動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 可愛い

1: 2020/06/29(月) 11:33:16.41
会いに行こっか「クオッカ」に 世界一幸福な動物、埼玉で公開 
FullSizeRender

埼玉県こども動物自然公園で、報道陣にお披露目されたクオッカ=29日午前、埼玉県東松山市
 カンガルーの仲間で、表情が笑顔に見えることから「世界一幸福な動物」と呼ばれるクオッカが29日、埼玉県こども動物自然公園(東松山市)で報道陣にお披露目された。生息地のオーストラリア以外では唯一の展示で、一般公開は7月1日から。1日2時間に限定し、園内で当日、整理券を配布する。

 園によると、雄2匹と雌2匹が3月、オーストラリアの動物園から贈られたが、新型コロナウイルスの影響で休園となり、公開も延期に。SNSで写真や動画を発信していた。

 クオッカは体長約40~55センチ。低い位置から撮影した顔が笑っているように見える。生息地の島では撮影ツアーが企画されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200629-00000039-kyodonews-soci
【関連記事】
有袋類ワラビー、年中ずっと妊娠していると判明、驚きの繁殖サイクル、妊娠中に別の妊娠が始まる 最新研究
5005



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/25(木) 13:40:18.65
アリクイの赤ちゃん「ケイ」すくすく 保育器で飼育員がミルク 伊豆シャボテン動物公園

https://mainichi.jp/articles/20200625/k00/00m/040/125000c

兄の(右から)「コン」「トト」と「顔合わせ」をするミナミコアリクイの赤ちゃん「ケイ」
IMG_1480

 伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園で6月2日にミナミコアリクイの雄の赤ちゃんが生まれ、すくすくと育っている。母親が以前、2頭の兄を出産した時と同様に育児を放棄したため、飼育員が園内の動物病院の保育器に入れてネコ用のミルクを1日に6回やり、人工哺育中。誕生時は体長が約20センチ、体重が293グラムだったが、24日はそれぞれ約40センチ、692グラムになった。

 名前は親子や兄弟のつながりの「繋(けい)」から「ケイ」にした。離乳期が終わる3~4カ月後をめどに家族が暮らす温室の通路の展示場に移れるように両親や1歳3カ月の「コン」、7カ月の「トト」の兄たちとほぼ毎日、訓練の「顔合わせ」=非公開=を行っている。
【関連記事】
追い詰められたニャンコがまさかのアリクイ威嚇ポーズで応戦?
IMG_5847



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/17(水) 10:13:18.10 BE:847644185-2BP(0)
「いい名前付けてね」キリンの赤ちゃん33年ぶり誕生 福岡市動物園
順調に成長する赤ちゃんキリン(手前)と母親のリンダ(福岡市動物園提供)
 福岡市動物園(同市中央区)は16日、2月に生まれたアミメキリンの赤ちゃん(雄)の名前を公募すると発表した。期間は21~30日で、園内とインターネットで受け付ける。決定した名前は7月5日午後1時からキリン舎で発表する。

【写真】福岡市動植物園のキリンの親子
IMG_1110

 同動物園によると、リンダ(雌、8歳)とジュラ(雄、4歳)の間に生まれた赤ちゃんは現在、体長2メートル20センチほど。生まれた時の約1メートル75センチから順調に成長しており、母乳のほか野菜なども食べるようになっているという。同園でキリンの赤ちゃんが生まれたのは1987年のマサイキリン以来、33年ぶりだった。

 名前の応募は、園内の動物情報館「ZooLab」に設置する応募箱と市のホームページで受け付け、最も多かったものから選ぶ。同園では今月21日午後1時からキリン舎で赤ちゃんについて紹介する特別ガイドを実施する。 

IMG_1111

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200617-00010003-nishinpc-soci
【関連記事】
【多摩動物公園】キリンの赤ちゃん誕生 ちょっぴりのっぽで名前は「ジム」
IMG_8770



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/13(土) 23:28:57.95
アフリカなどに生息する世界最小クラスのネコ、「スナネコ」の赤ちゃんの一般公開が栃木県那須町の動物園で始まりました。

5005

一般公開が始まったのは、那須町の「那須どうぶつ王国」で、ことし4月に生まれた「スナネコ」のメスの赤ちゃんです。

午前10時に展示スペースのカーテンが開けられると、かごの中からゆっくりと出てきて、かわいらしい姿を見せました。

「スナネコ」はアフリカの砂漠地帯などに生息する世界最小クラスのネコで、国内の動物園では初めて誕生しました。

生まれた直後は衰弱していましたが、人工保育で世話を続け、今は生まれた時のおよそ9倍の530グラムに育ちました。

13日は多くの人が訪れ、動物園では密集した状態にならないよう列を作って順番に見学してもらっていました。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
【関連記事】
野生ネコでは世界最小級 「砂漠の天使」スナネコ赤ちゃん 那須どうぶつ王国
IMG_0985



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/05(金) 15:07:05.84 _USER
https://news.biglobe.ne.jp/animal/0605/nlb_200605_2656844758.html

5005

靴下に入った文鳥がF1レーサーのようでかっこいいと話題です。
頭のまだら模様がかわいい文鳥の名前は、でんちゃん。
これから始まるレースへの緊張感が伝わってくるかのような凛々しい表情をしています。
靴下に入っているだけとは思えない貫禄です。
その後、でんちゃんが走り出す様子はなく、どんどん靴下の中に吸い込まれてしまいました。
ほどよい暗さと暖かさが落ち着くのでしょうか。
先ほどまでの凛々しい表情は消え去り、非常に愛らしい姿を見せてくれました。 
【関連記事】
これは見事な足さばき... カップを器用にかきまぜるインコの「職人技」がすごい
IMG_0759



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

↑このページのトップヘ