動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: 2020/11/19(木) 23:49:28.17 _USER
ディノサウルスは小惑星の落下によって絶滅した

IMG_6149
 英国の研究チームは、ディノサウルスに関する新たな研究調査を行い、およそ6,500万年前、もしも地球に小惑星が落下しなかったら、ディノサウルスはいまも地球を支配し続けていたかもしれないとの結論を導き出した。
 自然歴史博物館が発表した。

 地球史における大量死の原因をめぐってはいまも議論が続いている。
 生態系に生じた内的プロセスがその主な要因だとする研究者もいる一方で、外からの作用があったと考える研究者もいる。
 今から6,500万年前にディノサウルスが大量に消滅したことについても同様の論争が繰り広げられているが、今回の英国の研究チームの発表は、どうやらこの論争に終止符を打つことになりそうだ。

 英国のバース大学の研究者らは、もしも地球が巨大な惑星と衝突していなかったら、多くの種類のディノサウルスがどのような状態になっていたか、このとき、ディノサウルスが消滅するようなプロセスが認められたかどうかを確認した。
 研究者たちは、6,500万年前に小惑星が落下する少し前のディノサウルスの種について研究を行った。

 研究の過程で、研究チームは統計シミュレーションモデルを使って、その時期にディノサウルスの新種が現れていた可能性―つまり種として進化していたかどうかを明らかにした。
 研究では、ディノサウルスの最新のデータだけでなく、種形成のスピードなどのパラメーターをシミュレーションに取り込んだとのこと。
 この調査の結果、白亜紀末期にディノサウルスが衰退していたという兆候を確認することができなかったことから、研究者らは、もし小惑星が地球に衝突していなかったら、ディノサウルスは現在も地球上に存在していた可能性があるとの結論に達した。

sputnik
https://jp.sputniknews.com/science/202011197949931/
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/18(水) 19:20:33.80 _USER
ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び取り戻した例外的な生物

FullSizeRender
──進化の過程で四肢をなくした後、再びこれを取り戻した例外的な生物。その理由が明らかに......

 進化論では「長い年月を経て脚などの複雑な構造が一度失われると、その子孫がこれを再現することはほとんどない」と考えられてきた。
 しかし、フィリピンの一部の島に生息するトカゲの一種「ブラキメレス属」は、進化の過程で四肢をなくした後、再びこれを取り戻した例外的な生物である。

■ 約6200万年前に四肢を失い、約2100万年前に取り戻した

FullSizeRender
 米クラーク大学やオクラホマ大学らの共同研究チームは、進化形態学、生体力学、生態学、古気候学を効果的に統合し、その形態や移動様式、生息地の環境や気候にまつわるデータをもとに、四肢を失ってヘビのような形態となっていたブラキメレス属がどのようにして再び四肢を取り戻したのかを解明した。

 一連の研究成果は、2020年11月11日、英国王立協会の学術雑誌「フィロソフィカル・トランザクションズB」で公開されている。

 ブラキメレス属は約6200万年前に四肢を失ったとみられている。
 古気候データによると、約3000万~5000万年前は、生息地が乾燥し、土壌が緩かったことから、ブラキメレス属はこの環境下で進化し、四肢をなくしたと考えられる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ニューズウィーク日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8151c0e4b4dae8ddae3f2ad54686e5532f5b57f
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/18(水) 00:15:43.67
 サルから子宮を摘出して別のサルに移植し、出産させることに成功したと、慶応大などの研究チームが発表した。サルが移植された子宮で出産したのは世界で初めて。慶応大は人での臨床研究も目指しており、一定の安全性が確認されたと評価している。

FullSizeRender
 チームはカニクイザルを用いた研究を実施。母と娘の間の移植を想定し、子宮を提供するサルと免疫の型が半分一致するサルを選んで、2017年2月に移植した。
 拒絶反応を防ぐため免疫抑制剤を投与した上で、卵管に受精卵を注入して妊娠させた。2度の流産を経て、今年5月に出産に成功した。流産の原因は分かっていないという。
 慶応大は生まれつき子宮のない女性らを対象に、母親などから提供を受けた子宮を移植し、出産を目指す臨床研究を計画している。日本医学会が是非を議論しており、了承されれば学内の審査を経て移植を実施する方針だ。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2020111800007&g=soc
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ