動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 新種

1: 2020/09/26(土) 14:48:41.97 _USER
水族館のエイ、実は新種 20年展示も気付かず―鹿児島

image

 1997年の開館以来、20年以上展示されていたエイが実は新種だった―。
 鹿児島市の「かごしま水族館」は26日までに、館内の水槽で「トンガリサカタザメ」として飼育されていたエイの仲間が新種だったと明らかにした。
 20日付の日本魚類学会の国際学術誌に掲載された。

 トンガリサカタザメは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに指定されている。
 研究チームの黒潮生物研究所(高知県)の研究員小枝圭太さん(34)によると、新種はその仲間で、日本近海で新種のエイが発見されたのは約10年ぶり。
 裏から見ると三角巾を着けたお化けのように見えることから「モノノケトンガリサカタザメ」と命名された。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092600172
関連記事


続きを読む

1: 2020/09/07(月) 22:43:05.47 _USER
■近く発表する論文で遺伝学的証拠を提出すると研究者

image

 2010年、生物学者のジェシカ・ペイト氏は、ウミガメの足跡を探して米国フロリダ州のジュノービーチでATV(4輪バギー)を走らせていたときに、浅瀬を泳ぐ巨大な黒い影に気がついた。

 驚いたことに、それはマンタだった。
 インドネシアやハワイでマンタと泳いだという話ならよく聞くが、にぎやかな南フロリダ沿岸でそんな話は聞いたことがなかった。

 興味をそそられたペイト氏は、南フロリダのマンタの個体数に関する科学文献を探してみたところ、1998年の論文が1本見つかっただけだった。
 そこで彼女はみずから調査を行うことにした。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8b3b2b9451f4196916632e3b3c0a0502a1c24ca

関連記事





当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】はこちらからご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/08/29(土) 05:29:07.67 _USER9
毒ヘビの新種にメタリカのジェイムズ・ヘットフィールドにちなんだ名前が付けられる

http://amass.jp/138523/

image

毒ヘビの新種にメタリカ(Metallica)のジェイムズ・ヘットフィールド(James Hetfield)にちなんだ名前が付けられています。

「Atheris hetfieldi」と命名されたこの毒ヘビは、ルイス・セリアコ博士率いるメタル好きの科学者チームによって発見されています。赤道ギニアのビオコ島の火山の麓に生息する全長52cmほどのアフリカン・ブッシュ・バイパーの一種で、「三角形の頭部と強く尖った鱗が特徴で、ドラゴンのような姿をしており、ヘヴィメタル・バンドのヴォーカルのイメージと一致している」という。

image

ルイス・セリアはMetal Hammer誌のインタビューの中で、ジェイムズにちなんでヘビの名前をつけた理由を明らかにしています。

“私も、この論文の第二著者であるマリアナ・マルケスも、幼い頃からメタリカとジェイムズ・ヘットフィールドの大ファンです。私たちは、彼の音楽が私たちの私生活やキャリアのすべてにおいて、私たちに良い波動を伝えてくれたことへの感謝の気持ちを込めて、彼に敬意を表したいと思いました。また、熱帯林の真ん中にある火山の麓に住む、神秘的で毒のあるクールな見た目のヘビというのも、ヘヴィメタルとの相性が高いと思います!  一方で、新種にジェイムズの名前を付けることで、生物多様性の研究や現地調査が必要とされていることに注目が集まります。世界の生物多様性の大部分は絶滅との競争の中にあり、多くの種は、私たちが彼らの存在を知る前に絶滅してしまうかもしれません”

関連記事





当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】はこちらからご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/08/19(水) 12:43:14.80 _USER
新種の生物30種発見、ガラパゴス沖の深海 「地球最後の未開地」

FullSizeRender

    南米エクアドル領ガラパゴス諸島(Galapagos Islands)周辺の深海で、海洋科学者らの国際研究チームが、新種の無脊椎動物30種を発見した。
 同諸島の国立公園当局が17日、発表した。

 ガラパゴス国立公園(GNP)の声明によると、深海専門家らが発見したのはソフトコーラルと海綿動物の群体で、中にはタケサンゴ10種、八放サンゴ4種、クモヒトデ1種、海綿動物11種の他、コシオリエビの名で知られる甲殻類の4種が含まれるという。

 ガラパゴス諸島の国際NGOチャールズ・ダーウィン財団(CDF)は「今回の発見には、熱帯東太平洋では初めて見つかった巨大な単型のソフトコーラルや、1メートルを超える大きさまで成長する新種のガラス海綿、無数の近縁類を宿すウミウチワなどが含まれている」と発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/85bbbb6fe33854961cf2465b1c806f58f4929223

関連記事




※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/08/18(火) 22:29:51.08
新種?世界最古級ペンギンモドキ 19日から化石公開 長崎県西海市

FullSizeRender

 長崎県西海市教育委員会は18日、約1800万年前に絶滅したとみられる潜水性の鳥類「ペンギンモドキ」の大腿(だいたい)骨(長さ約14センチ)とかかとの骨の一部(長さ約6センチ)の化石が同市大瀬戸町の海岸で見つかったと発表した。うち大腿骨はペンギンモドキとしては世界最古級の約3400万年前のもので、新種の可能性がある。19日から同市大瀬戸歴史民俗資料館で展示する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/729eee16717049f152c051f4827108c80b0de79f

関連記事




※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

↑このページのトップヘ