動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ニュース

1: ばーど ★ 2018/12/07(金) 17:31:18.16 ID:CAP_USER9
 ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、セオリーなど傘下の7ブランドで、2020年までにモヘアの使用をやめる方針を決めた。7日にホームページで発表した。

 モヘアはアンゴラヤギの毛から作る高級素材で、動物愛護団体が残虐な方法でヤギの毛を採取していると訴え、アパレル企業などに使用をやめるよう働きかけていた。同社広報は「動物愛護の観点から決めた。グローバル展開する企業として、原材料調達で最善を尽くすことが責務だと考えている」としている。

 ファッション業界では、毛皮や革などの使用を見直す動きが相次いでいる。フランスのシャネルは、ワニやヘビ、トカゲやエイの革を製品に使わない方針を決めた。不使用とするのは、家畜以外の革で「エキゾチックレザー」と呼ばれるもの。ファッション部門の社長、ブルーノ・パブロフスキー氏が3日ニューヨークで明らかにした。同社の倫理基準を満たす方法で高品質の革を調達することが困難になっているためとし、「次世代の最高級の製品を生み出す機会につなげる」とのコメントを出した。

12/7(金) 16:38
読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00050067-yom-soci
FullSizeRender

関連記事
シャネル、わに・蛇革の使用を廃止する方針。高級ブランドで初。動物愛護団体は歓喜

続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/08(土) 16:03:23.022 ID:EVHGRBaN0
(CNN) 米海洋大気局(NOAA)の「ハワイモンクアザラシ研究プログラム」(HMSRP)はこのほど、右の鼻の穴にウナギが詰まったアザラシの写真をフェイスブック上で公開した。

ハワイでは以前から、モンクアザラシの鼻にウナギが入り込む現象が報告されている。初めて目撃されたのは2016年夏、リシアンスキー島沖でのことだった。

~中略~

HMSRPは、アザラシがウナギから感染症やサンゴ礁にすむ魚に蓄積する微細藻類の毒のリスクにさらされる可能性があると指摘。また、鼻孔を閉じることができず潜水に支障がでる可能性にも言及している。

https://i.imgur.com/sWky1P5.jpg
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6306028
IMG_9431


続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/10(月) 18:56:45.75 ID:CAP_USER9
上野動物園のシャンシャンは、誕生から1年半を迎える今週から、これまでずっと一緒だった母親シンシンと離れて、それぞれ別のスペースで過ごすことになった。きょう10日は休園日だが、全国のパンダファンは動物園がとらえた9日のライブ映像に映っていた母子の最後の授乳シーンに涙を流した。

あっという間に大きくなってしまった…。2017年6月12日に生まれたメスの赤ちゃんは、1972年にスタートした上野動物園のパンダ飼育の歴史のなかで、自然交配で生まれて、順調に成長した初めてのパンダだ。

国内を見渡せば、和歌山県のアドベンチャーワールドにはたくさんのパンダが生まれ育っているが、上野は旧・農業省、宮内庁を経て、東京都が所管する公立の動物園。それだけに市民にとっては愛着もひとしお。「みんなの動物園、みんなのパンダ」という特別な存在で、親戚の子のようにシャンシャンの成長を見守ってきた。

そのシャンシャンも今月12日で1歳半。先月13日から始まった親離れの準備も最終局面を迎え、きょう10日からはとうとう終日母親と離れてひとりで過ごす。動物園は出生直後からパンダたちのようすを定点観測できるライブ映像を配信してきたが、きょうは母子が最後に一緒に過ごした9日の録画映像を繰り返し放映している。

親離れの準備期間が始まった当初は、母親と一緒にいる間は後をついて回っていたシャンシャンだが、最近ではシンシンの方が積極的に相手をせず、シャンシャンが構ってほしいという素振りを見せても、自分の食事を優先させたり、オッパイを飲みたがってもすぐに受け入れず、途中で切り上げる場面も多かった。しかし9日はなんとなく勘づいているのか、お母さんの胸にしがみつく娘を優しく抱き寄せると、最後の瞬間までシャンシャンに乳を含ませた。

シンシンが前足に持っていた竹が最後にポトリと地面に落ち、やがて母子はそれぞれの飼育スペースへ。屋外運動場を歩いていたシンシンは、追いかけてきたシャンシャンに向き合って「じゃあね、元気でね」というように2回抱きしめると、そのまま離れて行ったという。

このようすは多くのファンが目撃しており、母子の別れに涙した。きょうからは上野動物園のスタッフのみなさんがシャンシャンの成長を見守っていく。今までありがとう、シンシン!

https://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/7/5/27571/Dpwk1B7UcAA0p-P.jpg
IMG_9426


【動画】最後の授乳
https://twitter.com/Ichiichi0425/status/1071596745782513665
【動画】最後の抱擁
https://twitter.com/Ichiichi0425/status/1071677682637651973

2018年12月10日 15時47分
ハザードラボ
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27571.html
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

関連記事
【親離れ】がんばれ、シャンシャン!新たなステップ「2日から夜はひとりで」 上野動物園


続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/30(金) 03:48:29.15 ID:CAP_USER9
ロシア極東の海上に100頭以上のシロイルカ(ベルーガ)やシャチが生け捕りにされている「イルカ監獄」の存在が明らかになり、批判が高まっている。
1頭1億円以上の値が付くシャチを筆頭に、中国の水族館向けに高額で取引されているもようだ。
捕獲が禁じられている子どもの個体も確認され、当局が捜査を開始した。

▽まるで軍施設

極東ナホトカに近いスレドニャヤ湾。
11月中旬、湾岸近くに浮かべられた大小10の鉄柵の中で、白い背中が身をくねらせていた。
ウラジオストクの通信社VL・RUによると、子どもを含むシロイルカ90頭とシャチ12頭が閉じ込められている。

「何のビジネスかは分からないが、夜通し警備している。まるで軍の施設だ」。
敷地内には工場のような建物も併設され、従業員の姿も見える。
だが管理者を特定できるものは一切ない。
住民によると“監獄”は数年前に設置され、関係者とみられるロシア人が数カ月交代で世話や警備に当たっているという。

▽研究名目

VL・RUは10月末、沿海地方やハバロフスク地方などにある四つの企業がスレドニャヤ湾の事業に関与し、中国の水族館に輸出していると報道。
シャチは約7700万ルーブル(約1億3千万円)の値が付いたこともあり、利益総額は数千万ドル(数十億円)規模に上るとの専門家の意見を紹介した。

VL・RUによると、ロシアでは今年4月から商業目的のイルカやシャチの捕獲が原則禁止されたため、この4社は直前の3月、目的を学術研究などに変更して当局に申請した。
共同通信は事業目的や中国への輸出の有無を問い合わせたが、回答は得られていない。

▽実態把握へ

極東やシベリアでは森林の過剰伐採や土地の買い占めなど、中国資本による侵食が大きな脅威となっている。
イルカ監獄は、中国が極東の海洋資源にも触手を伸ばしていることを意味する。

環境保護団体グリーンピースはロシア通信に対し、ロシアから中国向けにクジラ類の密輸が計画され、過去5年間で15頭の取引を確認したと説明。
今月に入りロシア天然資源環境省も、沿海地方の企業からクジラ類輸出に関する申請が25件寄せられていたが、全て却下したと明らかにした。

また地元テレビ局が空撮した監獄の映像がインスタグラムなどを通じて全土に拡散、ウラジオストクではイルカやシャチの解放を求める運動が起きている。
事態を重くみた連邦捜査委員会は16日「数カ月にわたり、子どものシャチを違法に捕獲した」と発表、実態解明に乗り出した。

https://www.nikkansports.com/general/news/201811280000196.html

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2018/12/05(水) 23:59:14.59 ID:CAP_USER9
https://www.agrinews.co.jp/p46034.html
 青森県の弘前大学と岩手大学の共同研究グループは、リンゴ園で繁殖するフクロウが、リンゴの木を食害するハタネズミの抑制に
貢献しているという研究結果を発表した。ハタネズミの個体数は6割減になるという。
研究グループは、ハタネズミの被害を抑えるには、フクロウの繁殖を手助けすることが有効だと指摘した。

 研究グループは「リンゴ園で近年、ハタネズミによる食害が増える一方、フクロウの生息数が減っている」との報告を農家から受けたことから、
相関関係を研究し始めた。
2014年からリンゴ園でフクロウの繁殖支援を行い、16年からフクロウが繁殖した園地でハタネズミの個体数の変化を測定していた。

 研究によると、フクロウはハタネズミが多いリンゴ園を選んで巣を作っており、とりわけ巣の周辺でハタネズミの個体数が減るという。
平均では減少率は63%だった。繁殖期のフクロウは、ひなを育てるのに1カ月で最大300匹の餌生物を捕獲する。
このうちの8割以上がハタネズミだったという。

 また、繁殖支援のために巣箱を設置する場合は、300メートル間隔で置くのが最も効果的であることが分かったという。

 研究グループはフクロウの繁殖支援は、ハタネズミの被害軽減だけでなく、地域の生物多様性の保全にも貢献できるとしている。 

続きを読む

↑このページのトップヘ