動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ニュース

1: 2020/08/07(金) 09:36:41.20 _USER
・「首なしチキンモンスター」ことユメナマコは、遊泳性のナマコで今まではメキシコ湾でのみ確認されていた
・南氷洋の深海にカメラを下ろして撮影したところ、ユメナマコを発見
・他にも、複雑な生態系を含む発見があり、今後生態系保護の政策に役立てる予定

また奇妙な深海生物が激写されました。

FullSizeRender

むき出しの心臓のようにも見えるこの生き物。海外では「首なしチキンモンスター“Headless Chicken Monster”」と呼ばれています。「断首後にむしられた鶏」に似ているというちょっと残酷な理由です。しかしこの動物、もちろん鶏でもモンスターでもありません。

これは“Enypniastes eximia”という遊泳性ナマコで、和名では「ユメナマコ」といいます。これまで野生の個体はメキシコ湾でしか見つかっていませんでした。しかし今回、オーストラリア南極観測局の科学者が、世界で初めて南極東部の南氷洋での撮影に成功したのです。

ユメナマコは通常6センチから20センチの長さで、大人の体色は暗い赤寄りの茶色から真紅、若い個体は淡いピンクです。普通ナマコは海底でほとんどの時間をすごしますが、ユメナマコのような遊泳性ナマコは、ふだん海中を漂い、餌を摂るときだけ海底に降りてきます。

動画では、ユメナマコが海底を這って歩く奇妙な姿が映し出されています。ナマコにあまり動くイメージはありませんが、体の下には管足という吸盤のある足がたくさん生えており、自由自在に歩くことができます。

FullSizeRender

ユメナマコの短い胸ビレは手羽のように見えるし、そのヒレは腿肉に見えなくもありませんも。そのまま鍋に放り込んでスープが作れそうです。しかし、このナマコを見た人すべてが鶏肉を思い浮かべたわけでもありません。ネット上では、「フリルの付いた枕カバー」「空飛ぶ血まみれリス」「ヒレ付き生ステーキ」「マシンラーニングAIが描いた魚」と言い表す人たちも。…少しユメマナコに同情心がわくラインナップです。

今回調査されたのは、南氷洋の3kmの深海です。使用したカメラシステムはとても頑丈で、船の上から落としても、深海の高い水圧がかけられても壊れません。そしてこのカメラを釣り糸に装着して深い深海へと降ろしたところ、ユメナマコの発見に成功したのです。

深海の生態系は壊れやすく、商業的な漁が存続を脅かしているといいます。今回の記録は、生態系保存のための政策づくりに一役かってくれることでしょう。

https://nazology.net/archives/22842
【関連記事】
「ダンボ耳」のタコ、7000mの海底で見つかる 過去最深記録 
IMG_2974



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/08/04(火) 00:50:52.75
    スリランカの刑務所で、薬物と携帯電話用のSIMカードをひそかに持ち込もうとして捕獲されたネコが「脱獄」した。同国メディアが3日、報じた。

FullSizeRender

 警察当局によると、このネコは1日、厳重な警備が敷かれるウェリカダ刑務所(Welikada Prison)で、同所の諜報担当者によって正体を見破られた。

 この担当者によると、ネコの首にはヘロイン約2グラム、SIMカード2枚、メモリーチップ1枚入りの小さなポリ袋が結び付けられていたという。

 だが現地紙アルナ(Aruna)によると、このネコは2日、「拘束」下に置かれていた監房から脱走。

 この件について矯正当局からのコメントはまだ得られていない。

FullSizeRender

 ウェリカダ刑務所ではここ数週間、薬物を入れた包み、携帯電話、携帯電話の充電器が塀越しに投げ込まれる事例の増加が報告されていた。

 スリランカは、麻薬対策担当する刑事らが押収した薬物の密売に関与した例もあるなど、重大化した薬物問題への対応に追われている。

https://www.afpbb.com/articles/-/3297252?act=all
【関連記事】
【ロシア】体重10キロの「太っちょ猫ちゃん」機内持ち込みの男性、替え玉作戦成功もマイル剥奪
IMG_2924



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/08/04(火) 22:16:27.32
 7月、イルカの出没で海開きを延期した三重県尾鷲市。尾鷲市内の別の海水浴場にもイルカが出現しました。

FullSizeRender

 一瞬、サメと見間違えそうな背びれを見せながら悠々と泳ぐ「イルカ」。

 尾鷲市の三木里海水浴場に先週末に現れました。

 ここ数日、朝7時過ぎから8時頃に姿を現し、ひとしきり泳いだあと、いなくなるということです。

 このイルカ、どうやらここから約2キロ離れた三木浦マリンパーク周辺に、5月頃から居ついているオスのミナミハンドウイルカとみられていますが、なぜ、こちらの海水浴場にやって来たのでしょうか…。

 「アジとかイワシとか、小さい魚が結構いたみたいで、それを追いかけてきたんじゃないか」
 (三木里地区観光協会 上岡雄児・副会長)

 地元の人の話では、エサとなる魚を求めての移動ではないかということです。
 人懐っこい性格ですが、そこは野生の生き物。

 不用意に近づいてヒレなどがぶつかると、大けがにつながるため、海水浴場ではイルカを見つけても近づかないよう注意を呼びかけています。


ソース CBCテレビ
https://news.yahoo.co.jp/articles/36a1e4087f9acbc380a6c933831e1e16664676e0
【関連記事】
江の島の砂浜にイルカ、水族館職員らが救助
IMG_2913



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/08/04(火) 11:06:12.41 _USER
新型コロナウイルスに感染した人からペットを預かる取り組みを行っているペット保険会社が、預かった犬にPCR検査を行ったところ、2匹が「陽性」だったと発表しました。
国内でペットの陽性が報告されるのは初めてです。

IMG_2888

ペット保険会社の「アニコムホールディングス」によりますと、7月下旬、新型コロナウイルスに感染した人のペットを預かる取り組みで首都圏の2世帯からそれぞれ預かった2匹の犬について、PCR検査で、いずれも「陽性」になったということです。

会社によりますと、ウイルスが付着しただけの可能性も否定できないため、実際に感染したかどうかは確定できないということで、2匹の犬は、いずれも症状は出ておらず、このうち1匹はすでに陰性になったということです。

会社では、ペットを預かる際にすべてPCR検査を行っていて、2匹は2回の検査でいずれも陽性となり、国立感染症研究所で改めて検査を行って、陽性を確認したということです。

環境省によりますと、国内でペットが陽性になったと報告されるのは初めてです。

アニコムホールディングスでは「動物は数日で陰性になるという報告もあり、飼育放棄につながらないようにすることが重要だ。感染対策を徹底して取り組みを続けていきたい」としています。

また、ペットからヒトに感染する可能性については、アメリカ・CDC=疾病対策センターはウェブページなどで、「現時点で情報は限られているが、動物からヒトにウイルスが広がるリスクは低いとみられる」などとしています。

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200804/k10012549191000.html
【関連記事】
犬が新型コロナ陽性、米国初の事例か 飼い主の家族感染
IMG_2892



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 



続きを読む

1: 2020/07/31(金) 08:58:45.05 _USER
今月23日、シベリア北部の湖岸にて、巨大マンモスの骨が発見されました。

IMG_2746

北極圏研究センター(Arctic Research Centre)のチームは、最初に発見した地元住民の連絡を受け、現場に急行し、発掘作業を開始。

その結果、死後1万年は経過していると思われるマンモスの頭蓋骨、肋骨、脚骨の発掘に成功しています。

泥の中に埋まっていたせいか、保存状態が良好で、靭帯など軟組織が残っている骨も見られました。

同チームのドミトリー・フロロフ氏は「マンモスの全骨格が泥中に埋まっている可能性が高い」と話し、発掘作業を続けています。

またシベリアを含むロシアでは、これまでに多くのマンモスの骨が見つかっています。


■温暖化により骨が出土している

骨が見つかったのは、ロシア中部のヤマロ・ネネツ自治管区にあるペチェヴァラヴァト湖です。
IMG_2747

フロロフ氏は「骨から判断すると、このマンモスはまだ若い個体のようですが、正確な年齢を知るには詳細な検査を待たなければならない」と話します。

マンモスは約1万年前に絶滅したと言われているため(一部地域ではもう少し長く生きていた証拠もある)、現段階では、少なくとも紀元前8000年前の個体と推測されています。

IMG_2748

骨の出土は、温暖化の影響で永久凍土が溶け始めていることが原因のようです。最近では、4万2000年前の子馬や3万2000年前のオオカミの頭が、同じ理由で見つかっています。

先月のシベリアでは、記録的な熱波が押し寄せ、例年より平均気温が高くなっていました。

一方で、気温の上昇と永久凍土の融解は、「骨狩り(bone hunting)」という違法産業を生み出しています。ハンターや探鉱者が、永久凍土から骨を採掘し、高値で売買しているのです。

今回のマンモスについては、他の骨格も周辺に埋まっていると考えられ、慎重な作業が続いています。マンモスの骨格全体が見つかるのは非常に稀なため、すべて復元できれば、マンモスの生態や当時の環境を知る上で貴重な資料となるでしょう。

https://youtu.be/8NdD_85TIpY



https://nazology.net/archives/65651
【関連記事】
史上最多、マンモスの骨800個発見 捕獲用わなも史上初めて発見? メキシコ
IMG_2749



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

↑このページのトップヘ