動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 危険生物

1: しじみ ★ 2019/01/30(水) 13:27:15.78 ID:CAP_USER
■空路で運ばれたヒル、押収したカナダ当局は処分に頭を悩ませている

 カナダのトロント・ピアソン国際空港で、パトロールしていたビーグル犬が意外な臭気を嗅ぎ取った。臭いのもとは、ロシアから帰国したばかりのカナダ人男性の手荷物だった。

 犬は、旅行者の横でサッと伏せをする。これは、禁止薬物などを見つけたときに犬がカナダ国境サービス庁の職員に送る合図だ。

 男性の鞄を覗いた職員が発見したのは、数百個の容器いっぱいに詰められた5000匹の生きたヒルだった。2018年10月17日、カナダで初めてヒルの「密輸業者」が捕らえられた(当局は、今のところ「違法にヒルを輸入した容疑者」としている。密輸の意図があったかは確定していないため)。

 オンタリオ州のカナダ環境・気候変動省野生生物取締局の情報部長アンドレ・リュペール氏は、「男性は国際的に取引が規制されている種を、必要な許可なく違法に輸入しようした罪で起訴された」と述べている。2月には法廷で審問が開始される予定だ。プライバシー保護と調査中であることを理由に、カナダ国境サービス庁は男性の氏名、事件の詳細を明らかにしていない。

■売値は1匹約10ドル

 ヒルは、南極以外のすべての大陸に生息している。その一部は人を含めた動物の血を吸うことから嫌悪されているが、医療で役立っていることは意外と知られていない。カナダで押収されたヒルは欧州の医療用ヒル2種、Hirudo verbanaとHirudo medicinalisだった。どちらも形成外科、やけど治療室などで利用されている。ヒルはうっ血した部位の血を吸い出すだけでなく、天然の抗凝血物質を分泌することで、損傷した組織への血行を改善するからだ。医療用ヒルは、1匹約10ドルで売れるという。

 リュペール氏によると、起訴された男性は「所持していたヒルは個人的に利用するもので、ヒルが出す水分をランの肥料にするつもりだった」と主張しているという。

 男性の主張を真に受ける人は少ない。「5000匹という量を考えると、捕まった男性が販売しようと考えていたことは間違いないでしょう」とリュペール氏は話す。「凍傷の治療や美容整形手術後の回復促進用に、ヒルを使う買い手を探すつもりだったのかもしれません」

 ヒルは痛みを和らげたり、「悪い血」を体外に排出させたりする(瀉血:しゃけつ)のに役立つと信じて野生のヒルを求める人もいる。しかし抗生剤の処方無しで、そのような使い方をすれば、反対に感染症にかかるリスクがある。


https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/012900063/ph_thumb.jpg
IMG_0364

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/012900063/

続きを読む

1: みつを ★ 2019/01/08(火) 03:10:26.66 ID:1155h1Ak9
http://www.afpbb.com/articles/-/3205366?act=all

豪東海岸に毒クラゲが「襲来」、ここ数日で「桁外れ」の被害件数
2019年1月7日 23:49 
発信地:シドニー/オーストラリア [ オーストラリア アジア・オセアニア ]

【1月7日 AFP】オーストラリア北東部沿岸で、ここ数日間だけで3000人超が強力な毒を持つクラゲに刺される被害に遭っていたことが分かった。当局が7日、明らかにした。これを受けて複数のビーチが閉鎖を余儀なくされた。

 刺されると激しい痛みを引き起こすクラゲの一種、カツオノエボシが豪北東部の沿岸に大量発生していることについて、クイーンズランド(Queensland)州のメディアは「襲来」と表現。

 ライフセーバー団体「サーフ・ライフ・セービング(Surf Life Saving)」によると、3585人という「桁外れ」の数の人々が、その青みがかった外観から「ブルーボトル」とも呼ばれるカツオノエボシと接触して、やけどのような痛みを味わったという。

 また少なくとも4か所の主要ビーチが閉鎖されており、同団体はさらに多くのカツオノエボシがビーチに向かっていると警告。「ブルーボトルの壁が#レインボービーチに接近中。ライフセーバーが同ビーチを閉鎖しています。海には近づかないでください」などと複数回警告を発した。

 オーストラリア総合診療学会(RACGP)によると、同国東海岸でカツオノエボシに刺される被害の件数は、年間で通常1万件前後だといい、ここ数日間で極めて多くの人々が被害に遭っていることは、当局を驚かせている。

 この驚異的な数は、北東から陸地へ向かって強風が吹き、カツオノエボシが海水浴客に接触していることによるものだという。

カツオノエボシ。
IMG_9903

続きを読む

1: Mr.名無しさん 2017/11/20(月) 07:26:23.62
内訳

サメ 10人
オオカミ 10人
クラゲ 40人
トラ 50人
ハチ 60人
ライオン 100人
ゾウ 100人
カバ 500人
ワニ 1,000人
サナダムシ 2,000人
カイチュウ 2,500人
サソリ 3500人
巻き貝 10,000人
サシガメ 10,000人
ツエツエバエ 10,000人
イヌ  25,000人
ヘビ  50,000人
人間 475,000人 (戦争など武力行使以外の殺人)

圧倒的に人間を引き離し、年間725,000人を殺している動物がいた。
1年で72万人も殺している動物とは、
マラリア原虫を媒介しているハマダラカ 「蚊」だった。

蚊に刺されて亡くなる代表的な病気が、マラリアだ。
マラリア原虫を保有しているハマダラカに刺されて感染する。

WHOのマラリアレポートによると、世界で年間約2億人が感染し、約43万人が亡くなる。
マラリア死亡者の90%が、サハラ以南のアフリカ地域に集中している。

発熱や脳炎を引き起こすウエストナイルウイルス、子どもが重症になりやすいデング熱も、蚊によって媒介される。
それでも蚊(830,000人)が人間(580,000人)を引き離し、圧倒的な多さだった。

動物による死亡者を「2015年のエイズか糖尿病の死亡者とほぼ同じ数」と説明。
「リストにあるもっと小さい生き物に比べたら、サメなどは恐ろしいものではない」としている。


蚊に刺されたら終わりなので毒ちゃんたちも注意してくれ・・・

続きを読む

1: Mr.名無しさん 2017/11/24(金) 00:26:29.21
立ったら10位から解説していきたいと思う。

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/10/01(月) 15:03:08.59 ID:CAP_USER
江の島(神奈川県藤沢市)の海岸で今月、フグと同じ猛毒テトロドトキシンを持つ「ヒョウモンダコ」が見つかった。生息域は熱帯や亜熱帯の海とされるが、温暖化の影響で近年、西日本を中心に各地の海岸で発見が相次いでいる。かまれるとまひ症状を引き起こし、海外では死亡例もある危険なタコで、注意喚起のため、新江ノ島水族館(同市)が26日から公開展示する。

 ヒョウモンダコが見つかったのは今月9日。遊びに来ていた子供連れのグループが、網で磯の生物を捕まえようとした際に捕れた。グループの中に危険なタコだと知っている男性がいて、「近くで子供が磯遊びをしており、逃がしてかまれたら大変だ」と、バケツに入れて同水族館に持ち込んだ。

 体長は約8センチ。普段は茶色っぽいが、刺激を受けると全身が黄色くなり、ヒョウ柄のような青色の斑紋が出ることからヒョウモンダコの名がついた。

 同水族館展示飼育部魚類チームの北田貢チームリーダーは「普段はじっとしていて、自分から襲いかかってくることはまずない、小さくてかわいいタコだが、手のひらに乗せるとかまれる恐れがある。絶対に触らないでほしい」と話している。

https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180925/20180925-OYT1I50053-N.jpg

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/science/20180925-OYT1T50135.html

続きを読む

↑このページのトップヘ