動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ★ 2018/10/18(木) 14:34:23.80 ID:CAP_USER
■自然科学研究機構・基礎生物学研究所などが発表

 自然科学研究機構・基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームは、ホタルのゲノム(遺伝情報)を解読し、1億年以上前の白亜紀に発光能力を手に入れたことが分かったと発表した。遺伝子が何度も重複を起こすうち、発光を促す酵素が生まれたという。成果は国際科学誌「eLife」電子版に掲載された。

 同研究所の重信秀治特任准教授と中部大の大場裕一准教授、米マサチューセッツ工科大の研究者らのチームは、日本のヘイケボタルと北米産ホタルのフォティヌス・ピラリスのゲノムを解読した。

 ホタルは発光物質ルシフェリンと酵素ルシフェラーゼが反応して発光する。解読によってルシフェラーゼは、光らない生物にも一般的にある脂肪酸代謝酵素が起源で、遺伝子の重複が繰り返されたことによる突然変異で進化したと判明した。さらに成虫の発光用と卵・さなぎ段階の発光用に特化していた。

 この進化はヘイケボタルとフォティヌスに共通し、それぞれに分かれた約1億500万年前より前に、共通の祖先が発光能力を得たと解釈できるという。

 一方、ホタル科に近いコメツキムシ科で中南米にいる発光昆虫ヒカリコメツキのゲノムを解読したところ、同様に脂肪酸代謝酵素を起源にルシフェラーゼが生じていたが、ホタルとは別に独自に進化していた。ホタル2種の共通祖先とヒカリコメツキは約1億1500万年前に分かれた。

 重信氏は今後、ルシフェリン合成の仕組みも解明し、医療などへの応用を目指すとしている。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggjYmum_1Ubw5FJ5VqyejXQg---x381-y400-q90-exp3h-pril/amd/20181016-00000088-mai-000-3-view.jpg

毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20181017/k00/00m/040/116000c

続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/18(木) 16:16:56.20 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181018/k10011676291000.html

17日夜、東京・赤坂の繁華街で外来種のアライグマが見つかり、警察など出動しておよそ2時間後に捕獲される騒ぎとなりました。
このアライグマ、東京都内で捕獲される数が10年間で10倍に増え、平成28年度はおよそ600頭に上ることがわかりました。

東京都によりますと、都内で捕獲されるアライグマは増加傾向にあり、平成19年度は64頭だったのが、平成24年度には259頭、
さらに平成28年度には599頭と、この10年で10倍近くに急増していることがわかりました。

捕獲されるのは多くは多摩地域ですが、ここ数年は、23区内でも捕獲されるようになり、平成28年度には少なくとも
16頭が23区内で捕獲されています。

また都が定めたアライグマとハクビシンの駆除計画に沿って、今年度は渋谷区や新宿区、それに世田谷区など17の区で予算をつけ、
捕獲のためのわなをしかけるなど対策に取り組んでいます。

23区内では主に住宅地や庭先など目撃されていて、中には飼育している金魚や育てている果物を食べられたという被害の報告があるということです。

また、東京都のまとめによりますと、平成14年度からアライグマによる農業被害も出はじめ、平成23年度に6万円だった被害額は、
平成28年度には314万円に上ってたということです。


捕獲業者「屋根裏にフンや尿も」

東京都内にあるアライグマなどの駆除を行う業者でも、最近は都心の住宅などでアライグマが見つかったという相談が寄せられていて、
相談は徐々に増える傾向にあります。

屋根裏などで見つかった際はフンや尿が見つかることもあり、臭いも強いためオリを設置して、お菓子や果物など置き捕獲を試みます。
しかし一週間ほどオリを設置しても捕獲できず、生活に支障がでるケースもあるということです。

業者は「アライグマは見た目とちがって凶暴なところもあり、むやみに手を出すとかまれたり引っかかれたりする。寄生虫がいることもある。
発見された場合は消毒も欠さず行うようにしている」と話していました。

続きを読む

1: 樽悶 ★ 2018/10/16(火) 19:42:00.45 ID:CAP_USER9
家畜と野生動物を共存させると、ある条件下では、環境にも人間の幸福にも有益になる可能性があることを報告する論文が、今週掲載される。野生動物は家畜や人間と遭遇すると負けることが多いことから、そうした有益な状況の解明は、大型動物や歴史的風土の維持に不可欠である。

地球全体で見ると、野生動物の大半は保護区外に住んでいるため、野生動物と人間のそれぞれの要求の潜在的な衝突を生み出している。こうした問題の典型例が東アフリカのサバンナで、ここはゾウやキリンなどの野生種の生息地であるだけでなく、人間や家畜の居住地にもなっている。土地利用を巡る対立はありふれたものであり、家畜の管理と野生動物の管理の間には固有のトレードオフがあるという仮説が生まれている。

今回Felicia Keesingたちは、ケニア中央部のサバンナのさまざまな地域を調べ、野生動物が優位な地域、家畜が優位な地域、共存している地域の行く末を比較した。その結果、家畜が野生動物と共存している地域では、ダニの数が減り、飼料になる植物の質が向上するとともに、収入が野生動物ツーリズムと食肉・乳製品の生産の両方を通して得られることが分かった。さらに、家畜と野生動物が共存する地域で、家畜による収入やツーリズムによる収入が減少することはなかった。

保護区は、大型の移動性野生動物の存続可能集団を維持するには小さ過ぎることが多いので、今回の知見は、地球規模で土地を共有して共存していく可能性について楽観視できる1つの理由となる。

Nature Asia 2018年10月16日
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12730

続きを読む

↑このページのトップヘ