動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 絶滅

1: 2020/07/08(水) 15:00:27.78 _USER
インダス川の穏やかな水面に丸い波紋が浮かび、淡い色のイルカの頭が現れた。イルカは少しの間そこにとどまり、間もなく水中に戻って行った。

IMG_2039

 ここはパキスタン南部の都市サッカル。インダス川のこの辺りは、絶滅危惧種インダスカワイルカの貴重なすみかだ。

 ところがイルカたちは、この町にあるバラージと呼ばれる堰(せき)によって、モンスーンシーズンの移動を阻まれている。インダス川流域では、20世紀半ばに治水や灌漑のためのいくつもの取水堰が建設され、一部は発電にも利用されている。堰はイルカたちの移動を妨げるだけでなく、取水によって川の水位を危険なレベルにまで低下させることもある。

 淡水にすむイルカは地球上に4種しかおらず、インダスカワイルカはその一つインドカワイルカの亜種とされる。かつては下流のデルタ地域から、ヒマラヤに近い上流まで、インダス川とその支流に生息していたが、今は元の生息域のおよそ20%にあたる流域にしか生息していない。そのすみかは、グドゥ堰とコトリ堰の間の660キロメートルほどの流域に集中している。

 水質汚染の問題もある。世界自然保護基金(WWF)「カワイルカイニシアティブ」のアジア地域コーディネーター、ウズマ・カーン氏によれば、イルカたちの体内からはDDTなどの農薬が検出されているという。

一方で、流域住民への啓発や、座礁したイルカの救助といった保全プログラムのおかげで、インダスカワイルカの個体数は着実に増加しているという。WWFによると、1972年にはパキスタン国内に132匹とされた個体数が、最新の調査では1987匹と考えられている。インダス川の支流の1つでインド北部を流れるビアース川にも、少なくとも7匹の小さな個体群が生息している。

「グドゥから川を下り続けると、ある地点から周囲はイルカだらけになります。あまりにもたくさんいるので圧倒されますよ」と、カーン氏は話す。「インダス川の中で、イルカはこの流域にのみ集中しているので、大きな課題もあります」

IMG_2040

■「イルカは人間にとって友人」

 現地の言葉で「ブラン」と呼ばれるインダスカワイルカは、「大昔からこの地域にすむ、インダス文明の象徴の1つでもあります」と、シンド野生生物局のミール・アクタル・タルプール氏は話す。

 インダス川流域で花開いた青銅器文明は、計画的な都市と進歩的な排水システムで知られている。現在のシンド州およびパンジャブ州に暮らす人々は、インダス文明を作った人々の末裔と考えられており、伝統的にインダスカワイルカを大切にしている。

 この地方には、インダスカワイルカの起源にまつわる伝説がある。ある女性が川の精にバターと乳を捧げたところ、川の水が分かれて、安全に向こう岸へと渡ることができた。しかしある時、彼女が捧げものを忘れると、川の精は女性をイルカの姿に変えてしまった、というものだ。

 サッカルの漁師であるグル・モハメド・ミルバル氏にとって、イルカは10歳で初めて出会って以来、生涯の友だ。2月のある晴れた午後、彼は珍しいカワイルカを一目見ようと訪れた観光客らを木の舟に乗せ、駄賃を稼いでいた。川の水が岸辺の岩に静かに寄せると、水しぶきとともにピンク色のイルカが姿を現し、間もなく水中に消えて行った。

 ミルバル氏はイルカたちは自然環境の一部であると考えているものの、彼ら漁師にとって魚を食べるイルカは競合相手でもある。「漁は本当に頑張らないと、イルカに負けてしまう。そのくらいイルカは素早いんです。しかも、イルカは大きな魚も小さな魚も区別なく食べてしまう」と、ミルバル氏は言う。

 1970年代にイルカ猟が禁止されるまで、食料、あるいは舟に塗るための脂を目的として、イルカを獲るコミュニティもあった。またWWFによれば、この地域では毎年少なくとも1匹のイルカが誤って漁網に絡まり、死亡している。

 とはいえ、「イルカは人間にとって友人です」と、パンジャブ州タウンザ市の漁業団体代表、カディム・フセイン氏は話す。「漁師にとって彼らは脅威ではないんです。漁師が乗る小舟のエンジン音を聞くと、イルカは近づいて来て一緒に泳ぎます」


続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/062000368/
【関連記事】
最大級の淡水魚ハシナガチョウザメが絶滅 中国長江(揚子江)の固有種
IMG_2041



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/07/07(火) 06:27:58.05 _USER
オーストラリア南東部原産の海水魚「スムース・ハンドフィッシュ」が、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストにて、公式に「絶滅」認定されました。

IMG_1924

現代における海水魚の絶滅認定は、これが初となったようです。

スムース・ハンドフィッシュは、全部で14種知られているハンドフィッシュの1種であり、1800年代初めに発見されました。

しかしそれ以降、乱獲、海水汚染、生息地の減少により姿を消し、残っているのは初発見時に採取された標本(上記画像)のみとなっています。

■「ハンドフィッシュ」は泳げない

ハンドフィッシュの大きな特徴は、独自に発達した前ビレを使って、海底を這うように移動することです。

彼らは、浮力をコントロールするための「浮き袋(swim bladder)」を持っていないので、水中を泳ぐことができません。

そのため、手のようなヒレを用いて、ほふく前進するように歩き回ります。

IMG_1925

泳いで採餌ができないので、頭に生えた派手なトサカを使って、エサをおびき寄せます。

残りの13種も同じオーストラリア海域に生息していますが、サイズや見た目はさまざまです。

IMG_1926

■残りの13種も絶滅の危機に

研究を行った西オーストラリア大学のジェシカ・ミーウィグ教授は、今回の絶滅について、「過剰な漁業が主な原因」と指摘します。

ハンドフィッシュの生息地では、20世紀に入ってから1967年まで、大規模なホタテ漁が行われていました。その際の混獲(漁獲対象とは別の種が意図せず捕獲されること)が、ハンドフィッシュの減少を促進したというのです。

残りの13種も絶滅の危機に

研究を行った西オーストラリア大学のジェシカ・ミーウィグ教授は、今回の絶滅について、「過剰な漁業が主な原因」と指摘します。

ハンドフィッシュの生息地では、20世紀に入ってから1967年まで、大規模なホタテ漁が行われていました。その際の混獲(漁獲対象とは別の種が意図せず捕獲されること)が、ハンドフィッシュの減少を促進したというのです。

https://nazology.net/archives/63935
【関連記事】
「野生絶滅」にクニマス ゲンゴロウブナなど淡水魚25種が絶滅危惧に
IMG_4062



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/07/02(木) 08:12:23.32 _USER
■デカン・トラップの意外な影響、「大どんでん返し」と研究者

5005

 白亜紀最後の日、直径約12キロメートルの巨大隕石がメキシコのユカタン半島付近に衝突し、地球の生命の歴史を変えた。

 それから6600万年後の現在、科学者たちがスーパーコンピューターを使い、何通りものシナリオにしたがって当時の世界を再現。鳥をのぞく恐竜を絶滅させた本当の原因、劇的な環境の変化に地球上の生命がいかに対応したかについて、最新の研究成果を6月29日付の学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表した。

 巨大隕石は、直径200キロ近いクレーターを作り、莫大な量のガスや煤、灰を大気中にまき散らした。空は闇に覆われ、巨大な津波が海を引き裂き、火の手が上がって周囲を焼き尽くした。数年後には気温が30℃以上も下がり、長く寒い「衝突の冬」が訪れた。これにより、地球上の生命の4分の3以上が死滅したと考えられている。

「ダンテの『地獄篇』が地球に起きたようなものです」と、今回の研究を率いた英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究員アルフィオ・アレッサンドロ・キアレンツァ氏は話す。

 チクシュルーブ衝突と呼ばれるこの巨大隕石衝突と同じころ、現在の南インドにあたる場所では、大規模火山群が噴火していた。デカン・トラップと呼ばれるこの火山群は、80万立方キロメートル以上の溶岩と大量の温室効果ガスを排出した。そのため、大量絶滅の原因は隕石衝突か火山噴火かという議論を、科学者は長らく続けてきた。隕石衝突説が多数派だったが、火山噴火がどれほど影響したかはよくわかっていなかった。

 キアレンツァ氏らは今回の研究で、さまざまな大量絶滅シナリオを仮定、気候条件を調整しながら古代の地球の気候を再現。そこから、鳥類以外の恐竜が暮らせない地球になったのは、隕石衝突のみが原因であると結論付けた。デカン・トラップの火山群は、地球を生命に適さない場所にするよりもむしろ、暮らしやすい場所にしていたという。

「この研究は、デカン・トラップが大量絶滅をもたらしたという説を葬るのではないかと思います」と、英ロンドン自然史博物館の古生物学者アンジャリ・ゴスワミ氏は語る。氏は今回の研究に関わっていない。

■大量絶滅の「真の原因」を追って

 現代の科学者たちは、白亜紀末の大量絶滅を解き明かすことで、短期間で過酷な環境に追い込まれた生物はいかに対応するのかを突き止めたいと考えている。「足もとを突然すくわれたとき、生物はどうするのでしょうか。それを解くヒントを得ることができるのです」と、米エール大学の古生物学者で、恐竜の絶滅に詳しいピンチェリ・ハル氏は語る。

 しかし、絶滅の原因について科学者の意見が一致しなければ、大量絶滅を本当に理解したとは言えない。

 ここ10年間の研究から、デカン・トラップが70万年ほどの間に複数回にわたって噴火を起こしたことが明らかになっている。問題は、それが大量絶滅にどう関与したかだ。

 地球の歴史上、特に規模が大きな大量絶滅は5回起きている。そのうち2回は、火山活動で排出された二酸化炭素による極度の温暖化が原因だ。史上最大の大量絶滅である2億5200万年前のペルム紀・三畳紀大量絶滅もそのひとつで、現在のシベリアにあたる場所で火山が噴火し、海洋生物の96%と地上の生物種のおよそ4分の3が死滅した。

 デカン・トラップは6600万年前の生命に、大きく2通りの影響を与えた可能性がある。1つは短期的に、火山が排出する二酸化硫黄が気温を下げ、酸性雨を降らせ、海や広範な化学サイクルに乱れが生じた可能性。もう1つは長期的に、火山が出す大量のCO2が温暖化をもたらし、世界の生態系を消耗させた可能性だ。

 2019年に発表された論文に、デカン・トラップ最大の噴火の年代を特定しようとしたものが2つある。その結果には、数万年のずれがあった。1つは隕石衝突の前、すなわち絶滅に影響した可能性があるとするもの。もう1つは衝突の少し後、すなわち絶滅には関係しなかったとするものだ。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/063000391/
【関連記事】
恐竜の絶滅にインドの火山が加担、2つの研究成果 隕石衝突と巨大噴火はきわめて近い時期
IMG_1764



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/25(木) 20:31:14.11
 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)は25日、国の特別天然記念物コウノトリの野外生息数が200羽に到達したと発表した。国内の野生個体は1971年に絶滅したが、野生復帰を目指す同公園が人工飼育した個体を2005年に放鳥するなどの取り組みを進め、順調に増えていた。

FullSizeRender

 公園によると、200羽目となったのは京都府京丹後市の人工巣塔で今年4月末にふ化した雌のひな。6月25日午前に近くの水田に降り立っているのが見つかり、巣立ちが確認された。

 これまで野外繁殖は栃木、福井、京都、兵庫、鳥取、島根、徳島の7府県で確認されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e1d9edaaa90d768970454308206ebce59770197
【関連記事】
傷つく野外コウノトリ最多…17年度19羽、ネットや電線等の人工物原因
IMG_1506



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/23(火) 20:44:23.03 0
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18458960/

新宿駅前に現れた鳥が、絶滅危惧種の「ミゾゴイ」なのではないかと注目を集めている。

2020年5月15日朝、ツイッターユーザーの枯蛇(@rukikikikiki)さんは新宿駅東口の前でこの鳥に遭遇。褐色の羽と黄色い目を持った鳥が、茶色いタイルの上で体を伸ばして直立している。その表情はまるで何かに驚いているかのようで、コミカルだ。

FullSizeRender

枯蛇さんのツイートには、

「絶滅危惧種のミゾゴイ?ヨシゴイ?どっちなの?何で新宿駅にいるんだろう?」
「え!!!??wミゾゴイ...!!!??
世界に2000羽いるかいないかとか言われてる希少な鳥だよ」
「まさかの絶滅危惧種!!!」

など驚きの声が寄せられている。

FullSizeRender

環境相自然環境局野生生物課が16年に発表した「ミゾゴイ保護の進め方」によると、ミゾゴイはほぼ日本でのみ繁殖するサギ科の夏鳥だ。環境相レッドリスト2020(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)では、「絶滅危惧II種(U V)」に位置付けられている。これは、「絶滅の危険が増大している種」という意味。

そんな珍しい鳥が、本当に新宿駅前に姿を見せたのだろうか。

ミゾゴイで間違いない
20年6月22日、Jタウンネット編集部の取材に応じたバードリサーチ事務局によると、写真に映っている鳥はミゾゴイで間違いないとのことだ。

「嘴や首の長さ、足の長さなどの体型から中型のサギの仲間であることがわかり、
褐色であることなど体の色からミゾゴイ属であること、
頭頂部が黒くないことなどからズグロミゾゴイでなくミゾゴイであることがわかるかと思います。
主に夜間に鳴く鳥で、ボォーッボォーッと特徴的な低音で鳴きます」(バードリサーチ事務局)

また、この個体は幼鳥ではなく、成鳥だと考えられるそう。

「幼鳥の場合、頭などの体上面がより暗い色で、頭や翼には細かい黒斑が多くみられます。写真では翼がよく見えませんが、体や頭の色から成鳥と判断しました」(バードリサーチ事務局)

バードリサーチによると、ミゾゴイについては正確な数を数える調査がなされていないため、詳しい数はわからないが、やはり個体数の多い鳥ではないそうだ。

山地の、落葉広葉樹林で観察されることが多く、湿潤な環境を好むという。都内で野生のミゾゴイが見られることは時々あるが、街中に現れることはとても珍しいそう。

特に、新宿駅という大都会のど真ん中で観察された事については、

「ふつうは山地の薄暗いところにいる印象ですので、昼間に都心の人通りの多いところにいるのは特に珍しいと思います」(バードリサーチ事務局)

では、なぜこんな場所にミゾゴイが現れたのだろう。考えられる原因を聞いてみると、

「なんともわかりませんが、渡りの途中や生息地間の移動中に何らかのトラブルにあったことが考えられます」

とのこと。
【関連記事】
絶滅危惧の夜行性インコ、暗視能力はいまひとつ?
IMG_1478



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

↑このページのトップヘ