動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: 2020/09/23(水) 18:13:30.82 _USER
オーストラリアのとげ植物に「サソリに似た」神経毒、豪研究チーム

image

    毒グモや毒ヘビ、毒を持つ海洋生物など、さまざまな有毒生物が生息することで知られるオーストラリアで、植物から分泌される「サソリに似た」毒が新たに発見された。
 このほど発表された研究結果によると、毒素は何週間も続く激しい痛みを引き起こすという。

 オーストラリアに自生するイラノキ属のこの植物は、現地語の名前「ギンピーギンピー(gympie-gympie)」で知られる熱帯雨林のイラクサの一種で、葉や茎にほんの一瞬触れただけでも強烈な痛みをもたらす。
 その痛みは、欧米に分布する同様の植物よりはるかに強いとされる。

 幅広の楕円(だえん)形やハート型の葉を持つギンピーギンピーは、豪クイーンズランド(Queensland)州北東部の湿潤熱帯地域に主に分布しており、同地域ではハイカーらの間で悪名高い植物だ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AFP
https://news.yahoo.co.jp/articles/f84ce54999bbfec9fdf7bbf52f95c5625649c772

関連記事


続きを読む

1: 2020/09/24(木) 11:26:34.11 _USER
コロナ感染の有無かぎ分ける空港犬 PCR検査より早い

image

 北欧フィンランドのヘルシンキ空港は23日までに、新型コロナウイルスに感染した渡航者を見つける実験的な試みとして、特別な訓練を受けた犬を配置した。

 検体の採取が簡便で、通常のPCR検査より結果が出るのが早く、新たな検査方法になるか注目されている。

 空港の運営会社によると、渡航者は布のようなもので皮膚を拭き取り、用意されたカップに入れる。
 カップは離れた場所にいる犬のもとに運ばれ、犬が感染の有無をかぎ分ける。
 陽性と判定された人は、空港内に用意された窓口に行くよう指示されるという。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

朝日新聞デジタル
https://news.livedoor.com/article/detail/18946116/

関連記事


続きを読む

1: 2020/09/23(水) 20:58:43.52
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ae9a140e7a1126ac8f0884b29d6eb3dc8d1534d

千葉県富津市の高宕山自然動物園でニホンザルの飼育檻(おり)が壊され、約70匹が逃げ出した事件で、
千葉県警富津署は23日、器物損壊の疑いで千葉市花見川区の自称高校生の少年(16)を逮捕した。
容疑を認めており、同署は詳しい動機を調べる。

image

逮捕容疑は6月9日午後5時半~10日午前7時ごろ、富津市豊岡の高宕山自然動物園で、
ニホンザルの飼育檻の金網フェンスを何らかの物で切断した疑い。

市によると、壊されたのは仮設の檻で、6月10日午前7時ごろ、園の整備のために訪れた外部の作業員が
檻の金網フェンスに直径30~40センチほどの穴があるのを見つけた。檻内にいた全てのサルが逃げていたという。

image

同園では、昨年9月の房総半島台風(台風15号)で園を囲む柵が倒壊し、ニホンザルが放し飼い状態になった。
市は昨年12月に仮設檻を整備し、捕獲したニホンザルを飼育していた。

関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ