動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: サンダージョー ★ 2019/11/18(月) 19:07:15.51 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000020-jij_afp-sctch

【AFP=時事】オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)で、サンゴの一斉産卵が始まった。今年の産卵は近年最大規模のものとなる可能性がある。現地の海洋生物学者らが17日、明らかにした。

【写真】一斉産卵中のサンゴ豪
グレートバリアリーフのムーアリーフにあるサンラバー海洋基地で見られたサンゴの産卵(2019年11月16日撮影、17日公開)
IMG_6127

 気候変動による海水温度の上昇とサンゴの白化現象に悩まされているグレートバリアリーフは、年に1度の卵と精子の大量放出で熱狂に包まれている。卵と精子の放出は、授精の可能性を高めるために同期している。

 豪ケアンズ(Cairns)を拠点とする観光業者サンラバー・リーフ・クルーズ(Sunlover Reef Cruises)の海洋生物学者、パブロ・コゴリョス(Pablo Cogollos)氏は、「(放出された)卵と精子の量は、昨年の3倍だった。満月の後、軟質サンゴ(ソフトコーラル)が4日にわたって産卵したが、過去5年間で最大のサンゴの産卵だとみられている」と語った。

 水中の花火、または吹雪にたとえられるサンゴの産卵は、海水温度が27度から28度前後の満月の後という特別な条件下で年に1度だけ行われる。

 ソフトコーラルがまず放卵し、硬質サンゴ(ハードコーラル)が後に続く。産卵は通常48時から72時間にわたる。

 2300キロにわたるグレートバリアリーフの広大な地域では、サンゴが気候変動に関連する海水温度の上昇によって死滅し、白化現象によって骨格が白く透けて見える死骸が残されてきた。

 昨年には、産卵期に卵と精子を採取して幼生を育て、グレートバリアリーフの深刻な被害を受けたエリアを再生するプロジェクトが立ち上げられている。【翻訳編集】 AFPBB News


【関連記事】
サンゴの赤ちゃん9割減、グレートバリアリーフ
IMG_6128



続きを読む

1: 朝焼けの光の中に立つねこ ★ [ヌコ] 2019/10/17(木) 18:55:03.92 ID:CAP_USER9
アメリカ合衆国運輸省(DOT)が今年8月、「障害支援などを目的とした動物たちを機内に持ち込んでもよい」とするガイドラインを公布。
これにより様々な動物を乗せたフライトが実現しています。

TwitterユーザーのEwan Nowakさんが今年8月、米シカゴからオマハへの国内便で意外な搭乗者に遭遇。
なんと人間の上客に混じって小型の馬の姿が。

IMG_6118

実はDOTの新たなガイドライン交付により、米国内便において介護目的の『セラピーアニマル』と呼ばれる動物を連れ込めるようになったのでした。
介護犬はもちろんのこと、不安障害など精神的なサポートを目的としたさまざまな種類の動物が対象となっています。

今回、小型の馬とともに搭乗した女性はMona Ramouniさん(39)。
生後まもなく目が見えなくなってしまい、介護馬のミニチュアホースのCaliと出会ってからは10年以上になるんだそう。

IMG_6119

Monaさんによれば、一般的に介護犬が長くても15年ほどしか生きられないのに対して、小型馬は30年以上、長ければ50年ほども生き続けるとのこと。
そのため障がい者により長期間寄り添うことができる子馬を『セラピーアニマル』に選んだのでした。
過去にはカンガルーやアヒルが持ち込まれた例もあり、これを拒んだ航空会社には罰金が科される場合もあるのだと言います。

http://yurukuyaru.com/archives/81159207.html


【関連記事】
【ロシア】体重10キロの「太っちょ猫ちゃん」機内持ち込みの男性、替え玉作戦成功もマイル剥奪
IMG_6125



続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/11/17(日) 14:35:12.92 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000000-mai-soci

 福井県勝山市にある白亜紀前期の地層(約1億2000万年前)で2013年に見つかった鳥のほぼ全身の骨格化石について、福井県立大恐竜学研究所などは14日、新種と確認されたと発表した。ドイツで見つかったジュラ紀後期の「始祖鳥」(約1億5000万年前)よりは新しいが国内では最古で、専門家は「鳥の進化を知る上で貴重な発見」としている。

【新種「フクイプテリクス・プリマ」の生体復元図】
FullSizeRender


 論文が英科学雑誌「コミュニケーションズ・バイオロジー」(電子版)で15日に公開された。学名は「フクイプテリクス・プリマ」。「福井」にラテン語で「翼」を意味する「プテリクス」と「原始的」を意味する「プリマ」を加えた。

 化石が見つかったのは13年8月。四肢骨や肋骨(ろっこつ)など、100個以上の骨が岩石の中で立体的に保存されていた。県立大などのチームがCTスキャンなどを活用して調べたところ、鳥の尾羽の根元近くにある「尾端骨(びたんこつ)」に突起物があるなど、他の鳥類化石にない特徴が判明。新種と断定する決め手となった。

IMG_6120

 骨組織の分析から、化石は1歳未満の若い個体とみられ、翼を広げると約50センチの大きさで、羽ばたきは得意ではなかったと推測される。チームは、ニワトリのように地上で羽ばたきをしていたか、グライダーのような滑空飛行をしていた可能性があるとみている。

 論文の筆頭著者で県立大恐竜学研究所の今井拓哉助教(恐竜学)は「白亜紀前期の鳥類の化石は9割以上が中国東北部で発見されており、進化や生態を理解するうえで、他の地域で見つかった意義は大きい。特徴的な尾端骨の一方、3本に分かれた指など恐竜との共通点が多くみられるのも興味深い」と話している。

 化石は15日から県立恐竜博物館(勝山市)で展示される。【大森治幸】


【関連記事】
体高1メートル? 世界最大の超巨大オウム、化石発見 ニュージーランド
IMG_6122



続きを読む

↑このページのトップヘ