動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 新種

1: しじみ ★ 2019/02/05(火) 21:13:37.89 ID:CAP_USER
【2月5日 AFP】
アルゼンチンのパタゴニア(Patagonia)で、1億4000万年前に生息していた、背中にとげが並んだ新種の草食恐竜の骨格が見つかった。英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。

 Bajadasaurus pronuspinaxと名付けられたこの恐竜は、ディクラエオサウルス科(dicraeosauridae)に属し、背中のとげで捕食者を追い払っていたという。

 とげの並んだ首の部分を復元した模型が、ブエノスアイレスの科学館に展示されている。

 アルゼンチン科学技術研究委員会(CONICET)とマイモニデス大学(Maimonides University)で研究助手を務めるパブロ・ガリーナ(Pablo Gallina)氏は、「首と背中には、非常に長くて細い、鋭いとげがあったと考えている」と述べ、「とげは、骨がむき出しになっていたか、皮膚で覆われているだけだったとみられる。このため、他の動物から攻撃されれば一撃で砕けてしまったと思われる」と続けた。

 Bajadasaurusは四足歩行で、南米大陸に生息していた。広くは、三畳紀後期から白亜紀後期(約2億3000万年前~7000万年前)に生息していた竜脚下目に属する。骨格はブエノスアイレスから南に約1800キロ離れたネウケン(Neuquen)州で発見された。

 この辺りは、1993年に発見された、知られている肉食恐竜で最も大きいギガノトサウルス(Giganotosaurus carolinii)が生息していた地域でもある。ギガノトサウルスは白亜紀後期に生息していたと考えられており、Bajadasaurusを捕食していた可能性がある。

 CONICETは、Bajadasaurusのとげは体温を調整したり、異性を引き付けるために使われた可能性があると説明している。また、とげの間には肉質のこぶがあった可能性があり、ラクダのこぶと似た役割を果たしていたという。

 CONICETは、「研究によると、この恐竜は主に地上に生えた草を食べて暮らしていた。目は顔の上の方についており、周囲で起こっていることをよく見渡せた」と説明している。(c)AFP

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/c/810x540/img_dc163fd5626c58cdaf71545d0f9f2612132497.jpg 

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2019/01/15(火) 12:05:11.32 ID:Cm42UB5I9
◆手に「武器」のある新種のカエル、敵の皮膚刺す?
 ~南米エクアドルで発見された新種のカエルの手には指のほかにトゲがあった

エクアドルで新種のカエルが見つかった。このカエルは親指の横にトゲがあるのが特徴だ。

エクアドル・カトリック大学の進化生物学者で、今回の研究を率いたサンティアゴ・ロン氏は、トゲで捕食者や同じ種のライバルの皮膚を刺している可能性が高いという。

ちなみに彼らは樹上にすむ。

(写真)新種のカエルHyloscirtus hillisiの成体。カメラに向かって笑いかけているように見える。
https://i.imgur.com/WIT1Fxb.jpg
IMG_0016

「Hyloscirtus hillisi」と名付けられた新種のカエルをロン氏らが発見したのは、アンデス山脈でもペルーとの国境に近いコルディジェラ・デル・コンドルへの2週間の調査でのことだった。

コルディジェラ・デル・コンドルは奥地だが、近年は採掘などの開発が原因で、貴重な生態系が脅威にさらされていると考えられている。

野外生物学を専門とするアレックス・エーチグ氏は、「急斜面を2日歩き、疲れ切った汗まみれの体で、平らな頂上に到達しました。目の前に丈の低い林が広がっていました」と振り返っている。

「カエルは保護色で背景に溶け込んでいたため、見つけるのは大変でした」

ロン氏によれば、かぎ爪に似たこの奇妙なトゲは、このカエルの近縁種にも見られるという。

研究をまとめた論文は学術誌「ZooKeys」に掲載された。

(写真)親指の横に生えた奇妙なかぎ爪。最新の研究によれば、雄と雌の両方にあり、防御に使用している可能性が高いという。
https://i.imgur.com/kKrJ4zP.jpg
IMG_0017

ナショナルジオグラフィックス 2019.01.14
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/011100028/

続きを読む

1: 次郎丸 ★ 2019/01/09(水) 12:48:41.75 ID:Geq57AB+9
石川県ふれあい昆虫館の学芸員、ゲンゴロウ新種発見「種の保全につなげたい」
毎日新聞 2019年1月9日 10時58分
https://mainichi.jp/articles/20190109/k00/00m/040/065000c

https://i.imgur.com/WPi0Ekc.png 
IMG_9989

石川県ふれあい昆虫館の特設コーナーで、新種の標本を手にする渡部晃平さん=石川白山市八幡町で

 石川県ふれあい昆虫館(白山市八幡町)の学芸員、渡部晃平さん(32)が、金沢市内で新種のゲンゴロウ「ニセコウベツブゲンゴロウ」(和名)を発見した。
先月発行された日本甲虫学会の国際誌に論文が掲載され、同館特設コーナーでも生体展示が始まった。渡部さんは「多くの人に名前を知ってもらい、種の保全につなげたい」としている。

※ニセコウベツブゲンゴロウ
IMG_9994


 ニセコウベツブゲンゴロウは体長3・3~3・8ミリほどで、水温が低く薄暗いため池などを好む。
環境省レッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている「コウベツブゲンゴロウ」とよく似ているが、比較すると0.2~0.3ミリほど小さく、背中の斑紋のコントラストがくっきりしており、オスの交尾器の形状も異なるという。

 渡部さんは2015年4月から同館に勤務するかたわら、ライフワークとして県内の水生昆虫の生息状況を調べている。今回の新種は16年3月、金沢市曲子原町のため池で採取。当初はコウベツブゲンゴロウだと思っていたという。
17年12月末に自宅で標本の整理をしていたところ、体長や模様のわずかな差異に気づき「怪しい。新種かもしれない」と調べ始めた。
全国の愛好家や研究施設に協力を仰ぎ、東北や四国、九州などで採取された411匹のコウベツブゲンゴロウを確認すると、このうち188匹が新種と判明した。

 渡部さんは16年には別の新種「チュウガタマルケシゲンゴロウ」を発見。学芸員による新種発見は珍しく、渡部さんは「日常業務は忙しいけれど、ちゃんと見ていれば気づくものなんだとうれしかった」と頬を緩める。

※チュウガタマルケシゲンゴロウ
IMG_9992


 全国各地の研究者が今回の新種の調査を始めており、渡部さんの元にも標本の鑑定依頼や問い合わせが相次ぐ。
渡部さんは「コウベツブゲンゴロウと同等の希少性はあるはず。研究が進み、一刻も早く環境省や都道府県のレッドデータブックに載せてほしい」と話している。

続きを読む

1: クロ ★ 2018/12/14(金) 13:14:26.89 ID:CAP_USER9
FullSizeRender

 政府が米軍普天間飛行場の移設のために約160ヘクタールを埋め立てようとしている名護市辺野古・大浦湾の海には、多種多様なサンゴや国の天然記念物のジュゴンなどの絶滅危惧種を含む多様な生物が生息している。土砂の投入によって豊かな自然環境が失われ、生態系に大きな影響を及ぼすことが懸念される。

 沖縄本島東海岸にある辺野古沿岸部は、これまで周囲で大規模な開発もなく、手つかずの自然が残る。現場海域での防衛省の調査では、5806種の生物が確認され、うち262種が絶滅危惧種だった。新種の発見も相次いでいる。県によると、生物の種類は世界自然遺産に登録された屋久島(鹿児島県、約4600種)や小笠原諸島(東京都、約4400種)よりも多い。

 既に護岸で囲われた米軍キャンプ・シュワブ南側の海域は水深の浅いリーフ(サンゴ礁)で、沖縄本島周辺で最大規模の海草藻場が広がる。ジュゴンやウミガメの貴重な餌場となるほか、海草の間や砂地に多くの生物が暮らしている。シュワブ東側の大浦湾にはハマサンゴやアオサンゴなどの群集が複数ある。

 防衛省は埋め立て予定海域内にある希少なサンゴを他の地域に移植する計画だが、海域外のサンゴの生息にも潮流の変化などが影響を及ぼす可能性がある。海域での調査を続ける日本自然保護協会の安部真理子さん(52)は「護岸工事だけでも生物には十分な脅威だが、回収が困難な土砂の投入は自然環境に不可逆的な影響をもたらす。埋め立てが進めば地形が一変し、生態系が損なわれ、辺野古の海は多様性を失う」と警鐘を鳴らす。【遠藤孝康、宮城裕也】

毎日新聞
2018年12月14日 12時32分
https://mainichi.jp/articles/20181214/k00/00m/040/084000c
FullSizeRender


続きを読む

1: しじみ ★ 2018/12/20(木) 16:45:47.37 ID:CAP_USER
【名護】名護市在住で元教員の安座間安史さん(64)がこのほど、沖縄本島北部の森林に生息するフトミミズ類の新種3種を発見し、日本土壌動物学会誌「EDAPHOLOGIA(エダホロギア)」に記載報告した。記載は11月30日付。県内に生息するミミズの新種記載は2000年に安座間さんらが報告したヤンバルフトミミズやアカシマフトミミズ以来、18年ぶり。県内ではこれまでに35種の陸生ミミズが記載されており、新たに3種が追加された。

 安座間さんによると、ミミズの研究者は少なく、図鑑が発行されているものの県内からはヤンバルフトミミズとアカシマフトミミズしか掲載されていないという。「今後も研究を進めて、沖縄のミミズ図鑑をつくりたい」と笑顔を見せた。

 報告した3種はミドリフトミミズ(Amynthas glaucus)、ムネマルミミズ(Amynthas surculatus)、ヒョウタンミミズ(Amynthas cucurbitae)。それぞれの特徴から安座間さんが名付けた。ムネマルミミズとヒョウタンミミズは体長7センチ前後の小型種で、ノグチゲラが高密度で生息する国頭村の森林でのみ確認され、北部地域の固有種である可能性が高いという。ミドリフトミミズは緑色で、体長30センチにもなる大型種。

 安座間さんは「ミミズは移動能力が低く海を渡れない。島ごとの生息種や分布研究は琉球列島の成り立ち解明に貢献できる」と語る。一方で研究者が少ないことを課題に挙げ「興味がある研究者がいれば積極的に支援したい」と話した。

https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201812/03bf0485c6f8f2283e5c1a9f5015889a.jpg
IMG_9545

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-851247.html

続きを読む

↑このページのトップヘ