動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ★ 2018/07/19(木) 16:12:59.88 ID:CAP_USER
■最新研究で、放射線が原因の遺伝的変異が外部に広がる可能性が指摘されている

原子力事故が起きたウクライナ北部、チェルノブイリ原子力発電所。事故が起きた1986年、
一帯は放射能汚染が広がり、人は住めなくなった。しかし、野生動物にとってチェルノブイリは、
今も昔も自由に移動できる場所のままだ。

 チェルノブイリの立入禁止区域内には、ハイイロオオカミなどの大型動物が数多くいることが複数の研究でわかっている。
汚染区域は米国のロードアイランド州と同じくらいの面積(日本で言えば滋賀県ほど)で、人間の居住は認められていない。

 しかし、野生動物も放射線による体への影響から無縁ではいられない。ただ、この分野の研究は盛んで、ときに議論を呼ぶ。
放射線がどの種に影響を与え遺伝的変異を引き起こしているのか、
放射線による遺伝的変異が立入禁止区域外にも影響が広がるのかについて、わかっていないことが多いからだ。

■区域外を400km歩き回るオオカミ

 最近、放射線を測定できる首輪を使って13匹のオオカミの追跡調査が行われた。
汚染区域を歩き回る分だけ、オオカミは放射線にさらされていることがわかったが、これは想定した通りの結果だ。
注目すべきは、次の点だ。首輪をつけた1匹の若いオスは、まず東に向かってベラルーシに入り、その後ウクライナに戻り、
やがてロシアに入っていたのだ。汚染区域から出て400キロメートルほど歩き回ったことになる。
これらの観測結果は、学術誌「European Journal of Wildlife Research」に掲載された。

 この調査を率いた米ジョージア大学の野生生態学者、ジム・ビーズリー氏によると、
オオカミがチェルノブイリの立入禁止区域を出て長い距離を移動することが実際に確認されたのは、これが初めてだという。

 若いオスのオオカミは、メスを探して長い距離を動き回ることが知られるため、
400キロメートル歩いたこと自体は驚くことではない。
だが、このことはチェルノブイリ一帯に多くのオオカミがすみ着いていることを改めて示した、とビーズリー氏は言うのだ。

 この研究の筆頭著者で、米ミズーリ大学で動物の移動や生態について研究しているマイケル・バーン氏は、
「チェルノブイリの立入禁止区域に、たくさんのオオカミがいることは既にわかっています」と述べる。
「どんな動物でも、個体数があるレベルに達すると、それ以上の個体が同じ場所で生活するのは難しくなります。
若い動物が外に出ていくというのは、このことを示しているのです」

 バーン氏は「若いオオカミにとっては、
ようやく仕事を探しに外の世界に出る時が来たということでしょう」と冗談めかして言う。

続きはソースで

■チェルノブイリで暮らすハイイロオオカミのうち、どの程度が放射線の影響を受けているかははっきりしない。
一方で個体数は増加し汚染地域から離れるオオカミもいる。
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071800315/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071800315/

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/07/13(金) 07:18:28.90 ID:CAP_USER9
◆ロシアで絶滅の危機に瀕している魚を救う方法が考案される

ロシアのチュメニ国立大学の学者らが、ホルモン注射を使って絶滅の恐れのあるムクスンを救う方法を考案した。
ムクスンは、ウスリーシロザケの希少魚の一つ。
西シベリアではその数が着実に減少しており、絶滅の危機に瀕していることから、その捕獲は禁止されている。

オビ川で個体数を回復させる人工繁殖は、非常に高価だ。
高コストの主な理由は、ムクスンの成熟年齢が遅いため(4歳から7歳まで)、繁殖に時間がかかり、大きな労力を要することだ。

チュメニ国立大学のヒト・動物の解剖学及び生理学科の助手レオニード・シュマン氏は「ムクスンの回復をコントロールする既存の技術では、人工繁殖のための成熟個体を迅速に得ることはできない。
好適な条件の中でさえ、ムクサンの成長は遅れている」と語っている。

一方、チュメニ国立大学の学者らは、胚発生の前の段階で合成ホルモンを注射すると、その速度が大幅に加速することを明らかにした。
この方法を工業的規模で用いることで、魚の養殖を簡素化し、絶滅危惧種を救うことが可能となる。

スプートニク日本 2018年07月12日 18:09
https://jp.sputniknews.com/science/201807125106235/

続きを読む

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/11(水) 19:00:24.09 ID:CAP_USER9
イケアがペット給水器を回収
米仏でイヌ窒息死の報告
2018/7/11 18:38
©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/389712679264863329

https://www.ikea.com/jp/ja/images/products/lurvig-ruruvu-igu-u-otasaba-howaito__0524257_PE644254_S4.JPG

イケア・ジャパンは11日、ペット用の給水器「ルールヴィグ
ウォーターサーバー」3284個を自主回収すると発表した。米国とフランスでイヌが窒息死したとの報告が2件あった。

東京都や大阪府、宮城県、兵庫県など10都府県の10店舗とインターネット通販サイトで、2017年9月から今年6月中旬まで販売していた。
水を入れるドーム形の容器部分がはずれて倒れた際に、イヌやネコが中に残った水を飲もうと頭を入れると抜けなくなり、窒息する恐れがあるという。

購入者には商品代金を全額返金する。

続きを読む

↑このページのトップヘ