動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ニュース

1: ひよこ ★ [US] 2020/04/01(水) 14:42:37.58 ID:CAP_USER9

https://www.cnn.co.jp/fringe/35151689.html

町にヤギの群れ 新型コロナの外出制限が影響か 英国

5005

(CNN) 英南西部ウェールズの町でこのところ、丘から下りてきた野生のヤギが目撃されている。ヤギの群れは、新型コロナウイルス対策の外出制限で人影の消えた町を歩き回っているようだ。

ウェールズ北部の海岸沿いに位置する町、ランディドノーに27日以降、グレートオーム岬の丘から十数匹の群れが下りてきた。インターネット上に投稿された動画や写真では、ヤギが教会や民家の敷地で草を食(は)んでいる。

地元ホテルの関係者はCNNとのインタビューで、「ヤギはこの時期、グレートオームのふもとまで来ることもあるが、今年は町の中を歩き回っている」「人がいないからどんどん大胆になっている」と指摘。植木をせん定する手間が省けるとも語った。

住宅の周辺を歩くヤギ/Courtesy Carl Triggs
IMG_8573

地元議員の一人は、この地域に住んで33年になるが、町まで下りてきたヤギを見たのは初めてだと話す。

一方で北ウェールズ警察は、野生のヤギに関する通報があったことを確認したうえで、「ランディドノーではそれほど珍しいことではない」と述べた。通常は自然に丘へ戻っていくとの判断から、警官の出動には至っていないという。


【関連記事】
【新型コロナウイルス】「コウモリ→センザンコウ」経由でヒト感染か 米研究
IMG_8575


続きを読む

1: ばーど ★ 2020/03/28(土) 13:11:40.59 ID:ciB3cfnK9
世界中で急速に感染が拡大する新型コロナウイルスについて、米ミシガン大学の中国人研究グループは、生命情報科学(バイオインフォマティック)の手法を利用して、「ウイルスがコウモリからセンザンコウを経由して人間に感染した可能性が高い」という研究成果を発表した。

IMG_8518

新型コロナウイルスの起源をめぐっては、武漢市の医療チームが「SARS(重症急性呼吸器症候群)と同様に、コウモリが宿主だ」という論文を発表しているが、一方で「ウイルスは人為的に作られたもので、中国の研究所から流出した」と陰謀説を主張する声もある。

5005

アメリカ化学会(ACS)が発行する科学誌『ジャーナル・オブ・プロテイン・リサーチ』に22日に掲載された報告によると、ミシガン大の生命情報科学チームは、新型コロナウイルスの表面から突き出ているスパイクというトゲに着目し、そのタンパク質の遺伝子構造を分析した。

その結果、スパイクタンパク質の4つの遺伝子配列がコウモリを含む他の動物のウイルスとも共通することがわかった。さらに新型コロナウイルスに感染したマレーセンザンコウと人間から採取したウイルスのDNAが、コウモリよりも高い91%の割合で一致したことから、ウイルスは最初の宿主であるコウモリから、センザンコウを中間宿主として経由し、人間に感染した可能性が高いと結論づけた。

IMG_8519

この論文とは別に、科学誌『ネイチャー』に香港大学の研究者トミー・ラム博士が発表した報告でも、マレーシアから中国に密輸されたセンザンコウから新型コロナウイルスに関係する2種類のコロナウイルス群が発見されており、野生動物を生鮮食品市場で取引することの危険性が指摘されている。

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/3/33618.html 

【関連記事】
【新型コロナウイルス】絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か
IMG_8525


続きを読む

1: ラミブジン(東京都) [GB] 2020/03/28(土) 07:38:26.50 ID:bPfmnJlQ0 BE:324419808-2BP(2000)

 飼い主から猫に新型コロナウイルスが感染する事例がベルギーで起きていたことが27日、分かった。

FullSizeRender

 これまで飼い犬への感染は報告されていたが、飼い猫への感染が確認されたのは世界初。ベルギー当局は「特殊なケース」としているが、感染者はペットと接触することも避けるよう呼びかけている。

 地元メディアによると感染したのは、ベルギー東部リエージュに住む女性の猫。女性に感染の症状が出た1週間後に猫も下痢や嘔吐(おうと)、呼吸困難の症状を示し、便からウイルスを検出したという。
猫の体調は現在、快方に向かっている。

 ベルギー当局は「ペットから人間やほかのペットに感染する証拠はなく、人間同士の接触による感染のケースと比べるとそのリスクは無視できる」とする一方、
ペットへの感染を防ぐため、「特に自分自身が感染している可能性がある場合はペットとの濃厚接触を避け、自分の顔をなめさせるような行為も控えるべきだ」としている。

 ベルギー当局によると、これまで、ペットが飼い主から感染した例は香港で2件報告があるだけでいずれも犬だという。このケースでは、いずれの犬もコロナウイルスの症状は示さなかったとしている。(ブリュッセル=津阪直樹)


【関連記事】
【新型コロナ】「ペットの犬から検出」香港政府が発表「前例がない」
IMG_8501


続きを読む

1: みつを ★ 2020/03/27(金) 08:08:15.12 ID:BjH1y3kY9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200327/k10012352741000.html

センザンコウから新型コロナウイルスに類似のウイルス発見
 
5005

中国の研究者らは、世界的に感染の拡大が続く新型コロナウイルスに類似したウイルスが、体がうろこで覆われている珍しい哺乳類「センザンコウ」の仲間から発見されたと発表しました。コロナウイルスが自然界に広がるうえでセンザンコウが重要な役割を果たしている可能性があると指摘しています。

26日付けのイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載された論文によりますと、香港大学と広西医科大学の研究者は、2017年から去年にかけて中国に密輸され、当局に摘発された東南アジアに生息する「マレーセンザンコウ」31匹のうち8匹から、世界的な感染拡大を起こしている新型コロナウイルスと類似したウイルスを発見しました。

マレーセンザンコウから見つかったコロナウイルスと、新型コロナウイルスは、遺伝子の配列が85%から92%の割合で一致していたということです。

これまでの研究から、これらのコロナウイルスは、もともとコウモリの仲間が持っていたと考えられていますが、今回の研究で新たにセンザンコウの仲間からも高い頻度で見つかったことから、自然界にコロナウイルスが広がるうえで、センザンコウが重要な役割を果たしている可能性があると指摘しています。

また、研究者らは、野生動物の取り引きは自然界にあるウイルスを人間に感染させるリスクを高めるとして、市場での販売を厳重に禁止すべきだとしています。

【関連記事】
【新型コロナウイルス】絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か
IMG_8479


続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/24(火) 13:19:37.59 ID:CAP_USER

長野県上田市の川の底から、約1300万年前のものとみられるクジラの全身骨格の化石が見つかったと、同市教育委員会が23日に発表した。体長約8メートルのアカボウクジラ科の成長したオスと推定される。クジラの全身化石は県内2例目で、全国でも珍しいという。同市教委はクジラの進化を解き明かすうえで重要な発見としている。いずれ一般公開する予定だ。

FullSizeRender

 化石が見つかったのは同市築地(ついじ)の浦野川。昨年5月に上田染谷丘高校の地学教諭・鈴木秀史さん(55)が河床に露出したクジラの骨格化石を見つけ、市教委に連絡。渇水期に入った今年2月から発掘調査を続けてきた。

FullSizeRender

 化石は背中を上にした状態で、下あご、頭、首、胸、腰、尾の順に骨格がほぼ完全な形で残っていた。上あごは川の流れに浸食されたらしく、残っていない。市教委は、下あごの先端に円錐(えんすい)形の牙(長さ19・5センチ)がある特徴などから、アカボウクジラ科の成長したオスと推定した。

FullSizeRender

https://www.asahi.com/articles/ASN3R71Z4N3RUOOB012.html


【関連記事】
クジラ巨大化の定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石が発見される
IMG_8413


続きを読む

↑このページのトップヘ