動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category:

1: お姉チャンバラ ★ 2020/01/21(火) 15:38:13.48 ID:5obL6tzW9
「これってなんて魚ですか?」

海に囲まれた日本で魚は身近な存在だが、あまり見たことがない魚の画像がTwitterに投稿され、話題となっている。

それがこちらだ。
IMG_7535

目玉が大きく、光の加減もあるかもしれないが、色は銀と淡い青でどこか不気味さを感じさせる。背中と腹でデザインが違うのも特徴的だ。

ボトル缶コーヒーとの比較写真であまり大きくない魚だと分かるが、確かに見た目はインパクトがあり、あまり見たことがない。

Twitterに投稿したのは、都内でサメの標本を作っている学生の「sakuya」(@sakuya_DomasH)さん。sakuyaさんの知り合いの漁師が、1月12日に東京・神津島沖で金目鯛漁をしていたところ、仕掛けに偶然かかった。大きさは10センチほどだったという。

この魚に対して、Twitterでは「目がでかいせいで、ガチで怖い」や「絵に書いたような魚」などの驚きの声が上がり、4万超のいいねが付いている。(1月20日時点)

では、サメの標本を作る「sakuya」さんが「これってなんて魚ですか?」と聞くほどの、レアな魚の正体は何なのか? 深海魚に詳しい高知大学理工学部生物科学科の遠藤広光教授にお話を伺った。

■ 水深100~350メートルに生息する「ホシホウネンエソ」という魚

ーーズバリ、この魚の名前と特徴は?

ホシホウネンエソ(ワニトカゲギス目ムネエソ科ムネエソ亜科)です。ムネエソ亜科の仲間は、体が極めて扁平で体の高さが高く、背側が黒く、側面と腹側が銀色で、頭部と体の下方に多数の発光器(生物が発光を行う器官のひとつ)を備え、口は上付きで、眼が大きく、上方を見上げやすいように位置しています。最大で全長10センチ程度になります。

ーーこの魚は深海魚? どのくらいの深海にいる?

水深100メートルから350メートルの陸棚斜面の中深層域に生息します。

ーー珍しい魚?

珍しくないです。

ーー生息地域は?

日本では東北以南の太平洋岸沖、西部から中央太平洋の亜熱帯から温帯域に分布しています。

ーーどのあたりにどのくらいの数、分布している?

個体数の密度はわかりません。分布水深は上記の通りです。

■ 食べられるかどうかも聞いてみた

ーー体の背中と腹でデザインが違うのは意味がある?

意味があります。
ホシホウネンエソが生息している中深層は薄暗く、隠れる場所がないので、敵に見つかりにくくするために、このような模様になったと思われます。

ーー何を食べている?

小型の甲殻類(カイアシ類)を主に食べていると思います。

ーー深海魚は陸に上がると水圧の変化で破裂してしまうと聞くが、今回そうなっていないのはなぜ?

正確には深海魚が急に浮上すると、水圧の変化で浮き袋が膨らんで内臓が口から飛び出す現象のことだと思います。今回の魚に関してはデータが少なく、あくまで推測の域を出ませんが、針にかかって、魚が死んだ時に浮き袋内に気体がほとんどなかったのだろうと思います。

ーーこの魚は食べることはできる?

毒は無いと思うので、食べることは可能でしょう。ただ、食べたことはありません。

ーーこの魚を狙って捕まえることは困難?

困難と思います。

ーーこの魚をみてどう思った?

状態が良い標本と思いました。

謎の魚の正体は深海に生息する「ホシホウネンエソ」だった。初めて見たという人も多いと思うが、専門家曰く珍しくない魚ということではあった。そして、ちょっと不気味な見た目も、敵から身を守るということであれば納得だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010003-fnnprimev-life


【関連記事】
【ロシア】漁師がトロール船の網で深海から引き上げた可愛らしい生物たちの写真を紹介
IMG_7536


続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/01/15(水) 09:09:48.37 ID:rFddYivf9
→アフリカ中部を流れるコンゴ川の下流域では、瀕死か死んだ状態でしか見つからない魚が頻繁に目撃される
→コンゴ下流域は、調査の結果、水深200mを誇る世界最深の川であることが判明し、魚の死因にも関連していた

アフリカ大陸のど真ん中を流れ、大西洋に至るコンゴ川は、長さ4700kmを誇る世界有数の巨大河川です。

10年以上つづく調査により、コンゴ川に不思議な場所が存在することが分かっています。
IMG_7232

大西洋にほど近いコンゴ下流域では、川魚の多くが瀕死か死んだ状態でしか発見されません。

この謎を解明する中で、コンゴ下流域は、世界で一番深い川であることが判明しました。しかも、瀕死の原因はこの深さにこそあったのです。
5005

この研究は2019年12月に開催されたアメリカ地球物理学連合の学会で発表されました。

■死因は「減圧症」だった?

アメリカ自然史博物館の魚類学専門家メラニー・スティアシー氏と研究チームは、大西洋近くのコンゴ下流域を約322kmにわたり調査しました。

コンゴ下流は、中流域から高度が一気に下がるため、激流ポイントが多いことで知られます。この場所の深さを熟練したカヤック乗りに協力してもらい調べた結果、水深は200mを超えており、世界で最も深い川であることが判明しました。

さらに、下流域では300種以上の魚が発見されていますが、不可思議な点は、瀕死か死骸でしか発見されない魚がいることです。

しかも、この魚たちは、上流や中流に生息する川魚とは違い、独自の進化ルートにあると予測できます。その内の1種の「Lamprologus lethops」(上記画像)は、盲目で色素がなく、洞窟に生息する魚に近似しています。しかし、近くに洞窟はありません。

スティアシー氏は、これについて「コンゴ下流の激流が、水中に障壁を作ることで同地の魚たちを孤立させ、新種を生み出している」と推測します。

また、かろうじて生きている魚を観察すると、皮下やエラで泡が形成される様子が発見されました。これは「減圧症」の兆候を示しています。減圧症とは、減圧に伴い体内にあるガスが、血管内や体組織内に作られて生じる障害です。

これを放っておくと、虚血状態に陥り、死に至ります。

調査データは、コンゴ下流に強い水流サイクルが存在することを示しており、川底から水面に向かって水流が激しく上昇するポイントがあります。

つまり、深部に生息する魚がこの上昇流に飲み込まれると、急激な圧力低下を引き起こし、減圧症にかかるというわけです。

コンゴ下流は、世界最深の川であると同時に、生物にとって過酷な環境なのです。

https://nazology.net/archives/50449


【関連記事】
淡水貝が謎の大量死、欧米で相次ぎ発覚、原因不明「淡水性二枚貝の黙示録」と研究者
IMG_7234


続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/21(土) 16:49:02.73 ID:o4uxpmVo9
JR西日本の沿線で、電車と野生動物の衝突事故が増えている。滋賀県を含む京阪神近郊エリアと福知山支社管内では今秋、発生件数が前年を25%上回り、列車遅延をたびたび引き起こしている。
事故原因で圧倒的に多いのはシカ。
要因については、鉄分を補給するために線路をなめにくる生態や、どんぐり不作の影響などが挙がっているものの、はっきりしないのが実情だ。

IMG_6657

IMG_6658

11月2日、JR湖西線和邇-蓬莱間で、金沢発大阪行きの特急サンダーバードがシカとみられる動物と接触した。
この電車は、前夜に福井県内で発生した別の電車とイノシシの接触事故の影響で既に運行が遅れていたこともあり、大阪駅着は当初予定から約10時間半遅れとなった。
これは、JR西日本の管内で起きた動物との衝突事故のほんの一例だ。
同社近畿統括本部によると、アーバンネットワークと呼ばれる京阪神地域では今年9~11月、電車と動物の衝突事故が119件と前年同期に比べて33・7%増えた。
北近畿エリアを管轄する福知山支社の管内でも、同期間に前年同期比23・3%増の328件に上った。 

IMG_6659

衝突する動物の大半を占めるのはニホンジカだ。まず、個体数そのものが増加している。
狩猟者の減少などさまざまな要因で1990年代以降に急増し、環境省の調査による推定個体数は2017年度末に全国で244万頭と30年前の8倍に達した。
また、生存に必要な鉄分を線路のレールから摂取しているという「ミネラル補給説」もある。
建材や防護柵などを製造する日鉄建材(東京)は約10年前、鉄道会社がシカの侵入に悩まされていることを知り、新規事業でシカ対策の研究を始めた。
電車とシカの接触が多い地点でその生態を観察したり、鉄分を配合したブロック状の塊をシカに与える実験を行うなどした結果、シカは鉄分を補うためにレールをなめにくるという結論に達した。 

IMG_6661

成果を踏まえ、同社は鉄分と塩分を混ぜた誘鹿(ゆうろく)材「ユクル」を商品化。JR東海やJR西日本などが導入し、「シカとの衝突を減らす効果を上げている」(同社鉄道商品営業室)という。
ただ、それではなぜ今秋に衝突事故が増えたのかの説明がつかない。
今年ならではの背景として、シカの主食の一つであるどんぐりの凶作が影響した可能性も指摘されている。
京都府が丹波地域と丹後地域でブナ科のどんぐりのつき具合を調べたところ、今年は凶作だった。
ツキノワグマが人里で目撃される事例も増えており、府農村振興課は「推測だが、秋になってシカの衝突事故が増えたのであれば、同じ理由かもしれない」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-00199639-kyt-l26


【関連記事】
シカの列車事故減らすには 仲間が鳴き、犬がほえると…「ピャッ」+「キャンキャン」
FullSizeRender



続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2019/11/24(日) 22:57:23.60 ID:punguIq79
火星に昆虫らしき生命の痕跡が存在する。
米国オハイオ大学の研究者ウィリアム・ロモザー教授が火星表面の映像資料の分析からこうした結論を導き出した。
「サイエンス・アラート」誌が報じた。

ロモザー教授によれば、火星の動物相は多様で、地球に非常に似ているという。
また、同教授によれば、火星の「昆虫」は足と羽をもち、移動と飛行が可能だという。

こうした根拠として、ロモザー教授は、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査車による火星表面の拡大写真を示している。
同教授は、まるで昆虫と爬虫類のような構造と形をした対象物を写真で示した。

IMG_6245
IMG_6246

ロモザー教授は、この発見は今後時間と共にさまざまに解釈されるおそれがあるが、しかし、自分の証拠は説得力があると考えている。
しかし、「サイエンス・アラート」誌は、ロモザー教授は、画像の中で偶然的な細かな影の中に見覚えある画像を目にした時に人々が陥るありふれた錯覚に惑わされていると強調する。

■ 火星虫

数十年におよぶ研究においても、現在の科学では火星上の生命の痕跡を公式に発見できていない。
とはいえ、さまざまな兆候は、火星に生命が存在した可能性や現在も存在しているということを示している。

IMG_6247

https://jp.sputniknews.com/science/201911236861187/


【関連記事】
探査機の事故で月面に大量のクマムシがバラまかれたかも…最強生物は月面でも生存できる?
IMG_6248



続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/10/28(月) 11:29:20.82 ID:CAP_USER

https://gigazine.net/news/20191026-why-no-three-legs-animal/

事故や戦闘などで足を失ったケースや先天的な奇形を除いて、3本足の生物は自然界ではほとんど見られません。なぜ3本足の生物が存在しないのか、カリフォルニア大学デービス校で地球惑星科学を専攻しているトレイシー・トムソンさんが考察を述べています。

IMG_5779

Three‐Legged Locomotion and the Constraints on Limb Number: Why Tripeds Don’t Have a Leg to Stand On - Thomson - 2019 - BioEssays - Wiley Online Library
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/bies.201900061

Why Not Three Legs? - Egghead
https://egghead.ucdavis.edu/2019/10/01/why-not-three-legs/

トムソンさんがまず指摘するのは、「3本足を持つ生物は見られないが、2本の足ともう1つの部位(尻尾など)の3点で休息する生物は多い」という点です。この指摘の例が、ミーアキャットやキツツキ。ミーアキャットは2本の足と尻尾を使って直立して休憩します。
IMG_5780

キツツキもまた、2本の足と尾羽を使って木につかまります。
IMG_5781

トムソンさんによると、樹上性の動物の多くは手足以外で体を支えるために尻尾を使用しており、3肢運動をしているといえるとのこと。その中でも、特にオウムは3つめの支えとして「くちばし」を使用するそうで、トムソンさんはオウムを「ほとんど3本足」と表現しています。
IMG_5782

3点で立つメリットは、体を安定させやすいということ。2本の足で直立し続けるには、バランスを取るための大きな足と、体を安定させるための足の筋力が必要です。

一方で、3本足には「歩けない」というデメリットも存在します。カンガルーは巨大な尻尾を有する生物ですが、その尻尾の大きさゆえに歩くことができません。カンガルーは尻尾を使って、飛び跳ねて移動します。
IMG_5783

一部の動物は尾やくちばしを使って3肢運動をしているわけですが、それでも自然界には3本足の生物がほとんど存在しません。その理由についてトムソンさんは、「遺伝が原因」と語り、「ほとんど全ての動物は左右対称です。進化によって足やひれなどを持つようになる以前の段階から、生命には『左右対称になる』という遺伝子が埋め込まれている可能性があります。そして、左右対称という特性がひとたび定着した後は、ほとんど変化がなかったのだと思います」と述べました。

トムソンさんは今回の考察について、「進化を1つのプロセスとして理解するためには、まず『進化によって起こりえること』と『進化によって起こりえないこと』を理解することが必要です。今回の考察は、『起こりえなかったこと』に関する洞察を深めるのに役立ちます」とコメントしています。



【関連記事】
「どんな動物でも一生の心拍数8億回」の謎
IMG_5784



続きを読む

↑このページのトップヘ