動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 絶滅

1: しじみ ★ 2018/12/17(月) 13:35:09.81 ID:CAP_USER
■オタマジャクシにならず、母の袋の中で卵が孵化、エクアドル

10年以上目撃されていなかった謎めいたカエル、ツノフクロアマガエル(Gastrotheca cornuta)がエクアドルの森に現れ、生物学者たちを喜ばせている。

 このカエルの外見は独特だ。金色の目をしていて、その上には角のような皮膚の突起がある。夜行性で木の上にすんでいるが、なんといっても、カンガルーに似た奇妙な子育てを行うことで知られている。卵は母親の背中にある袋の中で孵化し、オタマジャクシではなく、親と同じ形をした子ガエルになって出てくるのだ。

 カエルが見つかったのは、エクアドル西部にあるチョコ地域の、コタカチ・カヤパス生態系保護区に隣接する人里離れた場所だ。そこを調査していた環境保護団体「トロピカル・ハーピング」の生物学者たちは、正体不明のカエルの鳴き声を耳にして、懐中電灯をヤシの木に向けた。

 鳴き声の正体がツノフクロアマガエルであることは、光る目からわかった。そこに居合わせた生物学者の一人、セバスチャン・ディ・ドメニコ氏は、「興奮のあまり、飛び跳ねてしまいました」と言う。彼らは、袋の中に子どもがいるメスを含めて4匹のツノフクロアマガエルを集めることができた。つまり、いまや希少となってしまったが、健全な森には、一定の個体数のツノフクロアマガエルがしっかりと生息している可能性があるのだ。

 エクアドルは、多様な両生類の宝庫として知られている。同国内には少なくとも589種類の両生類が生息し(新種も毎年発見されている)、そのうち45%は固有種、すなわちエクアドルだけに生息する種類だ。

■森林減少率は南米第1位

 だが、彼らは危険にさらされている。国連食糧農業機関(FAO)によると、エクアドルの森林減少率は南米第1位で、森林が毎年約2%ずつ消失している(南部では3%近い)。さらに、エクアドルは中南米第2位のパーム油輸出国で、アブラヤシやカカオ、バナナのプランテーション、道路建設、農業、鉱業などの企業活動も拡大している。

「絶滅したと思われていたツノフクロアマガエルのような希少なカエルが見つかったことは驚きであり、希望がもてます」とルイス・コロマ氏は話す。コロマ氏は、エクアドルの首都キトを拠点とする両生類の研究保護団体「セントロ・ハンバトゥ」を率いている。同氏によると、エクアドルにいる他の少なくとも5種類のフクロアマガエルの仲間は、ここ30年以上目撃されていない。

「気候変動や致命的な病原体であるツボカビなどは、比較的新しい深刻な脅威です。生息地の喪失という従来からの脅威も続いています。ツノフクロアマガエルは、その両方を生き延びたのです」とコロマ氏は言う。ただし、今後も生き延びられるとはとても言えない、とも付け加える。

続きはソースで

■エクアドルでツノフクロアマガエル
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/121400552/ph_thumb.jpg 
IMG_9470


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/121400552/

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/03(月) 00:58:46.89 ID:CAP_USER9
飼育場から逃げ出したユキヒョウが射殺された/Dudley Zoo
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/12/02/fd6c748ac712eb62490e71b431b17984/t/768/432/d/01-dudley-zoo-snow-leopard.jpg

(CNN) 英イングランドのダドリー動物園は2日までに、ネコ科の大型動物であるユキヒョウ1頭が飼育場から逃げ出し、園内で射殺したと発表した。

今年10月23日の閉園後に起きた騒ぎで、飼育担当者が飼育場を開けっ放しにした後、逃げていた。生息数が減っているユキヒョウは絶滅危惧種に指定されており、動物保護団体などは同園の今回の措置に失望している。

ダドリー動物園幹部は声明で、逃げたユキヒョウを飼育場に戻す努力が失敗し、動物園を囲む森林近くにおり、日も暮れ始めていたと指摘。「獣医は麻酔矢は効き目が出るまで時間がかかり安全な選択肢ではないと判断した」と述べた。

その上で公共の安全確保のため他の手段はなかったと主張。銃器担当班の経験が豊富な職員による発砲は1発だけで、ユキヒョウは「苦しまなかった」と述べた。

逃げ出していたユキヒョウの名前は「マルガーシ」で8歳。2011年にイングランド東部のバナム動物園から移って来て、3歳の雌のユキヒョウと同居していたという。

ユキヒョウの保護活動に当たる団体「ユキヒョウ・トラスト」によると、世界各地に生息する野生の個体数の正確な把握は困難だが、4000~6500頭と推定。動物園で飼育される個体数は約500頭としている。

2018.12.02 Sun posted at 15:30 JST CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35129491.html?ref=rss

続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ [US] 2018/11/22(木) 09:42:51.56 ID:CAP_USER9
ストーリー by hylom 2018年11月22日 8時00分実は絶滅の可能性もあるそうで 部門より


あるAnonymous Coward曰く、
野生のオオアリクイの個体数はここ10年で約30%ほど減少し、現在は中南米の一部で約5000頭が生息するのみだという。そのため国際自然保護連合(IUCN)はオオアリクイについて絶滅の危険が増大している「危急種」と指定しているそうだ(AFP)。

背景には、オオアリクイの生息地域が人間による開発によって奪われていることがあるという。また、人間がオオアリクイに襲われ死亡する事例も起きているそうだ。

オオアリクイはおとなしそうなイメージがあるが、前足の筋肉は発達しており、10cm以上という長さのかぎ爪も持っているとのこと。敵に追い詰められると後ろ足で立ち上がり、かぎ爪で襲いかかるという(ナショナルジオグラフィック)。

https://science.srad.jp/story/18/11/21/0643229/

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/11/23(金) 13:53:28.96 ID:CAP_USER
[メキシコ市 20日 ロイター] -
メキシコサンショウウオ(通称ウーパールーパー)が、数十年にわたる水質汚染などにより、原産地であるメキシコ市の泥水の運河などから姿を消し、絶滅の危機に瀕している。

生息地の水質汚染や公害に加え、食欲旺盛な外来種の侵入、市街地の拡大が原因とみられている。ある科学モデルによると、2020年にも絶滅する恐れがあるという。

絶滅回避を目指す科学者らの活動も盛んになっている。あるメキシコの生物学者グループは、メキシコ市南部の運河でチナンパスと呼ばれる水上の浮島の上に作物を植えて育てている農場と協力し、メキシコサンショウウオの生息地となるチナンパスの保全を模索している。

ただ、農業従事者の移転でわずかに残っているチナンパスが放置され、浮島農業の従事者自身が絶滅の危機に瀕する状況となっている。

こうしたことから、この地域の農業従事者を「メキシコサンショウウオに優しい」と認定し、環境意識の高い消費者向けにより高価格で農産物を販売できるプログラムに組み込む試みも始まっている。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggCDNxH_EtKqLsDxvnV5dSlw---x400-y260-q90-exp3h-pril/amd/20181122-00000064-reut-000-2-view.jpg
https://reut.rs/2zmem6f

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/10/19(金) 06:33:55.39 ID:CAP_USER9
絶滅危惧種の最小イルカ、メキシコ沖で6頭確認 「希望は失われていない」

メキシコ・ソノラ州のサンタクララ湾で、トトアバ漁の際に一緒に捕獲されたコガシラネズミイルカ。世界自然保護基金提供(1992年2月撮影)。(c)AFP PHOTO / WWF/ Omar VIDAL
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/9/810x540/img_693a552003ca914e015484ab331d5719138452.jpg
コガシラネズミイルカが生息するをカリフォルニア湾の位置を示した図。(c)AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/1/e/810x540/img_1eae3fab14edbd8d077725918fb22b15118783.jpg
メキシコ・ソノラ州のサンタクララ湾で、トトアバ漁の際に一緒に捕獲されたコガシラネズミイルカ。世界自然保護基金提供(1992年2月撮影)。(c)AFP PHOTO / WWF/Omar Vidal
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/c/810x540/img_5c9bdd4f4555dba6aae7f58b8791b143142732.jpg
メキシコ・ソノラ州のサンタクララ湾で、トトアバ漁の際に一緒に捕獲されたコガシラネズミイルカ。世界自然保護基金提供(1992年2月撮影)。(c)AFP PHOTO / WWF/Omar Vidal
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/7/810x540/img_975a7e8480fc20f3ff4351f8a434b1ed153731.jpg
米首都ワシントンにあるメキシコ大使館前でコガシラネズミイルカの保護を訴えデモを行う動物福祉協会のメンバー(2018年7月5日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/e/810x540/img_fe7d9d025d07da16635b4c884157f7d3236571.jpg

AFP 2018年10月18日 20:22 発信地:メキシコ市/メキシコ [ メキシコ 中南米 ]
http://www.afpbb.com/articles/-/3193736?pid=20626953

【10月18日 AFP】世界最小のネズミイルカとして知られ、絶滅危惧種に指定されているコガシラネズミイルカ(通称バキータ)が、メキシコ沖の生息海域で6頭確認された。コガシラネズミイルカを保護する活動を行う研究チームが17日、明らかにした。

 コガシラネズミイルカはメキシコ北部のカリフォルニア湾(Gulf of California)に生息し、違法漁業により絶滅寸前に追い込まれている。世界自然保護基金(WWF)は今年5月、コガシラネズミイルカが年内にも絶滅する可能性もあると指摘している。

 研究チームによると、9月から10月にかけて行われた調査で子ども1頭を含む6頭のコガシラネズミイルカが確認された。研究チームは全個体数を推定するものではないと強調し、関係者は「希望は失われていない」と述べ、絶滅回避に期待をにじませた。

 2017年に行われた調査では、コガシラネズミイルカの生息数は30頭ほどと推定されている。

 コガシラネズミイルカの保護活動には米俳優レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さんやメキシコの富豪カルロス・スリム(Carlos Slim)氏も支持を表明している。

 メキシコ政府は昨年、訓練されたイルカを使ってすべてのコガシラネズミイルカを海洋保護区に移すという大胆な計画を打ち出したが、最初に確保した個体が死んでしまい、中止を余儀なくされた。(c)AFP

続きを読む

↑このページのトップヘ