動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/04/02(木) 14:13:25.62 ID:CAP_USER
■生存に有利、150以上の従来研究を分析

 自分がリスになったと想像してみよう。そのリスが洞窟を見つけた。中は広々として快適そうだ。だが、2頭の大きなクマが先に入っていくのが見えた。数分後、1頭が出てきた。洞窟は今、自分にとって安全だろうか。これは、多くの動物が日々直面する計算問題だ。

 敵を避ける時だけではない。恋人探しや餌探し、移動する時まで、数を理解する能力は様々な問題解決に役立つ。

IMG_8582

 ドイツ、テュービンゲン大学の神経生物学者アンドレアス・ニーダー氏は、動物の「数える」能力を研究したあらゆる過去の論文を集めて分析した結果、ハチ、鳥、オオカミなど多くの動物たちが、数を理解して、それを基に行動していることを明らかにした。これは、動物なりの数を数える行為であると言える。研究成果は3月30日付けの学術誌「Trends in Ecology and Evolution」に発表された。

 論文では、この能力が動物たちの生き残りに役立つことも示唆された。動物の認知能力に関する研究は近年急速に進んでいるが、今回の研究によって、またひとつ新たな知見が加わった。

「数というと、高度に発達した数学的能力や天才というイメージに結び付けられやすいためか、人間特有の能力だと考えられてきました。けれどニーダー氏の研究は、基本的な数える能力が動物の世界でもかなり広範囲に見られ、生存に有利な能力であることを示しています」と、英クイーン・メアリー大学の行動生態学者ラース・チッカ氏は語る。氏は、今回の研究には参加していない。

■ほぼすべての動物が持つ能力

 ニーダー氏は、様々な動物たちが数をどのように理解しているかを調べるため、関連する150本以上の論文を調べた。結果、「ほぼすべての種に、数に関する能力が備わっている」と結論付けた。

 そして当然のことながら、この能力は餌探しに最もよく発揮されるという。

 例えば、チョウセンスズガエル(Bombina orientalis)を使った実験では、カエルがおおよその数の違いを理解できるという結論が出された。カエルの餌であるミールワームの幼虫を数匹ずつひとかたまりにして与えたところ、3匹のかたまりと4匹のかたまりでは違いが気にならないようだったが、3匹と6匹、または4匹と8匹のかたまりを同時に与えられた時には、決まって数が多い方のかたまりを選んでいた。

セイヨウミツバチ(Apis mellifera)も、巣から花畑までの間に目印が何個あるかを覚えていて、それを頼りに巣に戻ることができる。サハラサバクアリ(Cataglyphis fortis)は、餌を探しに出かけるとき、歩数を検知する何らかのメカニズムによって、巣からどれだけ遠く離れたかを知る。

IMG_8580

 ハイイロオオカミは、自分の群れに何匹の仲間がいるかによって、狙う獲物を決めている。例えば、アメリカアカシカやヘラジカを狩るには6~8匹の仲間で十分だが、バイソンを狩るには9~13匹が必要だ。

 獲物となる動物の方も、身を守るため数に頼る。アメリカアカシカは、オオカミとの遭遇を避けるために少数で行動するが、自分が犠牲になる確率を下げるために大きな群れになることもある。「みんなでいれば怖くない」という戦略である。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/040100210/


【関連記事】
未来の計画を立てられるカラス、ココナツの殻から鎧を作るタコ、過去の話ができるオランウータン 動物の驚くべき知力とは
IMG_8583


続きを読む

1: ひよこ ★ [DE] 2020/04/02(木) 10:52:22.37 ID:CAP_USER9

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/200402/lif20040209400009-n1.html

マリアナ海溝で見つかった新種のオキソコエビ「エウリセネス・プラスティクス」の幼生(左下)と成体(英ニューカッスル大提供)
IMG_8577

 太平洋のマリアナ海溝の水深6千メートルを超える深海で見つかった新種の甲殻類の体内に、プラスチックの微粒子「マイクロプラスチック」が含まれていたと、英ニューカッスル大の研究グループが明らかにした。グループは「海のマイクロプラスチック汚染の広がりを示す調査結果だ」と指摘している。

 オキソコエビと呼ばれる深海生物の一種で、半球形の体とひげ、とがった尻尾などが特徴。グループはプラスチックにちなんだ「エウリセネス・プラスティクス」と学名を付けた。

 グループは、2014年11月、太平洋のグアム島に近いマリアナ海溝の6010~6949メートルの深海で多数のオキソコエビの仲間を捕獲し、遺伝子や形態の分析から新種とみられるオキソコエビの成体3匹、幼生8匹を発見した。1匹の幼生の消化管から、長さ約650マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の繊維状のマイクロプラスチックが見つかった。


【関連記事】
1万メートル超の深海にもプラスチックごみ、記録達成の潜水で発見
IMG_8578


続きを読む

1: ひよこ ★ [US] 2020/04/01(水) 14:42:37.58 ID:CAP_USER9

https://www.cnn.co.jp/fringe/35151689.html

町にヤギの群れ 新型コロナの外出制限が影響か 英国

5005

(CNN) 英南西部ウェールズの町でこのところ、丘から下りてきた野生のヤギが目撃されている。ヤギの群れは、新型コロナウイルス対策の外出制限で人影の消えた町を歩き回っているようだ。

ウェールズ北部の海岸沿いに位置する町、ランディドノーに27日以降、グレートオーム岬の丘から十数匹の群れが下りてきた。インターネット上に投稿された動画や写真では、ヤギが教会や民家の敷地で草を食(は)んでいる。

地元ホテルの関係者はCNNとのインタビューで、「ヤギはこの時期、グレートオームのふもとまで来ることもあるが、今年は町の中を歩き回っている」「人がいないからどんどん大胆になっている」と指摘。植木をせん定する手間が省けるとも語った。

住宅の周辺を歩くヤギ/Courtesy Carl Triggs
IMG_8573

地元議員の一人は、この地域に住んで33年になるが、町まで下りてきたヤギを見たのは初めてだと話す。

一方で北ウェールズ警察は、野生のヤギに関する通報があったことを確認したうえで、「ランディドノーではそれほど珍しいことではない」と述べた。通常は自然に丘へ戻っていくとの判断から、警官の出動には至っていないという。


【関連記事】
【新型コロナウイルス】「コウモリ→センザンコウ」経由でヒト感染か 米研究
IMG_8575


続きを読む

↑このページのトップヘ