動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 可愛い

1: みつを ★ 2019/06/18(火) 18:16:01.78 ID:HBiVKvyy9
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/316195

エゾタヌキ、ツイッターで人気 おびひろ動物園 表情、仕草に「いいね」12万件
06/18 05:00

 おびひろ動物園のツイッター投稿をきっかけに、同園の「エゾタヌキ」が人気を博している。飼育員が撮影した愛嬌(あいきょう)あふれる姿がファンの心をつかんだ。夏ごろには獣舎を引っ越して行動展示も始める予定で、さらに注目を集めそうだ。

 同園は今年4月にツイッターアカウントを開設。動物たちの写真や動画の投稿を始めた。中でも反響が大きいのがエゾタヌキで、ひっくり返った餌皿を見つめて悲しそうに立ったり、大きく口を開けてあくびしたりする愛らしい表情やしぐさに、合計12万件以上の「いいね」が寄せられた。

残り:351文字/全文:597文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。

IMG_2790

IMG_2791

IMG_2792


続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2019/06/12(水) 21:33:28.82 ID:thbJ6hii9
準絶滅危惧種「マヌルネコ」すくすく 那須どうぶつ王国、7月一般公開へ
下野新聞 6/9 5:00
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/180274

7月から公開予定のマヌルネコの雄(左)と雌の赤ちゃん(那須どうぶつ王国提供)
IMG_2732

7月から公開予定のマヌルネコの雄の赤ちゃん(那須どうぶつ王国提供)
IMG_2733

7月から公開予定のマヌルネコの雄の赤ちゃん(那須どうぶつ王国提供)
IMG_2734

 

 【那須】大島の那須どうぶつ王国で生まれた、国内で珍しい「マヌルネコ」の雄と雌の赤ちゃん2匹が、すくすくと成長している。7月13日に一般公開する予定。

 同園によると、マヌルネコはイランから中国西部の乾燥した高地に生息。確認されている個体数が少なく、準絶滅危惧種に指定されている。

 同園は2015年にマヌルネコの展示を始め、赤ちゃんの誕生は今回が初めて。国内では同園のほか旭山動物園(北海道)や上野動物園(東京都)など5施設が飼育している。

 赤ちゃんは4月22日に誕生した。体重は7日現在雄944グラム、雌660グラム。2匹とも食欲旺盛で、じゃれ合うなど元気な様子という。両親は那須どうぶつ王国で展示する5歳の雄「ボル」と4歳の雌「ポリー」。

 同園の佐藤哲也(さとうてつや)園長は「赤ちゃんを見られるのは貴重な機会。公開を通じて、マヌルネコのかわいさや生息数が減っていることをよく知ってほしい」と話した。
続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/10(月) 15:05:05.86 ID:MwxgU3gX9

徳島県のお寺の提灯(ちょうちん)に、ある珍しい動物が巣を作っていた。

四国霊場第21番札所、太龍寺の本堂に吊(つ)られた提灯の上の方から出てきたのは、なんとムササビ。提灯の中に巣を作っていた。

IMG_2702

数日前、提灯の形がおかしいことに副住職が気づき、近づくとガサガサと音が聞こえたそうだ。ムササビは近くの木にある巣穴と提灯を行き来していたという。

https://news.livedoor.com/article/detail/16596222/
2019年6月10日 14時26分 日テレNEWS24

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/06/06(木) 15:05:31.90 ID:+0VlytYH9
【AFP=時事】ドイツ・ベルリンで5日、気温が30度を超え、市内にあるベルリン動物園(Zoo Berlin)ではアザラシやサイ、ゾウが水浴びをして暑さをしのいだ。

6/6(木) 13:16
AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000011-jij_afp-int

IMG_2648


続きを読む

1: 靄々 ★ 2019/05/30(木) 19:22:01.08 ID:xnmAassc9
約4年ぶりにニホンザルの赤ちゃんも 渋川動物公園で令和ベビーの動物が誕生 岡山・玉野市

IMG_2516

 岡山県玉野市の渋川動物公園で、令和ベビーの動物が次々と生まれていて、約4年ぶりにニホンザルの赤ちゃんも誕生しました。

(記者)
「5月17日に生まれたニホンザルの赤ちゃんです。今、お母さんに包まれて、お乳を飲んでいます」

 お母さんにくっついて離れない赤ちゃん。雄か雌かはまだわかっていません。約80種類の動物を飼育している玉野市の渋川動物公園で、4年ぶりに生まれたニホンザルの赤ちゃんです。

 お母さんのももちゃん(8歳)にとっては今回が初めての出産で、無事に生まれて園長も一安心です。

 30日から名前の募集が始まり、採用された人には園の年間フリーパスが贈られます。

(渋川動物公園/宮本純男 園長)
「にぎやかになるし、サルの赤ちゃん見るとものすごくかわいいもんね。だからとっても期待しているし、みんなも喜んでいます」

 そしてニホンザル以外にも。

(記者)
「今月生まれた赤ちゃんは他にもいて、こちらは令和初めて生まれたネコの赤ちゃんです」

 ネコは5月1日に5匹、14日に3匹生まれました。生後2週間ほどの子猫はまだ小さく、手で包めるほどの大きさです。

(抱っこした人は-)
「小さくて、ふわふわしてて、もう持って帰りたい」

 5月1日に卵からかえったクサガメの赤ちゃんや、5月12日に生まれたヤギもいます。

(抱っこした人は-)
「かわいい。すごく癒されますね。かわいいです」

 渋川動物公園では、5種類19匹の赤ちゃんが令和になってから生まれたということです。

※ソースに動画あります
https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/13616
05月30日 18:15  KSB

続きを読む

↑このページのトップヘ