動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 霊長類

1: しじみ ★ 2019/04/17(水) 08:41:19.21 ID:CAP_USER
■群れに属さない死体でも毛づくろい、エボラ出血熱の感染招く? コンゴ
 
IMG_1728

 はじめのうち、ヒガシローランドゴリラ(Gorilla beringei graueri)たちが見せた行動はささやかなものだった。死んだシルバーバック(成熟したオス)の周りに集まり、見つめたり、触ったり、つついたりしていたのだ。すると特に若いゴリラのなかに、死体の上に手を置き、毛づくろいをしたり、舐めたり、自分の指を舐めたりするものが現れた。群れの面々はこの死んだゴリラを知らなかったが、徐々に興味が増していったようだった。

 50年以上も当地のゴリラを調査してきたダイアン・フォッシー・ゴリラ基金の研究者たちが、この奇妙な場面に出会ったのは2016年。コンゴ民主共和国のカフジ=ビエガ国立公園に暮らすゴリラの群れのリーダー、チマヌカを追っていたときのことだった。この珍しい行動は、4月2日付けで「PeerJ Journal of Life and Environmental Sciences」誌に発表された。

「初めは、何をしているのか分かりませんでした」と、調査を率いた研究者の一人であるエイミー・ポーター氏は話す。「私たちにはそれが見えなかったんです。『一体、何が起こってるの?』と思いました。群れの全員が一緒に何かを見ていました。彼らが離れると、うつ伏せの巨大なシルバーバックが見えました」

 こうした行動は、親密な社会集団の中においてすら珍しいものだったので、群れの一員でないゴリラに対しても見られたことに、研究者たちはとりわけ驚いた。ゴリラは群れに属さない個体を避ける傾向がある。群れの間で社会交渉が起こる場合には、攻撃的になることもある。したがって、見知らぬシルバーバックに対する穏やかな関心は予想外だった。ゴリラが死をどう捉えているかについて、新たな疑問が投げかけられた形だ。

 今回の論文には、チマヌカの群れの例に加えて、ルワンダの火山国立公園のマウンテンゴリラ(Gorilla beringei beringei)の群れにおける、仲間2頭の死体を触ったり、つついたり、舐めたり、毛づくろいしたりする行動も詳しく記述されている。

 同じ群れの死体にするのと同じように、見知らぬ個体の死体に接するという事例は、ゴリラの行動について研究者たちに新たな洞察を与えた。だがその前に、こうした場面に遭遇すること自体が珍しく、そもそも分からないことが多いのが現状だ。「観察できたのはたまたまです」とポーター氏は話す。「動物が死をどう認識しているか、ということについて、私たちはまだ知り始めたばかりです」

■ゴリラは死を悼むのか

 論文で取り上げられた行動が「悼む」と言えるのかはまだ分からない。研究者は、この言葉を動物に対してそう簡単に使わない。しかし、似たような多くの事例が、動物も悲しみを含む様々な感情を抱くことを示している。

 ゾウは仲間の死体の周りに集まり、体にのしかかって足の裏や鼻先で死体に触れる。シャチやゴリラの母親は、赤ちゃんが死んだ後、死体を運び続ける。2011年、ザンビアの研究者たちは、チンパンジーの群れが仲間だった9歳のオスの死体に触り、匂いを嗅いだり観察したりする様子をおさめたビデオを公開した。赤ちゃんだった娘を同時期に亡くした母親が、我が子の死体を運びながら、9歳のチンパンジーの死体の近くに立ち止まる様子も映っていた。イノシシの仲間であるクビワペッカリーも、死を悲しむ行動を見せる。死んだ仲間に対し、鼻を押し付け、匂いを嗅ぎ、近くで眠った上、10日間にわたって死体をコヨーテから守り続けたのだ。

「動物における死に対する感情的な反応に関しては、うつ状態のひきこもりのようなものから、姿勢や音声に表れるストレス反応に至るまで、強固で幅広い証拠があります」と、米ウィリアム・アンド・メアリー大学の人類学名誉教授であるバーバラ・J・キング氏は、2017年にナショナル ジオグラフィックに語った。氏は『How Animals Grieve(動物はどのように死を悲しむか)』の著者でもある。

続きはソースで  

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041600231/

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/04/16(火) 10:53:08.88 ID:q9NKpvNC9
 肉食獣を追い払って獲物を奪っていたとの説がある初期の人類と同じように、野生のチンパンジーも獲物を横取りするとみられることが、京都大の中村美知夫准教授(人類学)のチームがアフリカで実施した調査で分かり、国際学術誌電子版に16日発表した。

FullSizeRender

 チームによると、獲物の横取りは、人類が離れた所から攻撃できる弓矢などの飛び道具や、多くの仲間を呼び寄せられる言語を使うようになって初めて可能になったと考えられている。

 しかし今回チンパンジーでも確認され、中村准教授は「人類とチンパンジーが枝分かれする前の共通祖先の類人猿にまでさかのぼれる可能性がある」と話している。

2019/4/16 10:424/16 10:46updated
共同通信
https://this.kiji.is/490699012889019489

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/04/12(金) 18:53:05.54 ID:4gR5EZFP0● BE:201615239-2BP(2000)
 中国の研究チームが、ヒトの脳の発達において重要な役割を持つとされるマイクロセファリン(MCPH)遺伝子をアカゲザルの脳に移植する実験を行った。
 ヒト特有の知能の進化を洞察するのが目的で、研究論文が先月、中国の英文総合科学誌「ナショナル・サイエンス・レビュー(National Science Review)」に掲載された。


 中国科学院(Chinese Academy of Sciences)昆明動物研究所(KunIMG_1683

ming Institute of Zoology)のチームは米ノースカロライナ大学(University of North Carolina)のチームと共同で、
ヒトの「MCPH1」遺伝子の複製をアカゲザル11匹の脳に移植したところ、ヒトの脳と同様に脳の発達速度が緩やかになった。
 さらに、短期記憶や反応時間のテストで対照群とした野生のサルより成績が良かった。一方、脳の大きさは野生のサルを上回ることはなかった。

 研究チームは論文の中で、こうした結果から「ヒトを唯一無二の存在たらしめているものは何なのかという根本的な疑問について、遺伝子を移植された非ヒト霊長類(類人猿を除く)が
重要かつ例のないものとなり得る洞察を提供する可能性がある」と結論づけた。

 だが近年、中国のさまざまな医科学実験が医学倫理の観点から議論となっており、サルを用いた今回の実験も、サルが人類を支配する暗黒世界を描いた
SF映画『猿の惑星(Planet of the Apes)』に例えられるなど、既に倫理面で懸念が生じている。

 被験体のサルのうち、画面に表示された色と形を覚える記憶テストと、磁気共鳴画像装置(MRI)検査の段階まで生き残ったのは5匹だけだった。

 研究チームによると、アカゲザルは遺伝子的に齧歯(げっし)類よりヒトに近いが、倫理上の問題が生じるほどの近さではないという。

https://www.afpbb.com/articles/-/3220530

続きを読む

1: 僕らなら ★ 2019/03/17(日) 12:54:03.73 ID:/Z/QeYLZ9
  インドネシア当局は16日、空気銃で74発撃たれたオランウータンが徐々に回復していると明らかにした。

 同国アチェ(Aceh)州当局は今月10日、村民の通報を受け、重傷を負った30歳の雌のオランウータンを発見した。オランウータンは、村民の一人が所有する農園内のジャックフルーツの木の下で死にそうな状態になっていた。このオランウータンの生後1か月になる赤ちゃんも一緒に見つかった。当局はすぐに2匹を保護したものの、赤ちゃんは栄養不良で死んだ。

 同州自然資源保護事務所(BKSDA)のサプト・アジ・プラボウォ(Sapto Aji Prabowo)氏は、「農園に来たオランウータンに脅威を感じた所有者が、オランウータンを追い出そうと試みた」と説明した。保護から1週間が経過し、「ホープ(希望)」と名付けられた母親のオランウータンは少しずつ回復している。サプト・アジ・プラボウォ氏はAFPに対し、「ホープは回復してきており、食べ物も食べ始めた」と語った。 

IMG_1269

 農園労働者や村の住民は、有害とみなす動物に危害を加えることがあるほか、密猟者がこれらの動物を捕獲しペットとして売ることもある。同州自然資源保護事務所の取り締まり責任者は、「この件が単独の個別的事件なのか、それともマフィアが関与しているのか捜査する」と述べた。

 国際自然保護連合(IUCN)によると、オランウータンは絶滅の危機にひんしており、現在は世界でおよそ10万頭しか残っていない。

 映像前半は、救出されてリハビリテーションセンターへ移送されるオランウータン2匹。オランウータン情報センター(Orangutan Information Center、OIC)が10日に撮影。後半は、オランウータンのレントゲン写真と、保護されたオランウータン。14日、15日に撮影。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3216162

続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/03/13(水) 21:51:30.94 ID:RqEcr74V9

兵庫県洲本市の淡路島モンキーセンターで、ニホンザルが花粉症に似た症状に悩まされている。

IMG_1176

 同センターでは、野生のサル約250頭を昼間だけ餌付けしている。2月中旬からくしゃみや鼻水が止まらず、目をこするサルが見られるようになり、現在は約30頭に症状が出ている。こうした様子は30年ほど前から確認されているという。

 延原利和センター長(65)は「淡路島にスギやヒノキは少なく、島外から飛んでくる花粉が影響していると考えている。野生なので治療ができない。かわいそうだが我慢してもらうしかない」と話す。

https://mainichi.jp/articles/20190313/k00/00m/040/210000c 
IMG_1175

続きを読む

↑このページのトップヘ