動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ニュース

1: 2021/03/31(水) 21:12:52.80 _USER
全身の骨格筋をヒトの筋肉に置き換えた「ヒトとブタのキメラ」を造ることに成功

IMG_8941
 ヒトの筋肉を持ったブタが誕生しました。

 3月29日に『Nature Biomedical Engineering』に掲載された論文によると、全身の骨格筋を人間のものに置き換えた「ヒトとブタのキメラ」の作成に成功したとのこと。

 この技術が普及すれば、ヒトの骨格筋を無限に製造できるようになり、これまで困難であった骨格筋の移植が可能になるかもしれません。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/86074
関連記事


続きを読む

1: 2021/04/12(月) 10:19:34.64 _USER
北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がり注意喚起される

FullSizeRender
──シカの狂牛病=狂鹿病が、アメリカ25州で感染が確認され、カナダ、欧州、韓国に感染が広がっている......

 シカ慢性消耗病(CWD:狂鹿病やゾンビ鹿病とも呼ばれることがある)は、シカ、ヘラジカ、トナカイ、ニホンジカなど、シカ科動物が罹患する伝達性海綿状脳症(TSE)である。
 いわゆる「狂牛病」として知られるウシ海綿状脳症(BSE)と同様に、感染性を持つ異常プリオンタンパク質が神経組織などに蓄積し、数ヶ月から数年にわたる潜伏期間を経て、やせ衰え、よだれを垂らすといった症状があらわれ、やがて死ぬ。

 シカ慢性消耗病を引き起こす異常プリオンタンパク質は糞便や唾液、血液、尿などの体液を介して感染するほか、土や食料、水が汚染されることでも感染が広がると考えられている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ニューズウィーク日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/789a0a3904dded320bbe4a83c431becedaf8fa17
関連記事


続きを読む

1: 2021/03/12(金) 11:16:26.26 _USER
水深1.1万メートルのマリアナ海溝まで潜れる「柔らか魚ロボット」を開発 実在の深海魚の骨格がモデルに

IMG_8690
 深海は人類にとって遠い宇宙と同じくらいに、近づくことが難しい未知の領域です。

 ここを調査するためには、強靭な耐圧性を持つ探査ロボットが必要になります。

 しかし、深海の生物はそんな場所でも平気で泳いでいます。

 3月3日に科学雑誌『nature』で発表された新しい研究は、そんな深海の生物「シンカイクサウオ」を参考にしたソフトロボットを開発、南シナ海の深さ3200メートルで泳ぐテストに成功したと報告しています。

 このロボットは設計上深さ1万1000メートルまで潜ることが可能で、地球でもっとも深いマリアナ海溝を調査する予定だと言います。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/84617
関連記事


続きを読む

1: 2021/03/31(水) 11:25:12.85 ● BE:512899213-PLT(27000)
 2019年後半以降、サバクトビバッタの大群がアフリカ北東部の「アフリカの角」を覆い尽くし、農作物や牧草地を食い荒らしてきた。その対策として、バッタを追跡して退治するための驚くべき大規模な作戦が開始された。
 国連食糧農業機関(FAO)が主導する東アフリカ8カ国での殺虫剤の散布活動の結果、最悪の事態は今までのところ回避されている。FAOの推計では、この作戦のおかげで2020年にはアフリカの角およびアラビア半島南部のイエメンに住む2800万人分の食料と牧草地が守られた。

IMG_8677
 しかし作戦が進展する一方で、環境にもたらす影響はまだわかっていない。対策にあたる関係者たちは、植物や昆虫、野生動物、人間に害を及ぼすことなく害虫を駆除するという難しいバランスを模索してきた。ケニア北部は、花粉や蜜を集めるハナバチ類の多様性で世界に知られており、農業関係者や保護活動家たちはハナバチが被害を受けることを懸念している。

 これまでに230万リットルの化学殺虫剤が190万ヘクタールに散布され、FAOによれば費用は1億9500万ドル(約213億円)にのぼる。散布は2021年も継続される予定だ。

IMG_8678
 今回の作戦が環境にもたらす被害についてはまだ評価が不十分だが、殺虫剤の影響については数十年にわたるデータが積み重なっている。効果を発揮する害虫の種類が幅広い殺虫剤は、バッタだけでなくハナバチやその他の昆虫まで殺してしまう。また、水系にも浸出し、人体にも悪影響を及ぼす恐れがある。

以下ソースをご覧下さい
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/032600150/
関連記事


続きを読む

1: 2021/04/03(土) 07:06:47.69
求愛行動も確認されていたけど…両方メスだったオニオオハシ「つがい」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210402-OYT1T50224/

札幌市円山動物園(札幌市中央区)で、2013年からオスとして飼育されていたオニオオハシの「トト」が、メスだったことが分かった。同動物園が発表した。

FullSizeRender
オニオオハシは南米の熱帯雨林に生息する鳥で、色鮮やかなくちばしが特徴。同園は13年に業者から、トトとメスの「ポコ」の2羽をつがいとして購入した。

16年以降、2羽の巣では毎年産卵を確認していたが、すべて無精卵だった。昨年、巣内を撮影したところ、トトが産卵している可能性が高まり、北海道大や他の動物園の協力でDNAを検査して、トトがメスだと判明した。

同園によると、オニオオハシは、オスの方が体やくちばしが大きいとされるが、外見から雌雄を判別するのは難しい。2羽には求愛行動も確認されていた。

同園は2羽の展示を続けるが、繁殖のため、一方を他の動物園のオスと交換することも検討している。
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ