動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ニュース

1: シャチ ★ 2018/10/20(土) 15:02:46.12 ID:CAP_USER9
 静岡市駿河区の市立日本平動物園は19日、国内最高齢となる17歳の雄のジャガー「アラシ」が、同日午前7時半ごろに死んだと発表した。老衰だった。同園は20日からジャガー舎前に献花台を設置する。

 アラシは2001年に米国アラバマ州のモンゴメリー動物園で生まれ、03年に同市の姉妹都市米オマハ市から友好の証しとして雌のキコとともに寄贈された。アラシはジャガー全体の約5%という珍しい「黒変種」で、一般的な黄褐色の体色ではなく、黒の毛色を持ち、人気を集めた。

 キコとは仲の良い夫婦として知られ、赤ちゃんの誕生が期待されたが、実現することなく、キコは15年9月に死んだ。

 同園のジャガーは2歳の雄「卯月小助」のみになった。市はふるさと納税の寄付者が選ぶ活用先に同園の動物購入費を入れていて、目標額に達し次第、黒変種の雌の購入を目指すという。


10/20(土) 7:26配信 @S[アットエス] by 静岡新聞SBS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000001-at_s-l22
元気だったころのアラシ=静岡市駿河区の日本平動物園(2015年撮影、静岡市提供)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181020-00000001-at_s-000-3-view.jpg

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/10/21(日) 05:42:14.59 ID:CAP_USER9
ヌーディストビーチとして知られるオーストラリアのサムライビーチ(Samurai Beach)で、サーフィンをしていた男性がサメに襲われたものの、このサメにパンチを食らわせて撃退し、難を逃れる出来事があった。
豪紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に対してポール・ケニー(Paul Kenny)さん(50)が20日に語ったところによると、シドニーから北へ200キロほどの距離にあるサムライビーチ沖でサーフィンを楽しんでいた際、サメに衝突してしまった。

「そうするや否や、サメに腕をかみつかれた。自分にできることと言ったら、放されるまで殴りつけることくらいだった」

「サメから離れた時、1メートルほど離れた場所でサメの背びれを見た。できるだけ早く後ずさりし、乗れる波ならどんなものでも乗った」

ケニーさんにかみついたサメは、テンジクザメの一種かオオメジロザメとみられる。
ケニーさんは、2015年に南アフリカで行われたサーフィン大会の決勝の最中にサメを撃退したオーストラリアの伝説的サーファー、ミック・ファニング(Mick Fanning)氏のひそみに倣ったと発言。
一部始終がテレビ中継されていたため、世界的なニュースになったファニング氏の一件を引き合いに出し、「今や、サメを撃退するのはオーストラリア名物だね」と語った。

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/1/c1474_1351_5e4f3ecc_8aba88cb.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/15474122/

続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/18(木) 16:16:56.20 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181018/k10011676291000.html

17日夜、東京・赤坂の繁華街で外来種のアライグマが見つかり、警察など出動しておよそ2時間後に捕獲される騒ぎとなりました。
このアライグマ、東京都内で捕獲される数が10年間で10倍に増え、平成28年度はおよそ600頭に上ることがわかりました。

東京都によりますと、都内で捕獲されるアライグマは増加傾向にあり、平成19年度は64頭だったのが、平成24年度には259頭、
さらに平成28年度には599頭と、この10年で10倍近くに急増していることがわかりました。

捕獲されるのは多くは多摩地域ですが、ここ数年は、23区内でも捕獲されるようになり、平成28年度には少なくとも
16頭が23区内で捕獲されています。

また都が定めたアライグマとハクビシンの駆除計画に沿って、今年度は渋谷区や新宿区、それに世田谷区など17の区で予算をつけ、
捕獲のためのわなをしかけるなど対策に取り組んでいます。

23区内では主に住宅地や庭先など目撃されていて、中には飼育している金魚や育てている果物を食べられたという被害の報告があるということです。

また、東京都のまとめによりますと、平成14年度からアライグマによる農業被害も出はじめ、平成23年度に6万円だった被害額は、
平成28年度には314万円に上ってたということです。


捕獲業者「屋根裏にフンや尿も」

東京都内にあるアライグマなどの駆除を行う業者でも、最近は都心の住宅などでアライグマが見つかったという相談が寄せられていて、
相談は徐々に増える傾向にあります。

屋根裏などで見つかった際はフンや尿が見つかることもあり、臭いも強いためオリを設置して、お菓子や果物など置き捕獲を試みます。
しかし一週間ほどオリを設置しても捕獲できず、生活に支障がでるケースもあるということです。

業者は「アライグマは見た目とちがって凶暴なところもあり、むやみに手を出すとかまれたり引っかかれたりする。寄生虫がいることもある。
発見された場合は消毒も欠さず行うようにしている」と話していました。

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/10/10(水) 17:07:58.27 ID:CAP_USER9
動画:深さ9mの井戸にヒョウ、救出作戦の一部始終 インド
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/a/1000x/img_7a1c4ec39f4b142d20085ada8371109d109232.jpg
AFP 2018年10月10日 15:45 発信地:マハラシュトラ/インド [ インド アジア・オセアニア ]
http://www.afpbb.com/articles/-/3192764?cx_part=search

動画
https://players.brightcove.net/5615997992001/default_default/index.html?videoId=5846751813001

【10月10日 AFP】インド西部マハラシュトラ(Maharashtra)州で6日、深さ約9メートルの井戸に雌の7歳のヒョウが閉じ込められ、動物愛護活動家や森林当局者らによって救出された。(c)AFP

続きを読む

1: 鴎 ★ 2018/10/09(火) 23:41:02.92 ID:CAP_USER9
 長崎県佐世保市の九十九島水族館「海きらら」は9日、九州初の人工授精で生まれ、メスと発表したハンドウイルカの赤ちゃんがオスだったと訂正した。

 9月27日朝に生まれ、その日の夕方に「メス特有の(乳首が収まっている)乳溝が見えた」と発表していた。生後すぐはしわが多く、見間違えたらしい。

 生殖器を確認し、オスと判明した。11月には2頭目が生まれる予定。担当者は「喜びのあまり先走ってしまった。次は落ち着いて発表します」。

オスと分かったイルカの赤ちゃん(右)(2018年10月7日、長崎県佐世保市鹿子前町、海きらら提供)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181009-00000058-asahi-000-2-view.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000058-asahi-soci

続きを読む

↑このページのトップヘ