動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 保護

1: きつねうどん ★ 2019/08/30(金) 12:13:18.45 ID:CAP_USER

米国の施設で保護されていたジャンボサイズのオス猫に里親が見つかった/Morris Animal Refuge

IMG_4005

(CNN) 11.8キロの巨体とけだるそうな表情でインターネットの話題をさらった保護猫に、里親が見つかった。米フィラデルフィアの保護施設が発表した。

ミスター・Bこと「ビージェイ」は2歳のオス猫。フィラデルフィアにある保護施設のモリス・アニマル・レフュージがツイッターやフェイスブックに情報を掲載して里親を募っていた。

この投稿が注目を集め、同施設によれば、3000世帯以上から申し込みがあった。けだるそうな表情や大きな体が猫好きの心をくすぐったらしい。

獣医師が診察した結果、ミスター・Bには健康問題や行動問題があることが分かり、ほかにもそうした問題をもつ猫を育てた経験のある、特に献身的な里親に引き取ってもらうことになった。

同施設はこれからも、ミスター・Bの様子をファンに伝えると約束している。ミスター・Bのまん丸い顔をあしらったTシャツも売り出しており、不機嫌そうな表情で話題を呼んだ「グランピー・キャット」に続く人気猫になるかもしれない。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35141984.html




【関連記事】
【ライガー】世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない
IMG_4006



続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/05(月) 20:37:13.31 ID:z1FhCTM49
【ネコがキャットウォーク】米ニューヨークでネコのファッションショー 動物保護目的

2019/08/05
米ニューヨークのアルゴンキンホテルのロビーで1日、ネコのファッションショーが開催された。毎年恒例のイベントで、動物保護や養子縁組に対する人々の意識向上が目的だ。

FullSizeRender

https://twitter.com/reuters_co_jp/status/1158339365401067520?s=21
(リンク先に動画ニュースあり)




【関連記事】
現代の犬に服は必要 「飼い主の自己満」と思うなかれ
FullSizeRender



続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/07/14(日) 16:42:18.63 ID:CAP_USER

くちばしにガムテープが巻かれた状態で見つかったカモ。体にはひもが結ばれていた(滋賀県警提供)

FullSizeRender

 14日午前9時40分ごろ、滋賀県彦根市平田町のアパートで、くちばしにガムテープが巻かれたカモ1羽を住人の50代男性が見つけ、110番した。滋賀県警彦根署が鳥獣保護法違反の疑いで捜査している。

 同署によると、カモは体長約40センチの成鳥で、発見時、ベランダの3階で動かずじっとしていた。くちばしはガムテープで二重に巻かれていた。胴体も綿製のひも(太さ約5ミリ、長さ約80センチ)で結ばれていたが、羽を広げることはできる状態だったという。カモの種類は不明。

 同署の説明では、カモは弱っており、水を与えても飲む様子はなかった。同署員が午後1時15分ごろ、同市松原町の琵琶湖に放すと、湖面を泳いでいったという。

https://s.kyoto-np.jp/politics/article/20190714000041

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/13(土) 02:34:59.33 ID:WpBOG+429
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000019-jij_afp-sctch
 国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)は10日、世界109か国で野生動物の密輸網を一斉摘発し、
1万匹以上の動物を保護するとともに容疑者582人を逮捕したと発表した。

FullSizeRender

 インターポールによると「サンダーボール作戦(Operation Thunderball)」と名付けられた今回の摘発作戦は、国際犯罪ネットワークが標的。
世界税関機構(WCO)と連携し、野生動物の密輸ルートや違法取引の温床とみられる場所に狙いを定めて実施された。
インターポールがこうした大規模な取り締まりを行うのは、2017年と2018年に次ぎ3回目。

 保護された動物は、霊長類23匹、大型ネコ科動物30頭、鳥類4300羽超、爬虫(はちゅう)類約1500匹、カメ約1万匹など。
このほか、象牙440本と象牙加工品545キロも押収された。
インターポールは、インターネットを介した野生動物の違法取引のまん延が背景にあると指摘している。

続きを読む

1: みつを ★ 2019/06/17(月) 03:43:47.98 ID:36FVMNW79
https://www.afpbb.com/articles/-/3230230?act=all

ナミビア、野生動物1000頭を競売へ 草地保護と資金調達目指す
2019年6月16日 22:57 
発信地:ウィントフーク/ナミビア [ ナミビア アフリカ ]

IMG_2777

【6月16日 AFP】干ばつに見舞われているアフリカ南部ナミビアで、相次ぐ動物の死に歯止めをかけると同時に自然保護の予算110万ドル(約1億1900万円)を調達するため、ゾウやキリンなど国立公園に生息する野生動物、少なくとも1000頭の売却を許可した。当局が15日、認めた。

 環境・観光省のロメオ・ムユンダ(Romeo Muyunda)氏はAFPに対し、「今年が干ばつの年であることを考慮し、本省はさまざまな保護区からさまざまな種類の狩猟対象動物を売却する方針だ。草地を保護すると同時に、公園や野生生物の管理のために必須の資金を捻出するためだ」と述べた。

 当局は先月、国家災害事態宣言を発令。気象当局の予報によると、同国の一部地域は過去90年で最悪規模の干ばつに見舞われたと推測している。

 ムユンダ氏は、「国立公園の大半では、草地の状況は極めて悪く、動物の個体数を減らさなければ、動物が飢えて死ぬことになる」と語った。

 農業・水利・森林省が4月に公表した報告書によると、2018年には、草地の状況悪化により6万3700頭の動物が死んだという。

 ナミビア政府は先週、国立公園の野生動物約1000頭を売却する意向を表明。内訳は、病気にかかっていないバッファロー600頭、スプリングボック(トビカモシカ)150頭、オリックス65頭、キリン60頭、ゾウ28頭、インパラ20頭など。

 政府発表によると、同国の国立公園には現在、バッファロー約960頭、スプリングボック2000頭、オリックス780頭、ゾウ6400頭などが生息している。

 今回のオークションは14日から地元の新聞で宣伝されている。(c)AFP

続きを読む

↑このページのトップヘ