動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ニュース

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/02/14(木) 19:01:38.06 ID:F7MDvxy19
ボラが大量発生、歓迎の市民も 名古屋の黒川

IMG_0679

 名古屋市北区を流れる黒川(堀川上流の通称)にボラが大量に発生、
川面を黒く埋めている。あまりの多さに水中で酸欠が起きているとみられ、
名古屋市は大量死も懸念。一方、川の浄化に関わってきた市民からは
「魚が戻ってきた」と喜ぶ声も出ている。

 大量発生しているのは、北区黒川からやや上流の猿投橋の辺り。
体長20センチほどのボラが口をパクパク開け、川幅約10メートルの
反対岸まで埋めている。

 名古屋港水族館によると、ボラは春ごろに群れになって淡水域を
遡上する。大量発生は1週間ほど前からとみられ、13日時点で数百匹が
死んでおり、市は工事のため減らしていた庄内川からの水量を元に戻し、
水中の酸欠状態を解消させる。

 大量発生の理由は分かっていない。2008年にも大量発生し、
当時は約50万匹が酸欠で死んで悪臭が問題になった。

 清流域でなくても生息できるボラだが、「とにかく川がにぎやかになった」
と歓迎する声も。黒川やその下流域の堀川では、高度経済成長期に
工場廃水などで汚濁。市は1989年に「堀川総合整備構想」を定め、
ヘドロ除去などの環境対策に力を入れてきた。

 市の浄化施策の効果を調査検証するボランティア「堀川1000人調査隊」
代表の服部宏さん(63)は、昨年は堀川で年間を通じてボラの生息が
確認できたといい「再びたくさんの生き物が住む豊かな川に回復して
いってほしい」と話す。


中日新聞(2019年2月14日 12時56分)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019021490125621.html

続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2019/02/14(木) 12:03:07.24 ID:iqX+lrqT9
クジラ追い込み漁を止めるよう提訴、動物愛護団体 和歌山地裁
2019.2.14 11:24

IMG_0672

和歌山県太地(たいじ)町で行われている追い込み漁をめぐり、動物愛護団体代表が、
クジラやイルカが「苦痛の多い方法」で殺害されているのは動物愛護法に違反しているなどとして、
和歌山県知事や県を相手に、漁の許可取り消しを求める訴えを和歌山地裁に起こしたことが14日、分かった。

日本が国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を決め、1月下旬にロンドンの市民団体が
「日本の商業捕鯨に反対するため、東京五輪をボイコットせよ」と呼びかける抗議デモを実施。
反捕鯨運動が高まりを見せる中、今回の動きもすでに英国やオーストラリアの主要メディアが報じており、
注目を浴びそうだ。

産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/190214/wst1902140024-n1.html
和歌山県太地町の追い込み漁の停止を求めて、和歌山地裁に訴えを起こした
動物愛護団体のメンバーら=14日午前、東京・日本外国特派員協会
https://www.sankei.com/images/news/190214/wst1902140024-p1.jpg
IMG_0670

続きを読む

1: SQNY ★ 2019/02/12(火) 21:57:11.85 ID:CAP_USER
・4匹に1匹の動物は人間が殺している 

IMG_0659

GPSビーコンを用いた鳥類や動物の観察は、うち4匹に1匹が人間の手により死んでいることを示している。これにより、自然全体の存続にとって人間が最も大きな脅威の1つになっている。こうした研究結果が学術誌「Global Ecology and Biogeography」に掲載された。

研究チームは「私たち(人類)は地上に生きる3万5千種もの脊椎動物の1つに過ぎないが、脊椎動物の死の4分の1ほどが私たちの割合に当たる」と指摘する。

研究チームは恒温動物と変温動物およそ300種を含む地上の生物12万匹ほどの生死のデータを集めた。
観察期間中、人間が関与したと評価される死亡件数は、12万匹のうち4万2千匹超。そのうち、約1万2千件の死は人間が直接関与していた。その半数以上は密猟など違法な狩りが原因だった。

観察期間中にGPSで追跡していた動物を殺害した人間のうちわずか17%のみが狩猟許可証を持っていた。事故、人為感染、その他の偶発的な死因はわずか5~10%に留まった。

・On the land, one-quarter of vertebrates die because of humans
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2019-02/scoe-otl020819.php

(シカ)
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/579/88/5798896.jpg
IMG_0658

2019年02月12日 12:51 スプートニク日本
https://sptnkne.ws/kFHs

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2019/02/12(火) 12:25:45.05 ID:S/zCybR19
世界最高齢のコアホウドリ、68歳で産んだヒナがかえる
ギズモード・ジャパン 2019.02.12 07:00
author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US ( 岡本玄介 )
https://www.gizmodo.jp/2019/02/worlds-oldest-wild-bird-now-68.html
[原文]
https://gizmodo.com/worlds-oldest-wild-bird-now-68-still-fucks-and-she-ha-1832442351


イメージ写真 Madalyn Riley / USFWS Volunteer
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/02/08/190208_albatross-w1280.jpg
IMG_0647

老いてますますお盛んな知恵婆さん。

世界でもっとも高齢の野鳥という、コアホウドリのウィズダム(Wisdom)さん。ちょっと前に68歳で新たな卵を産んだことを報告しましたが……合衆国魚類野生生物局USFWSによりますと、この度そのヒナがかえったのだそうです。

●コアホウドリの生殖方法

オスは卵を温めることはしませんが、オスもメスも総排出腔という排便や生殖を兼ねる器官を持ち、交尾の時期になるとその器官が膨らみ、メスは尾羽を脇に動かし、オスは自分の総排出腔をメスのソレに擦りつけるのです。その後、メスはヒヨコが孵化する受精卵を産む、という流れになります。

コアホウドリにとって、婚活には長い時間がかかることがあるのだそうです。その時期になると彼らは未成年のように若く見えるようになり、相手が見つかるまで求愛ダンスを練習します。そして一度伴侶になると、一生連れそうのです。

●ウィズダムさんの発見時は6歳

ウィズダムさんの話は、生物学者のチャンドラー・ロビンズ氏が1956年に海軍兵舎の近くで捕まえたことから始まりました。当時彼女はもうすでに成鳥だったので、この時点で少なくとも6歳。彼女はその年にいた8,400羽の野生コアホウドリの中の1羽であり、ミッドウェイ島で繁殖する数百万のコアホウドリのうちの1羽でした。そして46年後、ロビンズ氏が巣穴を調査しているときに遭遇したコアホウドリの識別番号を見たら、それがウィズダムさんだったのです。

ちなみにウィズダムさんは“知恵”という意味で、彼女が56歳で結ばれた夫のAkeakamai(アケアカマイ)さんは、ハワイ語で“知恵の探求者”という意味を持っています。

現在68歳の彼女は、世界で最高齢として知られている野鳥です。USFWSのブログによりますと、このつがいは2006年から毎年卵を孵化させているとのことでした。ロビンズ氏はまだ、ヒヨコちゃんに名前を付けていませんが、おそらく近い内に“知恵”に関係した名前が付くでしょうね。

イメージ写真 Bob Peyton / USFWS
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/02/08/190208_albatross2.jpg
IMG_0648

●子育ては大変

コアホウドリの子育ては簡単ではありません。USFWSは、彼らは1度に1つの卵しか産むことができず、両親はそれから2カ月以上卵を温めるといいます。加えてヒナが海に向かう準備ができるまで、さらに5?6カ月かかるのだそうです。

ミッドウェイは、鳥の重要な生息地として機能しています。コアホウドリの70%が、ここで育児をし、またほかの種族の鳥たちもここで同様の暮らしをするのです。鳥たちにとって、家であり保育園でもあるのですね。何はともあれ、ウィズダムさんグッジョブです。


関連動画 66歳時の本人の動画と写真
世界最高齢アホウドリ、66歳でヒナかえす
太平洋の孤島で世界最高齢の野鳥が今年も子育て奮闘中
ナショナルジオグラフィック日本版 2017.02.22
https://pmdvod.nationalgeographic.com/NG_Video/976/815/1602011-news-albatross-wisdom-vin_thumbnail_ds1602001-21_990x556_621773379957.jpg 

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/12(火) 16:26:53.78 9
<村の長老も見たことがない大群、しかも「人を追い回す」新種のホッキョクグマ。殺さずに排除する方法はあるのか?>

ロシアではこの数カ月、50頭を超えるホッキョクグマが住宅やオフィスに侵入し、人を攻撃する例も確認されており、当局が非常事態宣言を発令した。

村では車や犬を使って追い払おうとしているものの、ホッキョクグマはライトや吠え声に慣れて怖がらなくなっており、効果がないという。


場所はロシア北東部にあるノバヤゼムリヤ列島の定住地、ベルーシャ・グバ。常時6頭から10頭のホッキョクグマが居ついている。地元自治体のアレクサンダー・ミナエフ副首長によれば、その一部が「攻撃的」な振る舞いを見せており、地元住民は怯えて暮らしている。AFP通信によれば、同列島には約3000人が暮らしている。

「住民はホッキョクグマに怯え、家から出るのも怖がっている」と、ミナエフは述べた。「子どもを学校や幼稚園に行かせることもできない」

■温暖化で追いつめられる

同列島に暮らして35年以上になるビガンシャ・ムーシン首長は、ホッキョクグマがこれほどの「大群で押し寄せた」のは初めてだと語った。しかもこれらのホッキョクグマは「文字どおり、人々を追い回している」と彼はつけ加えた。

ホッキョクグマは国際自然保護連合のレッドリスト(絶滅の危機にある生物のリスト)で危急種(絶滅危惧種よりも緊急度が1段階低い)に分類されており、安易に銃は向けられない。公式発表によれば、同列島を擁するアルハンゲリスク州の自然管理当局の自然保護活動家たちは、ほかに何か方法があるはずだと考えている。

最善の対処法を考え出すため、専門家グループが現地に派遣される予定だが、やむを得ない場合には殺処分の可能性も排除していないという。

温暖化などによって餌不足が深刻化するなか、ホッキョクグマはこれまで以上に人間の居住区域に近づくようになっている。氷が解けて生息地は減少しつつあり、陸地で過ごす時間が増えているのだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/02/50bears190212-thumb-720xauto-151948.jpg

■動画
Polar Bears Invade Russian Arctic Town https://youtu.be/fzHF4uFaE4c



https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/50-25.php

続きを読む

↑このページのトップヘ