)と名付け、12月5日付け科学誌「PLOS ONE」に論文を発表した。

 米ジョージア・ウミガメセンターの野生生物生態学者で、論文の共著者であるデビッド・スティーン氏は、「噂の正体は、この不思議な動物でした」と語る。それまで人々は、この動物を「ヒョウウナギ」と呼んでいた。どう見てもウナギではないし、もちろんヒョウでもないのだが。

 サイレン類は両生類の有尾目に属し、今回発見された新種の体長は60cmにもなる。有尾目のほかのグループとは異なり、サイレンは進化の過程で後肢を失った。サイレンは体外に突出したエラで、生息地の沼の濁った水から酸素を取り込んでいる。まぶたはなく、歯の代わりに角質の小さなくちばしがある。

 新種のサイレンは、この100年あまりの間に米国で新種として記載された生物の中では最大のものの1つだ。フロリダ北西部の池や水路で、新種記載に十分な数の標本を探すのにおよそ5年もかかった。

 サイレン類は一生を水中で過ごすうえ、濁った水を好むため、観察は非常に難しい。昆虫や軟体動物を食べているようだが、それ以外のことはほとんどわからない。「既知のサイレン類との大きな違いは、網目模様の黒っぽい皮膚です」とスティーン氏は言う。「また、ほかのサイレン類よりも頭部の割合が小さいようです」

■自分の時間と自分の資金で

 スティーン氏が仕掛けた罠に最初のレティキュレイティッド・サイレンがかかったのは2009年のこと。科学者がこのサイレンを捕獲したのは、1970年代に博物館用の標本が採集されて以来、これが初めてだった。

 この生物を初めて手に取ったスティーン氏は「しばし呆然としていました」と言う。

 スティーン氏と、論文の筆頭著者であるショーン・グレアム氏は、ともに米オーバーン大学の博士課程学生だった頃、数年をかけて各地でこの生物を探しまわった。当時、サイレン類は4種が記載されていたが、いくつかの文献に、この4種のいずれとも違う斑点模様のあるサイレンが少なくとも1種生息していることを示唆する注釈があったという。

 謎の有尾類を探すための研究助成金は獲得できなかったため、2人は余暇に身銭を切って探すしかなかった。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/120700250/ph_thumb.jpg
IMG_9437


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/120700250/

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/11/27(火) 19:41:51.85 ID:CAP_USER
https://wired.jp/wp-content/uploads/2018/09/frogeggs-610447644-768x576.jpg

PHOTO: CHRIS2766/GETTY IMAGES

ルイージ・カタクジーノは細く長い針を構え、カエルの卵と向き合った。顕微鏡を通して卵を覗き込みながらノブを回し、ナノメートル単位で針を近づける。そして、やわらかくて小さな卵の表面に慎重に穴を開けると、小型のコンデンサーにつないだ。この奇妙な実験は、生物の細胞からエネルギーを抽出し、極小の電子機器を作動させるというものだ。

カエルの卵は、ひとつの細胞である。「すべての細胞は、一つひとつが電池のようなものです」と、カタクジーノは言う。細胞は、ナトリウムイオンやカリウムイオンなどの電解質を膜の内外でやりとりすることで、電荷を蓄積し、移動させている。

「細胞のエネルギーは、普段は通常の生理機能のために利用されます。ニューロンがシグナルを伝達したり、筋肉が収縮したりといったことです」と、カタクジーノは説明する。

細胞はリチウム電池とは違って、自ら再充電する。これには、食べたものから得られる化学エネルギーが用いられる。筋トレのあとに飲むスポーツドリンクは、あなたの全身にある細胞で微小電流を維持するうえで役立つのだ。

体内で自律活動するロボットが実現?
イタリアのペルージャ大学に籍を置くカタクジーノの研究チームは最近、カエルの卵から“盗電”してコンデンサーを充電し、蓄積された電気エネルギーを使って無線信号を送ることに成功した。要するに、卵を使って極小サイズのトランシーヴァーを稼働させたのだ。この結果は、いまのところ査読中だが、プレプリント論文アーカイヴサイト「arXiv」で公開されている。

この技術の究極的な目標は、患者の体内で活動し、外部電源に頼ることなく体内で再充電が可能な顕微鏡スケールのロボットや医療機器を設計することにある。カタクジーノによる「卵充電」の原理を応用すれば、静脈に埋め込んで血糖値を測定するセンサーや、消化管内の撮影と投薬を同時に行える次世代内視鏡をつくり出せるかもしれない。こうしたデヴァイスは、定期的に患者自身の細胞から給電されることになる。

「生物の体内で自律的に活動するマイクロマシンをつくるための新たな道が開かれたのです」と、カタクジーノと共同研究を行うペルージャ大学の物理学者、ルカ・ガマイトーニは言う。

日常的に使われる電気製品のスケールで考えると、細胞ひとつがつくる電力はごくわずかだ。この研究で、ひとつの卵から取得できた電力は1.1ナノワット。LED1個を点灯させるには、1,000万個の卵が必要な計算になる。

カエルの卵を使ってコンデンサーを約13分間充電すると、蓄積されるエネルギーは16ナノアンペア時相当になる。単3電池1本分のエネルギーを貯めるには、1億個以上の卵が必要だ。

医療用センサーの稼働には十分
しかし、このスペックについて「ワイヤレス・センシングに利用するなら悪くないですね」と、ユタ大学の機械工学者であるシャッド・ラウンディは語る(今回の研究には参加していない)。13分おきに無線シグナルを送るだけなら、それほど電力は必要ない。送信したあとは別の細胞からコンデンサーを再充電し、次の送信に備えればいいのだ。

続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ [JP] 2018/11/12(月) 20:31:41.16 ID:CAP_USER9
2018年11月11日 21:27
 国内外来種という概念がある。日本国内の(同様の問題は日本以外でもあろうが、ここでは日本に絞って話を進める)特定の地域にいない生物を、人間が別の地域に持ち込むことを言う。その一種に、本州から北海道に移入されたカエルの一種、
アズマヒキガエルがいる。このアズマヒキガエルには強い毒があり、北海道の在来のカエルであるエゾアカガエルや、あるいはエゾサンショウウオの仲間などを死なせてしまうことで問題になっていると、北海道大学が報告している。

 北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの岸田治准教授と北海道大学大学院環境科学院のEvangelia Kazila修士課程修了生が、アズマヒキガエルの幼生を食べたエゾアカガエルとエゾサンショウウオが高確率で中毒死することを明らかにしたのである。

 日本が孤立性の高い列島国家であるという事情もあるだろうが、外来種というと普通国外からやってきた生き物であるというイメージがある。実際、マスメディアなどで大きく取り上げられたセアカゴケグモ、ヒアリなどみなこの類である。

 だが考えてみれば日本国内全部に同じ生き物が同じように暮らしていたはずもあるまいし、日本国内同士での生物の侵略的外来の方がずっと頻度や影響の範囲は大きいものと考えられる。ただ、これまで日本の国内外来種の脅威について取り扱った研究はほとんど存在していなかった。

 さて、アズマヒキガエルは春に山間や川沿いの池に産卵し、オタマジャクシとしての期間をそこで過ごす。北海道においてはそのような環境はエゾサンショウウオやエゾアカガエルがもともと暮らしていたエリアである。その三者関係について、この三種の生物のサンプルを取り、水槽で行ったのが今回の研究である。

 実験の結果、ヒキガエルが1匹捕食されることによってエゾサンショウウオは平均0.4匹死に、エゾアカガエルは約2.0匹死んだ。当然、野生でもこの影響関係はこれに近い物があると考えられ、ここに国内外来種の脅威がひとつ実証されたのだ。

 なお、研究の詳細はFreshwater Biology誌に掲載されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る)
https://www.zaikei.co.jp/sp/article/20181111/477111.html

続きを読む

1: 動物園 ★ 2018/07/31(火) 11:12:17.50 ID:CAP_USER9
2018年07月31日

静岡県河津町の体感型カエル館「KawaZoo(カワズー)」がオープンを前に30日、
報道関係者などに公開された。120種以上を飼育・展示した国内最大のカエル専門動物園で、
8月1日から正式オープンする。 【時事通信社】(2018-07-31)

https://airportnews.jp/gpnews/587217/

KawaZoo
http://kawazoo.jp/

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/07/28(土) 10:48:06.37 ID:CAP_USER9
皮膚が透明のアマガエル2匹が三重県の鳥羽水族館で展示されている。突然変異による色素の異常が原因で、内臓の影などで黒っぽく見える。
まぶたも透明なため「目がくりっと大きく、かわいらしい」という。

 アマガエルの皮膚は一番上に黄色、その下に青色の色素胞という細胞があり、緑色に見える。
今回展示しているカエルは、青色の色素胞がなく、黄色が薄いこともあって透けているように見える。

 2匹とも体長2センチ程度。今月8、9日に同県松阪市で見つかり同館に寄せられた。皮膚が透明なカエルが同館に入るのはこれで4度目。
担当者は「もしかしたら、みなさんの周りにもいるかも」。

http://prt.iza.ne.jp/kiji/life/images/180728/lif18072809270005-p1.jpg

産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/180728/wst1807280022-n1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ