動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 淡水生物

1: しじみ ★ 2019/11/16(土) 13:47:17.57 ID:q0ZganhI9
■ネオニコチノイドの水界生態系への影響を初めて検証、産総研ほか

IMG_6111

1993年5月、島根県の宍道湖付近の稲作農家がイミダクロプリドという殺虫剤を使いはじめた。

 同じ年、甲殻類や動物プランクトンなど、食物網の土台となる節足動物が減りはじめた。1994年の終わりには、これらを餌とするニホンウナギ(Anguilla japonica)とワカサギ(Hypomesus nipponensis)が激減した。そして、イミダクロプリドをはじめとするネオニコチノイド系殺虫剤の使用は年々増え続け、以後、魚の数は回復していない。

IMG_6112

 11月1日付けの科学誌「サイエンス」に発表されたこの論文により、世界で最も広く利用されている殺虫剤であるネオニコチノイド系殺虫剤が、水界生態系に漏れ出し、漁獲量を激減させ、漁業に大きな打撃を与えていたことが明らかになった。科学者たちは、これは日本だけの現象ではなく、ネオニコチノイドが世界の水界生態系に及ぼす深刻な被害の劇的な1例にすぎないと見ている。

 宍道湖では、ネオニコチノイドの使用が始まる10年以上前の1980年代初頭から、漁場の調査が継続的に行われていた。このようなデータは非常に珍しい。宍道湖の研究者たちは、水質、節足動物と動物プランクトンの数、魚の漁獲量などを幅広く記録していた。(参考記事:「ウナギ保護の具体的な課題とは」)
 
 論文の筆頭著者で、産業技術総合研究所と東京大学に所属する山室真澄氏らは、この記録を使って、ネオニコチノイドの使用と食物網の混乱との間に明確なつながりを発見した。

 ネオニコチノイドを使い始めた1993年の前後12年間について、魚の餌になる微小な甲殻類などの動物プランクトンの量を集計したところ、平均で83%も減少していた。

 なかでも、オオユスリカ(Chironomus plumosus)の幼虫は、2016年には全然見つからなかった。山室氏はこのことにショックを受けたという。

「本当に驚きました」と山室氏は言う。「私が大学生だった1982年には本当にたくさんいたのです」

2018年にモンサントを買収したバイエル クロップサイエンスのスポークスマンであるダレン・ウォリス氏は、ネオニコチノイドの使用と漁獲量の減少との関連ははっきりしないと反論する。バイエルはネオニコチノイド系殺虫剤の代表的なメーカーだ。


しかし、ナショナル ジオグラフィックが今回の研究とは無関係な6人の研究者にインタビューを行ったところ、彼らはウォリス氏の意見に反対し、口々に今回の研究で示された関連の強さに驚いていた。

「この研究は、ワカサギとウナギという商業的に重要な魚が激減した理由が、ネオニコチノイドにあることを強い説得力をもって示しています。なぜならこの間、ほかに考えられる要因は何も変化していないからです」と、オーストラリア、シドニー大学の生態毒性学者であるフランシスコ・サンチェス・バヨ氏は言う。

 この研究では、殺虫剤の使用と漁獲量の激減との関連が示されただけだが、ネオニコチノイドを導入した途端にプランクトンと魚が減少していることは、ほかに説明のしようがないとサンチェス・バヨ氏は付け加える。例えば、ほかに原因として考えられる塩素イオン濃度、堆積物の成分、溶存酸素などの水質の指標には、さほど大きな変化はなかった。

 水質汚染の専門家である米ラトガース大学のオラフ・ジェンセン氏は、大きなストレスを持続的にかけるネオニコチノイドの影響をこう説明する。「殺虫剤を毎年使用するのは、小規模な原油流出事故のような環境の撹乱を繰り返すようなものです」

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/111500665/


【関連記事】
ニホンウナギの稚魚(シラスウナギ) 今年も少なく 取引価格は前月比4割高 土用の丑に出荷できるか焦る養殖業者
IMG_6114



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/10/27(日) 11:10:02.90 ID:lSH34mif9
ゲノム編集という最新の技術を使って、卵を産めないように遺伝子を操作した外来魚の「ブルーギル」を作りだすことに国の水産研究・教育機構の研究グループが成功しました。ブルーギルは外来魚として各地で問題を引き起こしていて、将来的に湖などに放すことで駆除できる可能性があるとしています。

IMG_5691

ブルーギルは北米原産の淡水魚で、昭和30年代に日本に持ち込まれました。各地で繁殖して在来の魚を捕食して生態系に大きな影響を与えるなどしたため、捕獲する取り組みが行われているものの、効果が小さく問題となっています。

三重県にある国立研究開発法人水産研究・教育機構の岡本裕之グループ長らの研究グループは、ゲノム編集と呼ばれる最新の技術を使って、遺伝子を操作したオスのブルーギルを作り出しました。

このオスの子孫は、メスに卵ができにくくなるよう遺伝子が操作がされていて、世代を重ねるほど卵を産めないメスが増えてブルーギルを減らすことができるとしています。

ゲノム編集を使って新たな品種を作り出す取り組みは近年、急速に進んでいますが、環境省によりますと、外来種の駆除にゲノム編集の技術を使おうという研究は国内では初めてではないかとしています。

水産研究・教育機構増養殖研究所の岡本裕之グループ長は「環境への影響など十分に配慮しながら社会の理解も得て実施できるように進めていきたい」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191027/k10012151921000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004




【関連記事】
キンギョの全ゲノム解読=1400万年前に遺伝子重複-大阪大など
IMG_5726



続きを読む

1: みつを ★ 2019/10/12(土) 04:11:28.10 ID:ooKAjRhz9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35143874.html

外来種のライギョ、米ジョージア州で発見 「すぐに駆除を」
2019.10.11 Fri posted at 16:20 JST

IMG_4814

(CNN) 空気呼吸ができ、陸上でも生きられる外来種の魚ライギョが、米ジョージア州で初めて見つかった。州当局は、見つけたら直ちに駆除してほしいと呼びかけている。

ジョージア州天然資源局の8日の発表によると、発見されたのはカムルチーというライギョ(スネークヘッド)の仲間で、同州グウィンネット郡の池で釣りをしていた人が捕獲した。

同局の担当者は、「釣り人がすぐに報告してくれたおかげで、職員が調査して、この魚がこの池に生息していることを確認できた」と説明。「ここから別の場所に広がっていないかどうか調べ、ほかの場所への拡散を食い止めたい」としている。

ライギョがジョージア州で見つかったのは初めてだが、米国内ではこれまでに14州で報告されている。ライギョは体に茶色い斑点があり、体長約90センチほどに成長することもある。空気呼吸もでき、酸素が少ない陸上でも生きられる。

米国では外来種とみなされ、固有種に影響を及ぼす恐れがあることから、ジョージア州では野生生物免許を持たずにライギョを飼育することを禁止している。

釣りをしていてカムルチーがかかったら、すぐに処分して冷凍するよう州当局は呼びかけ、「できれば写真を撮影し、口とヒレと尾の拡大写真も含め、捕まえた場所を記録してほしい」としている。

米農務省はライギョを「有害野生生物」に指定し、連邦法で規制している。



【関連記事】
絶滅危惧種の住むビオトープに「バス放流」か 1か月で3回目撃、生態系に心配の声
IMG_4815



続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/08(火) 22:32:51.36 ID:CAP_USER
(台北中央社)台北市立動物園で6日、日本の特別天然記念物に指定されている「阿寒湖のマリモ」の公開が始まった。天然のマリモが海外に運ばれるのは初めて。水槽の前では台湾の子供たちが「可愛い」「これは動物なの」などと口々に声を上げ、珍しげに観察する姿が見られた。

同動物園と阿寒湖がある北海道釧路市の釧路市動物園は2011年に学術交流覚書を交わしたのをきっかけに密接な交流を続けている。その縁で今回、釧路市教育委員会から阿寒湖の天然マリモ4個が台北市立動物園に貸与された。

貸与されたマリモの大きさはいずれも直径10センチ以上。台湾では2017年にも阿寒湖のマリモが展示公開されたが、当時同市教委から贈られたマリモは人工だった。台北市立動物園によると、同市教委は寄贈後も飼育に関する協力を引き続き行っていたという。

同動物園は、天然マリモの貸与は同園の絶滅危惧種保全の取り組みに対する釧路市の支持を示すものであり、保全活動における双方の国際連携の進展を浮き彫りにしたとしている。

マリモは両棲爬虫館で展示されている。

同動物園ではこのほど、釧路市教委から無償貸与されたつがいのタンチョウの飼育舎も完成し、6日に記念式典が開かれた。

(編集:名切千絵)

http://mjapan.cna.com.tw/news/asoc/201910080007.aspx
中央社フォーカス台湾 2019/10/08 18:52


台北市立動物園で公開が始まった日本の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」=同園提供
IMG_4745




【関連記事】
井の頭池、生物の楽園に 絶滅危惧種のツツイトモ6倍 トンボ3倍【東京】
IMG_4746



続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/09/22(日) 22:13:31.78 ID:LuhHkXz89
 ゴムまり? それともエイリアン? 岡山市北区粟井のため池に近い用水路に、薄茶色のゼリー状の塊が無数に発生。直径20センチほどのボール状、1メートル超のものなどが水路を埋め尽くしている=写真。

FullSizeRender

 岡山理科大の小林秀司教授(動物系統分類学)によると、正体は北米原産の外来種「オオマリコケムシ」とみられる。淡水にすむ触手動物コケムシの一種で、個体は数ミリ程度だが、夏場には群体をつくって大きくなる。触るとプルプルとしている。

 農作物や動物に害を及ぼさないが、水質が悪いと発生しやすいとされる。発見した岡島邦義さん(76)=同所=は「一帯はハッチョウトンボやキキョウが見られる自然豊かな地域。コケムシが発生したのはショックだけど、これも時代の流れかな」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00010001-sanyo-l33
https://m.youtube.com/watch?v=VTscF_WLTx0


https://m.youtube.com/watch?v=xuIA3Puokn8





【関連記事】
【愛知】植物でも“脅威”に…国内初確認の特定外来生物『スパルティナ・アングリカ』駆除
IMG_4478



続きを読む

↑このページのトップヘ