動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 絶滅

1: ガーディス ★ 2019/12/07(土) 23:28:25.08 ID:Sinbhfpe9
 ネコギギって知っていますか? 伊勢湾や三河湾に注ぐ東海地方の河川にだけ生息している魚で、国の天然記念物、絶滅危惧種にも指定されている。そのネコギギが今夏、愛知県豊川市の水族館「ぎょぎょランド」で、約500匹孵化(ふか)した。ネコギギの貴重な映像として、360度動画撮影に協力をしてもらった。

FullSizeRender

 10月上旬、体長約3センチに成長したネコギギたちが三つの水槽に分かれてバックヤードにいた。夜行性の魚で警戒心が強く、擬岩の下や暗がりに集まっている。カメラを設置するために擬岩を動かすと、慌てて逃げ出した。

FullSizeRender

 「この子たちは今後、生息に適した県内の河川に放流されます」と飼育員の杉浦篤史さん。ネコギギの保全活動をしている国土交通省設楽ダム工事事務所が保管し、11月に半数を放流した。杉浦さんによると、ネコギギは移動範囲が狭いため、河川改修や護岸工事、大雨による増水などの影響を受けやすく、個体数の維持が難しいという。

FullSizeRender

 ネコギギの繁殖は数年に一度といわれる。縄張り意識が強く、オスとメスの相性もあって難しい。そんな中、同館では昨年、初めて1匹の孵化に成功した。今年は6月から7月にかけ、岩などに無数の卵が付着しているのを確認。成魚が卵を食べてしまう前に別の水槽に移し、生まれた稚魚も別の水槽に分けて管理した。繁殖期間中は、杉浦さんら担当飼育員が作業に専念できるよう、臨時職員を雇って飼育員が通常受け持つ作業を分担したという。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASMD2748GMD2UEHF008.html
https://youtube.com/watch?v=q5jVjA7-trY



【関連記事】
トゲトゲ頭のナマズ新種、一挙に6種を発表 観賞魚としても人気の「プレコ」、南米アマゾンで発見
IMG_6519



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/12/07(土) 01:02:57.14 ID:Pnhpag769
高知市の市立動物園「わんぱーくこうちアニマルランド」は6日、展示していた絶滅危惧種の鳥、ヤイロチョウが5日夕、老衰で死んだと発表した。動物園で見ることができるのは全国で同園のみで、世界で一番長く飼育されていた。

IMG_6505

ヤイロチョウは、体や羽に八つの色を持つ渡り鳥で、高知県の県鳥。環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。

死亡したヤイロチョウは雌で推定年齢12歳以上。2008年6月、高知県東部で翼の骨が折れた状態で発見され、保護された。同園での飼育期間は11年5カ月で、担当者は「少しずつ衰えていたが、よくここまで生きてくれた」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000195-kyodonews-soci  

ヤイロチョウのさえずり
https://www.youtube.com/watch?v=AfAxejtMGr4



【関連記事】
国内最高齢・イヌワシの「青梅(おうめ)」天国へ 多摩動物公園 青梅市今井の山林で衰弱幼鳥として保護
IMG_6506



続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/12/04(水) 19:10:24.09 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00010000-nknatiogeo-m_est

11種中7種が絶滅危惧、嫌われ者だが生態系には不可欠

 アフリカ、ケニアの保護区で、ハイエナの死体とそのそばに倒れている10羽ほどのハゲワシたちが見つかった。レンジャーたちには、何が起こったのかがすぐにわかった。毒にやられたのだ。数羽には、まだ息があった。

IMG_6414

 ここは、マサイマラ国立保護区の中にある民間管轄のオルキニエイ保護地区。管理人のサイモン・ンコイトイ氏は直ちにヴァレリー・ナソイタ氏を呼んだ。

「ワシたちを救いに来てほしい」

 ナソイタ氏は、ハゲワシを保護する非営利団体「ペレグリンファンド」の保護地区連絡係である。
7種のハゲワシが絶滅の危機

 アフリカ大陸には11種のハゲワシ(ヒゲワシ類を含む広義のハゲワシ類)が生息しているが、このうち7種が国際自然保護連合(IUCN)によって近絶滅種(critically endangered)または絶滅危惧種(endangered)に指定されている。保護団体や大学の研究者らが2015年に発表した論文によれば、過去30年の間にアフリカのハゲワシ8種の個体数が平均で62%減少している。

「これは完全に、危機です」と、ケニアの猛禽救護団体「ケニア・バード・オブ・プレイ・トラスト」のサイモン・トムセット氏は語る。

 同氏やナソイタ氏らが素早く連携することで、助かる鳥もいる。しかし、彼らにとって何より頭の痛い問題は、いかに毒を摂取させないかということだ。
ハゲワシが毒で死ぬ理由

 アフリカにおけるハゲワシの中毒死には2種類ある。主にアフリカ南部では、密猟者が死んだゾウやサイに毒を塗り、意図的にワシを毒殺する。ハゲワシの動向によって、密猟行為が国立公園のレンジャーにばれるのを防ぐためだ。6月に発生した特に陰惨な事例では、ボツワナで毒を塗られたゾウを食べたことで、530羽を超える絶滅危惧種のハゲワシが死んだ。

 アフリカ東部ではどちらかというと、ヒトと捕食動物の間の対立に巻き込まれるケースが多い。ライオンやハイエナなどに家畜を殺された牧畜民たちが、復讐のため、やられた家畜の死体に毒性の高い殺虫剤を振りかけるのだ。毒は捕食者を死なせるが、同時に捕食者の死体を食べに来たハゲワシも死なせてしまう。

 ケニアの人口増加とともに、マサイマラは復讐のための毒殺が特に頻発する場所になったとトムセット氏は言う。保護区を管理する「コッターズ野生生物保護基金」によれば、2カ月に1度はこうしたことが起こっているとみられる。

(続きはソースで)


【関連記事】
絶滅懸念のハゲワシ500羽以上死ぬ、食べたゾウの死骸に毒物か ボツワナ
IMG_6415



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/12/01(日) 22:16:21.16 ID:HSPzsa+l9
 京都市動物園(左京区)は29日、ヤブイヌの「パパヤ」(雌・7歳)が死んだと発表した。
FullSizeRender

 パパヤは今月27日に雄の「デンマル」との間に子ども4匹(後に3匹が死亡)を産んだばかりだった。29日朝になって、パパヤがぐったりしているのを飼育員が見つけ、おなかにまだ子どもがいることが分かり手術したが、同日昼に子宮破裂で死んだ。おなかの子は4匹いたがいずれも助からなかった。

 パパヤは2015年に英国のポートリム野生動物公園から来た。16年2月と9月にデンマルとの子計7匹を産み、うち1匹は今も同園で飼育している。

 ヤブイヌは中南米の森林や沼地に生息し、指の間の水かきが特徴。レッドリストで準絶滅危惧種に指定されている。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/88900


【関連記事】
【大阪】天王寺動物園の「ヒデヨシ」死ぬ けんかで腹刺される
IMG_6359


続きを読む

1: みつを ★ 2019/11/27(水) 04:42:22.70 ID:QsBY4efk9
https://www.afpbb.com/articles/-/3256758

絶滅危惧種マーゲイの毛皮6枚を押収 上海税関

IMG_6286

【11月26日 Xinhua News】中国上海税関は25日、絶滅の恐れのある野生動物を使った製品の密輸事件を摘発し、マーゲイの毛皮6枚を発見・押収したと発表した。

 上海市浦東国際空港税関は18日、欧州から発送された速達貨物のX線検査で異常を発見。上海野生動植物鑑定センターにより、絶滅の恐れのある野生動物マーゲイ(Leopardus wiedii)の毛皮であると判明した。

IMG_6287



【関連記事】
プラダも毛皮の使用廃止、2020年春夏コレクションより
IMG_6288



続きを読む

↑このページのトップヘ