動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/21(日) 22:55:48.62 ID:vcwO2UyW9
https://www.gizmodo.jp/2019/07/headbanging-parrot.html
 才能とか個性なのかと思いきや(そうじゃなかった)。
みなさんは、音楽に合わせて踊るオウムのことをご存知でしょうか。
いまから5年前、片足をあげながらヘドバンすることで世界的に有名になったのが、オウムの一種である「キバタン」のSnowball(スノーボール)です。

FullSizeRender

ダンスをすればエサをもらえるわけでもないのに、彼はどうして曲に合わせて踊るのでしょうか...?
科学者らによって、スノーボールの踊り方の分析が行なわれました。
「こうした行動を示すのは、人類に近い種の生き物だではないかと推測する人もいることでしょう。ただ、チンパンジーはこのような動きをしないのです」
と語るのは、サンディエゴ州立大学のR. Joanne Jao Keehn特任助教。
論文の筆頭著者として、米Gizmodoの取材に答えてくれました。
同氏いわく「オウムは特殊です。音楽に反応して踊ることができるのは、オウムの神経・認知能力が関係しているのではないかと考えられます」とのこと。

さかのぼること2008年9月、飼い主であるIrena Schulzさんが当時12歳のスノーボールのダンスを撮影したものから、研究者らによる分析は始まりました。
ちなみに飼い主のSchulzさん自身は普段ダンスをするタイプではなく、時折スノーボールに「良い子ね!」と声をかけるだけだといいます。

彼のダンスはヘドバンを含めて全部で14種類の動きがあって、上記の動画の通り、研究者らはスノーボールの踊り方に名前をつけました。
Current Biologyで掲載された論文によれば、スノーボールは、Cyndi Lauperの"Girls Just Want to Have Fun"やQueenの
"Another One Bites The Dust"に合わせて踊ったといいます。

スノーボールのダンスに関しては
「明らかに意図的な動きではあるが、移動などの目的を達成するうえで効率的な手段ではない」ものだと定義づけられています。
また彼が踊り続ける長さは、人間ほどではないこと、また誰かが一緒に踊ろうとすると踊り方を変える傾向があることも観察されています。

そもそもスノーボールは、どうやって踊り方を身につけたのでしょうか。
人間のダンスの真似をしたのか、単にクリエイティブな性格なのか...。
一般的には、動物たちが特定の動きをするときはエサをもらえるときに多いですが、スノーボールの場合は特に当てはまらないようです。

そこでJao Keehn氏ら研究者は、人間とオウムに共通する5つの特徴に注目しました。
それは音声学習、非言語の動きの真似、長期的な社会的繋がりの形成、複雑な連続性を学ぶ能力、意思疎通のため特定の動きに注意を払う能力。
また基本的に、ダンスは知性を示すものではなく、複雑な社会的行動と結びつくものだと考えられます。

カリフォルニア大学サンディエゴ校 心理学助教のAdena Schachnerさんは、今回の研究には従事していない立場で、米Gizmodoの取材に対して
次の通り説明しています。

"オウムの踊るという行動は、単純で非柔軟なメカニズムから起きているのではなく、音楽と調和するような、複雑で多様な行動を柔軟に生み出すことができる、
 何らかの神経メカニズムによって引き起こされることを意味します。"

スノーボールに限らず、踊るオウムはほかにも存在するという話を研究者から聞いているとしたうえで、彼女はこう言いました。
"オウムには、人間のダンスによく似た何かしらの能力があるというように考えられます。このことはまた
 「世界中の人間(そして、おそらくオウムたち)はなぜ音楽に合わせて体を動かすという能力とモチベーションがあるのか」
 という大きな問いにたどり着くともいえるでしょう。"

たしかに踊りたい気持ちと、リズムに合わせて踊る能力、このふたつを持ち合わせないと人間でもダンスってできないものですよね。
専門家らによる研究は、まだまだ続きそうです。

動画
https://www.youtube.com/watch?v=iMjr8MsB1qo



【関連記事】
【タイ】傷ついたゾウの心を癒すのは?ピアニストがプレゼント 観光用に酷使され、傷ついたゾウが後を絶たない
IMG_3351



続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/07/21(日) 12:01:40.85 ID:CAP_USER
双頭のカメの赤ちゃん見つかる、マレーシア
https://www.afpbb.com/articles/-/3235806
2019/7/18 21:56
AFPBB News
(記事全文)

【科学(学問)ニュース+】

(写真)マレーシア・ボルネオ島で撮影された双頭のカメの赤ちゃん。スキューバジャンキーS.E.A.S提供(2019年7月15日撮影、同19日公開)。(c)AFP PHOTO / SCUBA JUNKIE S.E.A.S
IMG_3343

IMG_3344

IMG_3345

【7月18日 AFP】マレーシアで15日、双頭のカメが生まれているのが発見され、保護活動家らの目を引いた。しかしこのカメは、生後2日で死んでしまったという。

 カメは15日、ボルネオ(Borneo)島のマレーシア領沖に浮かぶマブール(Mabul)島にある巣の中で見つかった。他にもふ化したばかりのアオウミガメが90匹以上いたという。

 動物保護団体「スキューバジャンキーS.E.A.S(Scuba Junkie S.E.A.S)」 の海洋生物学者は、「右の頭が右の前ひれを、左の頭が左の前ひれをコントロールしているようだ。それでも動きを合わせて、歩いたり泳いだりすることができる」と報告していた。

 また同団体代表は、「われわれはこれまで、ふ化したばかりのカメ約1万3000匹を施設から放流してきたが、このような(双頭の)カメはこれまで見たことがなかった」とコメントした。

 しかし野生動物保護当局の獣医師がAFPに語ったところによると、カメは17日に死んでしまったという。

 同医師は、死因はまだ分かっていないとしている。ただ「うまく泳げなかったため、いずれワシに捕まってしまっただろう」として、このカメが野生で生き続ける可能性はほぼ皆無だったと述べた。(c)AFP

AFPBB News
https://www.afpbb.com/?cx_part=nav


【関連記事】
「三つ目」のニシキヘビ発見、オーストラリア北部の路上で
IMG_3348




続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/07/21(日) 06:06:02.73 ID:CAP_USER
雌雄の特徴混在 希少カブトムシ 太田の小学生姉弟が育てて発見
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/146853
2019/07/19
上毛新聞
(記事全文)

【科学(学問)ニュース+】

(写真)カブトムシを育てて雌雄モザイクを見つけた万智さん(左)と理人君
IMG_3339


(写真)角が小さく、体表に雌雄両方の特徴が現れたカブトム
IMG_3340


◎ぐんま昆虫の森に寄贈

 群馬県太田韮川西小3年の楠本万智さん、同1年の理人君のきょうだいが太田市の自宅で卵から育てていたカブトムシの中に、雌と雄の身体的特徴がまだらに現れた珍しい「雌雄モザイク」の個体が見つかり、家族や専門家を驚かせている。研究に役立ててもらおうと、2人は県立ぐんま昆虫の森(桐生市)に寄贈。同施設は「甲虫では特に希少」と評価し、標本にして今月内にも解説付きで展示する方針だ。

 同施設の昆虫専門員、茶珍護さんによると、雄の最大の特徴である頭部から反り上がった角と、胸部の小さい角は共にあるが、左に曲がっていて小さい。一般的な雌と同サイズで、角の先からの体長は約5センチ。背中側の体表は、雄のようにつやがある部分と、雌のようにざらざらした部分が混在している。生殖器は雄のものとみられる。

 茶珍さんは「甲虫の雌雄モザイクは容易には見つからない。昆虫の森では標本でも所蔵しておらず、生体はなおさら貴重」と語る。同施設では夏休みに合わせたカブト・クワガタ展を開催中で、雌雄モザイクの個体を標本にして、早ければ今月末にも解説付きで展示する。

 きょうだいは昨年、埼玉県寄居町でカブトムシを捕まえた。自宅ベランダで飼い始めると、周囲の野山からも飛来して次第に数が増え、生んだ卵は200個に上った。各所に配りつつ今年も70匹を育てた。6月下旬には成虫が土から顔を出し始め、7月14日朝にこの個体を見つけた。

 「最初は雄かと思ったけど、触った感じが雌でびっくりした」と万智さん。2人はかつてニュースで見た雌雄モザイクに思い至り、15日に同施設へ行って茶珍さんに確認してもらった。

 普段から一匹一匹に名前を付けてかわいがり、毎朝起きたら真っ先にケージに向かうという2人。理人君は「羽を広げたところがきれい」、万智さんは「幼虫がかわいい」とカブトムシの魅力を話す。父の圭さん(38)は「生き物の不思議を生きた状態で観察できた貴重な体験。こうした“気付き”を大切にして成長していってほしい」とわが子を見守っている。

 雌雄モザイク 虫などが一つの個体に雄と雌の身体的特徴を併せ持つこと。性染色体の変異によって生じる。茶珍さんによると、正確な発生確率は分かっていないが、チョウでは左右の羽で色や大きさが異なるなど見た目の特徴から比較的見つかりやすいとされる。


【関連記事】
右半身がオス、左半身がメスの鳥が見つかる  珍しい鳥の雌雄モザイク「ハーフサイダー」
IMG_3342


続きを読む

↑このページのトップヘ