動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 保護

1: 2020/09/15(火) 18:18:08.61 _USER
世界中で嫌われるコウモリは誤解だらけ、仏博物館で啓発活動

image

 フランス中部の博物館では、研究者らが親のいない赤ちゃんコウモリに昆虫や子猫用ミルクを優しく与えている。
 コウモリは、ヒトの疾患、ごく最近の例では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を引き起こすとして、多くの人に嫌悪されている生き物だ。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)により、インドやペルー、キューバ、ルワンダの自治体はコウモリ駆除に乗り出したが、フランス中部ブールジュ(Bourges)に位置する自然史博物館の研究チームは、世の中で誤解されている、翼を持つ哺乳類の保護を使命としている。

 コウモリは花粉媒介種として重要な存在で、作物の害虫もたくさん食べてくれるが、一方で、病気を拡散するとして非難され、一般的に大衆文化では血を吸う寄生生物として描かれる。

 「病気がうつると恐れられている」と、博物館の館長でコウモリの研究と保護に長年携わるローラン・アルテュール(Laurent Arthur)氏は述べた。

AFP
https://news.yahoo.co.jp/articles/0304ea630dc904d5c5679c0821561b1ee171d4ed

関連記事




当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】はこちらからご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/09/04(金) 18:43:08.42
早朝の海岸を散歩していたら、衰弱したアカウミガメが 生きた個体は6年ぶり 明石

 4日午前6時45分ごろ、兵庫県明石市大久保町江井島の江井島海岸で、散歩中だった近くの男性(71)が、国のレッドデータなどで絶滅危惧種に指定されているアカウミガメが打ち上げられているのを見つけ、明石市に連絡した。

 
image

 同市によると、産卵はしていないが、生きた個体が市内の海岸で確認されたのは2014年以来6年ぶりという。

 見つかったアカウミガメは体長約1メートル、甲羅の長さ約80センチで、雌雄は不明。大人ではなく、若い個体という。かなり衰弱しており、神戸市立須磨海浜水族園で保護し、点滴などで治療する方針。


※以下略、全文はソースからご覧ください。


神戸新聞NEXT
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5d18e5ac767f50b388056881df17cd45a546717

関連記事





当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】はこちらからご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/08/08(土) 03:54:28.21
ジャイアントパンダを救う取り組みは、保護活動で最大の成功物語となっている。

IMG_2982

数十年かけて保護区を整備したことで、ジャイアントパンダは絶滅の危機から脱した。

しかし最新の研究では、この保護活動が他の多くの動物に恩恵を与えている一方で、一部の動物に被害を及ぼしていることがわかってきた。

ジャイアントパンダ保護区の大半で、ヒョウ、ユキヒョウ、オオカミ、イヌ科のドールなどの姿がほぼ見えなくなっている。

IMG_2983

IMG_2984

これらの動物は伐採、密猟、病気によってすでに絶滅寸前に追いやられており、もし姿を消すことになれば、「生態系の大変化や崩壊すら」招きかねないと、中国の研究者らは話す。

ヒョウやオオカミのような動物がいなくなれば、シカや家畜が自由に歩き回る。すると、自然生息地が荒らされ、連鎖的にパンダを含む他の野生動物に影響が及ぶという。

自然保護活動家らはこれまで、人々を魅了するパンダの住む森を守ることは、同じ場所に生息する他の動物も同時に保護することになると考えていた。

ところが、一部の野生動物についてはそれが当てはまるものの、ヒョウやオオカミなどの大型の肉食動物に関しては、そうとは言えないことが見えてきた。

研究者チームは現在、パンダの住む生態系を保つには、他の主要な動物に大打撃が及ばない、より幅広い全体的なアプローチが必要だとしている。

このことは、「ジャイアントパンダに限らず他の野生生物にとっての生態系も復元力と持続力を増すため、決定的に求められている」と、今回の研究論文を共同執筆した北京大学の李晟博士は話した。

研究者らはそれを実践する方法として、密漁の取り締まりや、大型肉食動物の獲物となる動物の生息地の復元などを挙げている。

ジャイアントパンダは、保護活動が機能していることを示す、「生きる証拠」と考えられている。自然界での生息数は、長年の減少傾向から脱し、ついに増加に転じた。2016年には、絶滅の恐れのある種を挙げた「レッドリスト」で、「絶滅危惧種」から、より危険度が低い「危急種」に評価が引き上げられた。

ジャイアントパンダは、「アンブレラ種」とみなされている。アンブレラ種は、保護対象に選ばれた種であり、それを守ることで間接的に、他の野生動物の生態コミュニティーも守ることになるとされている。

https://www.bbc.com/japanese/53681819
【関連記事】


※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!


全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/07/27(月) 22:08:10.66
「世界一美しいカタツムリ」に絶滅の危機、保護は実るか

FullSizeRender

 キューバのコダママイマイの殻の色は、パステルイエローからピンク、レンガ色、黒、真珠のような白、黄土色までさまざまだ。これらの鮮やかな色が、直径3cmほどの殻の渦巻きをより美しく見せている。自然が生み出した驚異とも言えるこの美しい殻を眺めていると、気まぐれに色を塗った、無限に続くらせん階段を覗き込んでいるような、なんとも言えない気分になる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c1d4f6c1b77aafcd10020e7607aad3fe618f438
【関連記事】
環境の変化に敏感な体長2ミリの新種のカタツムリが環境活動家グレタさんにちなんで名付けられる 
IMG_2588



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/07/19(日) 06:37:00.21
オーストラリアに生息する有袋類ミミナガバンディクート、通称ビルビーは、過去200年にわたって人間が連れてきたネコやキツネに狩られ、絶滅の危機にある。

FullSizeRender

しかし現在、ニューサウスウェールズ州で行われている保護プログラムによって、100年以上ぶりに野生での繁殖が確認された。

生態学者は、ビルビーの将来に希望が抱けると歓迎している。
動画はソース元にて

https://www.bbc.com/japanese/video-53440650
【関連記事】
小型有袋類カルタ、「極端な繁殖行動」で同一世代の雄が全滅か
IMG_4289



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

↑このページのトップヘ