動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 危険生物

1: みつを ★ 2019/12/01(日) 02:26:55.78 ID:3pzE6txd9
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32142.html

頭がカメで体はドラゴン?浜辺を歩く変な生き物 インドネシア

 古代中国では「龍」について、ラクダのような頭にシカのツノが生えていて、ヘビの体にトラの手とタカの爪がついていると考えられていたが、インドネシア・ニューギニア島では今月初め、頭がカメで体はワニそっくりの「ドラゴン」が目撃された!

IMG_6347

 これは世界最大のオオトカゲと言われる「コモドドラゴン」がカメをくわえて歩く姿だ。コモドドラゴンは中型のワニと同じ体長3メートルに達し、体重は100キロ近くまで成長。


 コモド島を中心としたスンダ列島に生息し、イノシシやシカ、野生化した水牛、ヤギなどといった大型哺乳類から、サルや野ネズミ、クサリヘビ、コブラなど何でも食う。


 鋭い歯のひとつひとつがノコギリのようになっていて、噛みつかれた獲物は、歯の間にある毒の管から注入される毒(ヘモトキシン)により、失血死してしまう。人間も例外ではなく、2017年にはシンガポールからの旅行客がコモドドラゴンに近づきすぎて大ケガするなど、コモド国立公園では1974年以降、30人が噛まれ、このうち5人が死亡している。


 その最強オオトカゲが狩りをするときは、通常、背の高い草むらや茂みに隠れて待ち伏せし、こんな巨体にもかかわらず、時速20キロで獲物を襲撃する。


 なかなかの俊足のため、浜辺をのんびり歩くカメなんかイチコロだ。強靭なアゴの力でカメを持ち上げながら歩く姿は異様だが、誰にも横取りされないところまでたどり着くと、勢い良く浜辺に放り出し、食欲を満たすことに専念した。

動画
https://youtu.be/M2h0ZEi65W8



【関連記事】
【インドネシア】コモドドラゴンが大きな猿を丸飲みにする恐ろしい瞬間の注意動画がとらえられた 
IMG_6348



続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2019/11/25(月) 18:56:31.53 ID:ExRp0RwS9
◆ ハチ殺さずにおとなしく スプレー開発、高知大教授

IMG_6254

スズメバチに刺される被害を減らそうと高知大教授らのベンチャー企業「KINP」(高知県南国市)が、ハチの活動を一時的に抑える忌避剤スプレー「スズメバチサラバ」を開発した。
スズメバチは農業に害を及ぼす虫をかみ殺す。同社社長で高知大農林海洋科学部の金哲史教授(化学生態学)は「益虫であるハチを殺さずに、おとなしくさせられる」と説明、救急に携わる消防局、学校が購入するなど好評だ。

金さんはスズメバチが嫌うクヌギの樹液に「2-フェニルエタノール」という物質が含まれることを発見。
類似物の「ベンジルアルコール」をスズメバチにスプレーで噴射すると地面に落下し、5~20分ほど飛ばなくなったほか、スズメバチの触覚を介して効くとみられることも確かめた。

約6年かけて2018年4月に商品化。
多くの殺虫剤が効きにくいオオスズメバチにも効力が望める。
使用に当たっては、人の目に入らないように注意が必要という。

写真:ハチの活動を一時的に抑える忌避剤スプレーを開発した高知大の金哲史教授=高知県南国市
IMG_6253

https://www.sankei.com/photo/daily/news/191123/dly1911230011-n1.html



【関連記事】
山口で外来スズメバチの巣確認 本州で初 駆除して焼却
IMG_6255



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/11/21(木) 23:03:27.71 ID:f3gu4Vsd9
 環境省は21日、特定外来生物ツマアカスズメバチの巣が山口県防府市で見つかったと発表した。九州では侵入が確認されていたが、本州で見つかったのは初。既に駆除して焼却処理した。中国や東南アジアが原産のスズメバチで、国内では長崎県対馬市に定着している。

IMG_6202

 同省によると、18日に防府市の道路沿いで見つかったスズメバチの巣を業者が駆除。鑑定の結果、ツマアカスズメバチの成虫が確認された。

2019/11/21 20:11 (JST)
https://this.kiji.is/570200958718280801


【関連記事】
日本は最強の虫の宝庫だった!外来種が根付きづらい昆虫修羅の国
IMG_6203



続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/10/12(土) 08:01:58.62 ID:CAP_USER

ツバキの葉に生息しているチャドクガの幼虫(kagonma/stock.adobe.com)
IMG_4829

 今年は「チャドクガ」の当たり年のようです。「ガ」というよりその幼虫の「毛虫」が、タチが悪いのです。「茶の毒蛾」の言葉の通り、お茶の木だけでなく、同じツバキ科の植物に大発生します。体長が2センチほどの幼虫は集団生活し、ツバキやサザンカの葉に毛虫が群がっていたら、それは間違いなくチャドクガです。

 人を刺すのはおよそ50万本ある微細な「毒針毛」と呼ばれる細かいトゲです。毒針毛に触れると、しばらくして手のひらほどの範囲に赤い小さな発疹ができ、強い痒(かゆ)みがあります。発疹は数日でいったん消失するのですが、またしばらく経って、アレルギー反応がおこり、今度は体中にじんましんのような発疹が出ることもあります。

 発熱や目まいを生ずることもあり、1カ月以上症状が続くこともあるので、非常に厄介です。チャドクガは羽化して蛾になっても毒針毛を持っているため、毛虫に触れた覚えが無いのに、という患者さんが多いことも特徴です。

 さらに厄介なことに、この毛虫は年に2回、5~6月ごろと、9~10月ごろに大発生します。もし刺された場合は、決してこすったりかいたりせず、患部にセロテープを貼って剥がして、できるだけ毒針毛を取り除きます。そのあと流水でよく洗い流して、抗ヒスタミン剤かステロイド剤の軟膏を塗って下さい。もちろん、皮膚科の受診も忘れずに。

 私の家でも大量発生したことがあって園芸屋さんに来ていただいたのですが、数メートル離れたところから殺虫剤をふりかけて終わり。庭中に毒針毛が飛散しているため、雨が毛虫の死骸を洗い流してくれるまでは庭に出ないようにと、プロでさえ近付きたがらない毛虫。皆さんもよくよく注意して下さい。

https://maidonanews.jp/article/12786804



【関連記事】
危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ
IMG_4830

続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/11(日) 13:48:38.43 ID:a6qVBxs79
https://www.cnn.co.jp/usa/35141159.html

米NY動物園、毒ヘビが脱走も「人間に危害与えない」
2019.08.10 Sat posted at 16:32 JST

IMG_3710

米ニューヨーク市のブロンクス動物園は10日までに、飼育する体長約1メートルの毒ヘビ「マングローブヘビ」が展示施設の檻(おり)から抜け出したと発表した。ただ、入園客に脅威を与えるヘビではないとも主張した。

猛毒のヘビではなく、毒性は軽度とも説明。声明で、人間に危害を与えるヘビとしては知られておらず、性格は臆病で活動は夜間に活発化するなどとした。
ただ、十分な注意を入園客に呼び掛けるため動物園入り口に「このへびを目撃したり接触する可能性は少ない」との説明文も掲示した。

同園関係者はCNN系列局WCBSの取材にヘビは檻のネットの網目から逃げた可能性があるとした。
米スミソニアン国立動物園などによると、マングローブヘビは体が黒色で、胴体や顔面には帯状の黄色の模様が入っている。人間に致命的となる毒は持っていないが、噛(か)まれた場合、皮膚に痛みが伴う腫れや変色が生じるという。
ブロンクス動物園がマングローブヘビが逃げたとして注意を呼び掛けている/Getty Images




【関連記事】
【インド】自宅でくつろいでいる所を侵入してきたヘビに噛まれ 復習にそのヘビを噛み砕いた男性が病院に運ばれる
IMG_3711



続きを読む

↑このページのトップヘ