動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 絶滅

1: 氷菓 ★ 2020/03/29(日) 11:22:34.36 ID:oG/AeTSd9

 自然環境とは無縁とも思える福岡市中央区天神のジュンク堂書店福岡店で、絶滅危惧種の「オンガスジシマドジョウ」の稚魚が生まれた。専門家によると、水槽内で自然繁殖したのは世界初とみられるという。これまで世話をしてきた書店員は思わぬ出来事に驚いている。

IMG_8544

 オンガスジシマドジョウはスジシマドジョウの仲間で、福岡県内の遠賀川水系のみに生息し、体長は約10センチ。環境省のレッドリストでは近い将来、野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類」に分類されている。2012年に県保健環境研究所(同県太宰府市)の研究員でドジョウ研究をしている中島淳さん(42)が命名した。

 ジュンク堂書店福岡店にオンガスジシマドジョウがやって来たのは16年1月。中島さんの著書をPRするため、水辺の生き物の愛好家らでつくるNPO法人「北九州・魚部」が持ち込んだ。

 当初は魚部の福岡市内のメンバーらが世話をしていたが徐々に足が遠ざかり、書店員が世話をすることに。ドジョウの餌を1~2日に1回与え、水が減れば水を足すほかは特別なことはしていなかった。

 飼育を始めて4年が経過しようとしていた19年12月末。書店員が成魚4匹のほかに小さな生き物がいるのに気づいた。連絡を受けた魚部の理事長、井上大輔さん(49)が駆けつけ、中島さんが写真で稚魚と確認した。

IMG_8545

 副店長の福田雄克さん(38)によると、稚魚は当初は4~5匹いたが現在確認できるのは2匹で、体長は2センチ程度という。井上さんは「本屋の水槽で繁殖するなんて訳がわからない」、福田さんは稚魚を見た時「『生まれた、生まれた』という感じだった。特に飼育していてメリットもないが、ドジョウ目当てに来る人もいる。こんなに宣伝になったのは初めて」と笑う。

 4月4日午後4時、天神カンファレンスセンターで、中島さんの講演会「日本の水生昆虫はすばらしい」がある。

https://mainichi.jp/articles/20200329/k00/00m/040/027000c


【関連記事】
「野生絶滅」にクニマス ゲンゴロウブナなど淡水魚25種が絶滅危惧に
IMG_8546


続きを読む

1: すみれ ★ 2020/03/26(木) 22:10:50.28 ID:PncpiJlw9
多くの人は、今の世界の生態系が、昔と比べて大きく変化したと考えています。

IMG_8472

近年にフォーカスするだけでも、生態系の破壊により、多くの生物が現在進行形で絶滅しています。

さらに、絶滅危惧種も年々増加しており、「絶滅」や「生態系の破壊」は世界的な大問題として危惧されています。

ですから、人々は「絶滅危惧種の保護」などの方法で、生物の絶滅を食い止めようとしてきました。しかし、これは一時的な作用にすぎません。

マサチューセッツ大学アマースト校の生物学・進化生物学のジョン・ローワン氏らの研究によると、全く新しい方法によって、生態系を復元し、生物の絶滅を恒久的に防げるかもしれません。

その方法とは、「他の動物に絶滅した生物の代理をさせる」というものです。

研究の詳細は3月23日、「PNAS」に掲載されました。

生態系破壊の原因

IMG_8473

生態系破壊の原因はいくつか考えられます。

生息地の破壊、乱獲、外来種の導入・増加、地球温暖化などです。

これらの原因によって、ある種の生物が絶滅すると、食物連鎖に影響を与え「絶滅の連鎖」が起こります。

例えば、環境破壊によってある地域からウサギが絶滅すると、そのウサギを主な食糧源としていた数の少ない肉食動物も絶滅する、という具合です。

このような変化は、時代と共に世界中で大規模に進行しているので、生態系は破壊され、絶滅種も増加しています。

対処法としての「絶滅危惧種の保護」は確かに効果があります。

しかし、生態系自体が元に戻るわけではないので、「保護」を解けば、それらの生物はいずれ絶滅することになるでしょう。

では、生物が絶滅しないためのベストで恒久的な方法とは何でしょうか?

それは、「生態系を以前の状態に復元し、維持する」というものです。

到底無理のように思えるこの方法ですが、「麻薬王が飼っていたカバ」によって現実味を帯びてきました。

絶滅生物の「代理」

IMG_8474

1993年マサチューセッツ州アムハーストで、コカインを世界に蔓延させた「麻薬王」パブロ・エスコバルが射殺されました。

そのため、彼がコロンビアの私立動物園に連れてきた4頭のカバは、牧場の池に置き去りにされてしまいました。

それ以来、自由になったカバは推定80~100頭にまで増加し、国の川へと流れ込んだのです。

当然、「麻薬王のカバたち」は生態系を破壊する「外来種の増加」と見なされてきました。

しかし、最近の研究によって、「麻薬王のカバたち」がその地域の生態系を数千年前の状態へと復元させていることが明らかになりました。

数千年前、その地域では「ある草食動物」が絶滅し、食物連鎖・生態系に影響がでました。

しかし、連れてこられたカバたちが「絶滅した草食動物」と同じ働きをしたため、その地域の生態系が元の状態へと戻ったのです。

この出来事に関して、ローワン氏は、「連れてこられた草食動物は、絶滅動物と生態学的に完全一致する場合もあるし、性質の一部を有している場合もある」と述べています。

つまり、「絶滅生物の代理」として、一種もしくは複数の生物を導入することで、当時の生態系と似た状態を作りだすことができるのです。

生態系を回復・維持できるなら、生態系破壊によって生じる連鎖的な絶滅を止めることができるでしょう。

IMG_8471

現在の外来種は既に「代理」を果たしていた?

「絶滅生物の代理」計画のために、研究者たちは、更新世後期(12万6000年前~1万1700年前)の絶滅以前から現在に至るまでの草食動物種の主要な生態学的特徴(大きさ、食事、生息地)を比較しました。

これにより、世界の生態系を定量化して比較できるようになりました。

そして、この結果は、世界の「生態系と変化」に関して想定外の側面も明らかにしました。

というのも、導入された外来種たちは、既に世界を絶滅種がいた時代と似た環境にしていたのです。

これは、「既に導入されてきた外来種(草食動物に限る)」の64%が、その地域の在来種よりも絶滅種によく似ていることが原因です。

この事実は、現在の外来種問題に新たな視点を与えるものとなりました。

続きはソースで
https://nazology.net/archives/55058


【関連記事】
2010年代に絶滅した種まとめ。絶滅のスピード、加速してます
IMG_8477


続きを読む

1: SQNY ★ 2020/02/22(土) 01:00:55.49 ID:CAP_USER
・世界中のサンゴ礁、2100年までにほぼ全滅の恐れ 最大要因は気候変動

IMG_7876

(CNN) 地球上のサンゴ礁は、気候変動の影響で2100年までにほぼ全滅してしまうかもしれない――。ハワイ大学マノア校の研究チームが、そんな暗い未来を予告した。

この発表は、同チームが海洋科学会議で17日に行った。世界のサンゴ礁のおよそ70~90%は、海水の温暖化や酸性化、海洋汚染が原因で20年以内に消滅すると予測している。

一部ではサンゴ礁の再生を目指す取り組みも進められているが、それでも地球上のサンゴ礁を救うことはできそうにないとした。

研究チームは酸性化、海水温度、人口密度、漁船の活動といった要素を考慮して、サンゴ礁の再生プロジェクトに適した場所を特定した。しかし世界の海洋について調査した結果、たどり着いたのが、「2100年までに、サンゴの生息に適した環境はほとんどなくなるか、皆無になる」という結論だった。

同チームのシミュレーションによれば、現在サンゴ礁がある海の大部分は2045年までにサンゴに適さない環境となり、2100年までにこうした環境は悪化の一途をたどる。

2100年までにサンゴ礁が再生できる可能性のあるごく少数の地域として、メキシコのバハカリフォルニア州沖やアフリカ北東部の紅海などを挙げているが、そうした海でさえも、河川に近いことからサンゴ礁にとって理想的な環境ではないとした。

サンゴを死滅させる最大の要因は気候変動にあると研究チームは位置づけ、「海岸の清掃や汚染対策も素晴らしい。そうした取り組みは続ける必要がある」「だが最終的には、サンゴを守るために我々が真に推進しなければならないのは気候変動対策だ」と強調している。

・Warming, acidic oceans may nearly eliminate coral reef habitats by 2100
https://news.agu.org/press-release/warming-acidic-oceans-may-nearly-eliminate-coral-reef-habitats-by-2100/

2020.02.21 Fri posted at 11:35 JST CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35149727.html


【関連記事】
サンゴの赤ちゃん9割減、グレートバリアリーフ
IMG_7877


続きを読む

1: ひよこ ★ [US] 2020/02/12(水) 00:50:59.82 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35149236.html

ペンギン島のヒゲペンギン/Abbie Trayler-Smith/Greenpeace UK
IMG_7769

(CNN) 南極北部に生息するペンギンの個体数が急減し、中には過去50年で75%以上減ったコロニーもあることがわかった。その原因は主に、地球温暖化にあると研究チームは指摘した。

調査団が観察したのはヒゲペンギンと呼ばれるペンギンのコロニーで、約50年前に実施した前回調査に比べて個体数は激減していた。

グリーンピースの南極探検隊に加わった独立系の調査団によると、南極半島の北東にあるペンギンの生息地エレファント島では、調査対象とした全コロニーで個体数が減少していた。

1971年に行われた前回調査では、エレファント島のコロニーには12万2550組のつがいがいた。しかし、今回の調査ではわずか5万2786組と、60%近く減っていた。

個体数の変化はコロニーによって差があった。減少幅が77%減と最大だったのは、チンストラップキャンプと呼ばれるコロニーだった。

気候変動の影響で海氷が減って海水は温暖化が進み、ペンギンが主食とするオキアミは減っている。

調査団に参加した米ストーニーブルック大学の鳥類学者、ノア・ストライカー氏は、「恐らく根本的な原因は気候変動にある。その影響が食物連鎖に押し寄せている」と話し、「ペンギンもアザラシもクジラも、みんなオキアミに依存する。オキアミは氷に依存する。気候変動が氷に影響すれば、その影響はほかのすべてに及ぶ」と指摘する。

エレファント島のペンギンのコロニー/Christian Aslund/Greenpeace UK
IMG_7770

ヒゲペンギンは南極半島の北部や、南極とニュージーランドの間にある無人島などに生息する。

国際自然保護連合(IUCN)によると、これまでヒゲペンギンは絶滅の危険にさらされる恐れが最も少ないペンギンとみなされており、今回の調査結果は予想外だった。


【関連記事】
世界第2のコウテイペンギン繁殖地、ひなが3年連続ほぼ全滅
IMG_7771


続きを読む

1: ばーど ★ 2020/02/07(金) 21:15:39.16 ID:JZaqfr3G9
【2月7日 AFP】新型コロナウイルスについて研究している中国の科学者らは7日、絶滅が危惧されているセンザンコウが、中国国内でのウイルス感染拡大に関わった可能性があると指摘した。

IMG_7724

 華南農業大学(South China Agricultural University)は、うろこのある哺乳類センザンコウが「中間宿主」になった可能性があると発表。ただ詳細については明らかにしていない。

 中国中部・湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)の野生動物市場で昨年発生したとされるこの新型ウイルスの感染源はコウモリだと考えられる一方で、研究者らは、人への感染を媒介した「中間宿主」がいた可能性を示唆していた。

 国営新華社(Xinhua)通信は7日、同大の研究班が1000以上の野生動物の検体を調べたところ、センザンコウと人間の感染者から検出されたウイルスのゲノム配列が、99%一致することを突き止めたと伝えた。

 国際自然保護連合(IUCN)によると、センザンコウは世界で最も不正取引の対象になっている動物で、アジアとアフリカで密猟された数は過去10年で100万匹以上に上っているという。

 密猟されたセンザンコウは中国とベトナムに送られ、うろこは伝統薬の材料として用いられ、肉は闇市場で売買されるという。

 中国当局は先月、新型ウイルスの流行が落ち着くまで、野生動物取引の一時的な禁止を命じている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3267275?cx_part=top_topstory&cx_position=1


【関連記事】
新型肺炎、感染源はコウモリの可能性 専門家が指摘
IMG_7725


続きを読む

↑このページのトップヘ